次期大統領専用ヘリ選定結果の発表近づく



NAVAIR to Select Presidential Helicopter by End of May

USNI NEWS By: Dave Majumdar
Published: April 10, 2014 9:54 AM
Updated: April 10, 2014 12:11 PMAn artist’s rendering of Sikorsky’s bid for the VXX presidential helicopter. Sikorsky Photo
An artist’s rendering of Sikorsky’s bid for the VXX presidential helicopter. Sikorsky Photo

米海軍はVXX次期大統領専用ヘリ(マリーンワン)取得にむけ主契約企業を5月にも選定したい意向だ。
  1. 「決済手続きと契約手続きは最終段階にあり、数週間で最終発表できる運びです」とディーン・ピーターズ大佐(海軍航空システムズ本部VXX計画担当) Capt. Dean Peters, Naval Air Systems Command’s VXX program manager が発言しており、選定は「5月中」になるという。
  2. 提案企業はシコルスキー一社で、S-92でVH-3およびVH-60(いずれもシコルスキー製)を代替しようというもの。
  3. 2013年7月段階では提案は複数あり、アグスタウェストランドAW101 大型ヘリが撤回され、ボーイングもCH-47チヌークとV-22オスプレイ提案を取りやめている。
  4. 一社提案でも標準手続きを順守する必要がある。
  5. 契約企業を選定すれば、その後は迅速に進むものとみられる。試験用一号機は2016年に納入されるとピーターズ大佐は語る。海軍の調達規模はテスト用2機と別に21機の運用機材となると同大佐は説明。.
  6. 大統領専用ヘリ調達は2009年のVXXでいったんロッキード・マーティンとアグスタウェストランド共同提案に決まったが、コスト超過で取り消しになり、2008年の大統領選挙戦で争点となった経緯がある。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目