シリア介入のシナリオ:航空作戦は最大規模になる

Syria: Air-Only War Could Be Largest of its Kind

by Daniel Trombly
September 5, 2012 US Naval Institute


シ リア内戦がエスカレートする中、政策立案にあたる人たちの中で「安全地帯」「解放地帯」「緩衝地帯」を空軍力の投入により実現する案が検討されている。安 全地帯を作ることで同国民の被害を軽減し、アサド政権の崩壊を加速することが代償が大きい直接地上介入実現できるなしでとトルコ政府は主張している。イラ ク復興支援の安寧提供作戦Operation Provide Comfort以後の西側による介入作戦に共通しているのは、また90年代のバルカン半島内戦事例でもあったが、安全地帯を設定することが内戦状態の解決 策に見えることだ。ただし戦略的にかつ兵站上の実務で深刻な課題が残る。リビア事例ではベンガジ近辺での安全地帯の執行は比較的容易であったが、シリアで 封鎖中の各都市を保護する場合はより代償も多く、難易度もあがることになろう。
  1. 前 回の小論で示したように飛行禁止地帯の設定とは航空、海上それぞれで作戦が必要となるものであり、シリアで安全地帯を設定するには双方の実施がともに必要 条件となる。敵の防空体制制圧suppression of enemy air defense (SEAD) が不十分なままだと航空優勢を確保しても我が方の戦闘機が飛行禁止区域での活動を展開するのに脅威が残るが、それ以上に脅威にさらされるのは地上攻撃に当 たる航空機であろう。       
  2. シリア作戦では攻撃ヘリコプターや攻撃用ジェット機が活躍を期待されるものの、シリア空軍力の撃滅を決定的に実施する手段として、あるいは安全地帯の維持をする分に十分な手段となることは実現しそうもない。
  3. リ ビア航空介入作戦の成功はむしろ歴史上は異例だった。1993年NATOによるボスニア上空の飛行禁止区域設定は地上部隊による安全地帯攻撃を阻止する事 はできなかった。そのため地上爆撃が実施され、さらにクロアチア地上軍によりセルビア軍を攻撃することが必要となった。湾岸戦争終結後のイラクでは飛行禁 止区域や懲罰的爆撃を数年間継続してもサダム・フセインによるシーア派やクルド族への地上兵力による攻撃を止めることはできなかった。リビアでは安全地帯 の防衛のためリビア地上兵力の撃滅が必要と判明したのであり、空軍を破るだけでは十分ではなかったのである。
  4. .SEAD に成功し航空優勢を確保した次に軍事介入部隊は安全地帯の規模を決定する必要に迫られるだろう。包囲封鎖を受けている各都市の中心部を安全地帯に求める声 とともにシリア国境付近に緩衝地帯の設定を求めるシリア反抗勢力及びトルコ政府の声が出ている。MIT博士号取得候補者ブライアン・ハガティBrian Haggerty の仮定では安全地帯および人道救助回廊を北部イドリブ、南部ホムスを経由する形で設定する。ハガティによる分析では戦闘は最大の都市アレッポで急速に拡大 しており、ここがトルコ国境に近いことが問題だ。アレッポの防御並びに人道救助用の回廊を同地に設定すると兵站補給が増える結果になるとハガティの分析で 出ている。
  5. . この分析ではシリアが有する130-mm M-46榴弾砲の有効射程17マイルを考慮して各都市で半径19マイルの制限地帯を作れば十分だろう。この地帯に向かうシリア部隊を阻止するべくハガティ は交戦地帯を二つ想定し、それぞれ半径28マイルと設定。北ではイドリブ地方を含み、南はハマとホムスを防御する。(重複区域不十分のため三番目の交戦地 帯を設定してアレッポをカバーする必要があるだろう)
  6. それでは各交戦地帯で24時間体制を維持すると必要な攻撃用機材は何機必要になるか。ハガティの計算では90機あれば4時間ずつで15分の間で64個の標的が出現しても対応できるという。
  7. 交 戦地帯二個でハガティの見積もりではざっと180機の攻撃機で、毎日192ソーティーが必要という。さらにこれを支援する情報収集監視偵察(ISR)機か ら目標データを送り、空中給油機から給油し、早期警戒機から支持をお送り、SEADおよび電子攻撃機としてEA-18GグラウラーやF-16CJが作戦参 加機をシリアの地対空ミサイルなど防空網から防御する。
  8. 比 較の意味ではNATOが1999年にコソボで実施した爆撃作戦では一日あたり130ソーティー、リビア介入(作戦名Operation Unified Protector)は2011年3月から10月まで継続されたが一日あたりわずか45ソーティーでリビア反乱軍を支援した。200ソーティーも実は控え めな推定であるとハガティも認めている。
  9. . シリア国軍と自由シリア軍(FSA)の通常兵器装備品の違いを考慮すると航空攻撃作戦の密度は高くなりそうである。FSAもゲリラ戦法で国軍の戦闘力を低 下させる効果を示してはいるものの、基本的な戦法は市街地を想定することが多く、巻き添え被害も甚大な規模になる。即席爆発物を使った作戦も、また国外か ら搬入する対装甲車両兵器もあるが、反乱軍の武器調達に限界があり、都市から戦域を遠ざけるべく通常型防御兵器を市外に設置するのが不可能になっている。
  10. NATO によるボスニア空爆(1995年)ではクロアチア陸軍の攻撃を同時実施してセルビア地上兵力の脅威を除去していた。FSAが量質ともにシリア政府軍の比で はないこと、外国地上軍の介入を求める政治的意思もないことから、シリア国内の安全地帯には数倍の規模の航空機を投入してアサド政権の地上兵力に対抗する 必要がある。
  11. さ らに歴史を紐解くと、安全地帯や人道上の補給路の防御には外国地上軍が必要だとわかる。安寧提供作戦では米第24海兵遠征部隊や米仏の空てい部隊、米伊の 特殊部隊に歩兵部隊、補給、工兵その他が加わり援助物資輸送やクルド族民兵を支援していた。人道援助以外に特殊部隊が目標データの提供、地上支援のための 航空管制を行っている。リビアでは小規模だったこともあり欧州あるいはアラブ諸国でこの任務をこなせたが、上述のようなソーティー数の拡大を考慮するとシ リアでは派兵規模がずっと大きくなると見られる。
  12. 安 全地帯の設定、維持は政治的な意味を別とすれば大規模な軍事作戦である。ハガティの想定する安全地帯の構想が教示するものは大きい。シリア防空網を打ち破 り破壊することに加え、毎日200ソーティーを実施するとリビア作戦時の四倍にも匹敵する規模になり、投入する機材数は6倍近くなる。初期のSEAD任務 以上の関与が外国空軍部隊に可能となるが、シリア国内の安全地帯確保は最大規模の軍事作戦になる可能性が高い。

ダニエル・トロンブリはアナリストであり、国際事情・戦略について著作物がある。同氏のブログはAbu Muqawama  および Slouching Toward Columbia.


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目