EA-18Gグラウラー電子攻撃機の役割が一層重要になってきました


なにかと話題になっているEA-18Gですが今や唯一の電子戦専用機材として重宝がられる存在になりつつあるようですね。議会がそのコストパフォーマンスを認めて追加調達が実現するかが注目です。なお、EA-18Gがデータを提供する攻撃陣のなかにF-35Cの前はありません。米海軍はJSFに冷めた見方をしているのか、実現しないとみているのか、実現してもセンサー機材として使うなどと想定外の運用を考えているようです。A2D2がA2/ADと言い方に変わっていることにも要注意です。




Navy Preparing for More Aggressive Growler Operations

USNI News By: Dave Majumdar
Published: April 7, 2014 2:24 PM
Updated: April 7, 2014 3:26 PM
Conceptual loadouts for EA-18G Growler electronic attack aircraft. Boeing Image

米海軍は空中電子攻撃 airborne electronic attack (AEA) の主眼を敵防空網の積極的な探知および除去に移す。これまでは敵が友軍機を探知捕捉するのを妨害することとしていた。
  1. 海軍航空システム本部 Naval Air Systems Command で F/A-18 とEA-18Gを総括するフランシス・モーリー Capt. Francis Morleyは「従来はAEAの役割は敵の攻撃手段を妨害することとされてきた」と発言。「グラウラーにより友軍は接近阻止領域拒否であってもスタンドオフ目標捕捉、追跡、識別が可能となる」
  2. その内容は協調受動位置情報探知を敵の発信源からおこなうことcooperative passive geo-location of enemy emitters でロックウェル・コリンズが開発した戦術目標捕捉ネットワーク技術 Tactical Targeting Network Technology および発信源受信時間差 Emitter Time Distance of Arrival (TDOA)を使いデータを共通運用状況表示 Common Operating Picture (COP).に出すことだ。COPは海軍統合火器管制対空作戦実施能力Naval Integrated Fire Control- Counter-Air (NIFC-CA)の実施で重要な要素だ。
  3. 新戦術を有効活用するべく海軍はレイセオンの次世代ジャマー(NGJ)をグラウラーに搭載し、AEA飛行隊編成を8機構成にする必要がある。ただし、議会にグラウラー追加調達の必要性を納得させるとしても、増加分は7機編成となるにすぎない。。
  4. ボーイングはEA-18Gを攻撃任務に投入する構想も提案しており、敵防空体制を対象とするものだが、対航空制圧作戦も可能だという。同機は戦闘統制機としても優秀だとして、ネットワーク能力をその理由としている。ボーイングがこの提案をしているのは同機のセンサー類の有効距離が他機種より長いためだ。
  5. 海軍もグラウラーの戦闘統制能力 battle manager と目標捕捉機能 targeting platform,を認めており、同機からスーパーホーネット他の攻撃機材にデータを送信するのがNIFC-CA構想の一部だ。
  6. モーリー大佐からは詳細は明らかにできないとしつつも、NIFC-CAの一次性能が最初のF/A-18飛行隊に搭載されている発言。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目