共和党政権誕生の場合はどうなるか② 上院重鎮インホフ議員の考え方

Inhofe Sees Republican Win Reversing Defense Cuts

By Jen DiMascio
aviationweek.com August 27, 2012

ジェ イムズ・インホフ上院議員(共和・オクラホマ州)は上院軍事委員会の重鎮だ。共和党はフロリダ州タンパで全国大会を今週開催する。77歳のインホフ議員は 上院で唯一の民間パイロットであり、本誌の議会担当編集委員ジェン・ディマシオに以下のように上院議員事務所内で語った。

AW&ST:仮差押え」方式の自動的予算カットを遅らせる方法を模索する同僚議員がいますが、議員もその輪に加わりますか
Inhofe: Iバラク・オバマは史上最大の反国防姿勢の大統領になると思う。この大統領は予算赤字を5.3兆ドルふやしておきながらわが国の国防体制を干上がらせてい る。予算は国防力低下に使われている。第1回目の予算では第五世代戦闘機を取りやめ、C-17輸送機の規模拡大を止め、将来戦闘システム、ポーランドへの 迎撃ミサイル配備を中止させた。最初の年でこれだけやっておいて、後は悪くなる一方だ。.その結果5,000億を10年で削減する効果となっており、これ に強制削減が加わると合計で一兆ドルだ。閣僚のパネッタ国防長官でさえ、これではアメリカが破壊されるといっているほどだ。
スローダウンさせないとね。軍事力に関する部分は何とかしないと。あわせてオバマが支出してきたものをとりやめさせたいと思う。
強制削減を遅らせる可能性はどのくらいありますか
そ れが議員の仕事だ。ミット・ロムニーは予備選では当方は支持しなかったがアメリカ国民の思いを理解してきている。世論調査によると有権者はオバマが軍にど んな仕打ちをしているかわかっているようだ。国民は圧倒的に共和党の側にいると思う。オバマケア健康保険を廃止したい、それとも陸軍の打撃戦闘車を廃止し たいのか。選択は実に簡単だ。共和党は大統領選挙、上下議員選挙ともに勝利してこれを実現する。上院が共和党支配になることはまちがいない。大統領選挙は ちょっと大変だが。
共和党が議会多数派となった場合は国防予算カットを止めることができますか
オバマ再選で議会は共和党勝利の場合のこと?そうだね、できると思うよ。問題は大統領の拒否権に勝る絶対多数がないとやりたいことができないことだ。その場合、一つ一つで成果をあげていく。オバマの温暖化関連予算は止める。環境・公共事業委員会の委員長はこの私だからね。
統合打撃戦闘機購入規模を縮小する提案を支持しますか
オ バマが大統領就任後に悪化の一途だね。今年になり大統領は規模縮小使用としており、来年も縮小するだろう。そうなると機体単価は上がることになる。今年の ファーンボロ航空ショーに行ってきたが、フランス、イタリア他にも技術やエンジンがあるのがわかった。わが国は遅れをとっている。だからF-35の海外販 売を増やし、わが国の購入を減らして価格が上昇するのだ。それを今になって現政権が発注取り消しをすればさらに価格が上昇するだろう。
カートライト統合参謀本部副議長(当時)が核兵器削減を話題にしていましたが、議員の考えはいかがですか
. 新START条約に関してはオバマに反対してきた。米国とロシアで1,550発で同じにしつつ、戦術兵器は野放しでロシアがわが国の10倍の兵器をもてる ことなる。オバマは「我が方の弾頭は1,550発からさらに8割にまで下げる」と公言しつつ「実はもっと削減する」と小さな声で言っているのだ。最悪なの はポーランドへの迎撃ミサイル地上配備案を撤回したこと。それで節約のためと称しイージス艦でシステムを展開しようとしている。
国防総省のバイオ燃料向けの投資についてはどう考えますか。
. このばかげた話を本来担当すべきはエネルギー省だろう。ガロンあたり450ドルを出して、2万ガロンの燃料を航空機につかっている。普通に買えばガロン3 ドルだよ。数十億ドルをこの緑の案件に使っている。上院軍事委員会では私が出した改正案を採択し、通常価格以上では軍の艦船、航空機には燃料として使うこ とを禁じる内容になっている。
議員が作成したパイロット権利章典が法律になりましたね
ジョ ン・グレン上院議員が引退したことで私が上院でたったひとりの現役民間パイロットになってしまった。毎週誰かが「FAAの検査に引っかかってライセンスが とりあげられそう」と電話してきていたんだ。この国で無罪とわかるまでは有罪扱いにされるのはここだけなんだよ。そこで法案では現場でなにか発生してもあ なたが不利になる証拠を最低30日間はアクセスできないとFAAはアクションを取れないとしたんだ。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目