F-35第六、第七ロット生産契約まもなく妥結か 日本向け機体生産日程含む

F-35の次回生産ロット別契約についてエイビエーションウィークが以下速報で伝えています。

Pentagon Aims To Finalize Lockheed F-35 Contract Within Days

By Reuters
aviationweek.com September 26, 2013
Credit: SSgt Nicholas Egebrecht/U.S. Air Force
ペンタゴンはF-35生産の第六、第七バッチの契約を数日以内にロッキードと締結する見込み、と総額3,920億ドルの同機計画を扱う副主任が明らかにした。
  1. ランディ・マー海軍少将 Rear Admiral Randy Mahr はF-35でナンバー2の高官で二つだけ問題が未解決だが解決は近日中とした。ただし未解決問題が何かは明らかにしていない。
  2. 同少将は今回は計71機生産合意形成は前回より短期間で形成できたとしつつ、ペンタゴンの希望よりは時間がかかったという。
  3. ロッキードとペンタゴンは7月30日に基本合意ができたと発表しているが、詳細は一ヶ月以内に詰めるとしていた。
  4. 合意内容では第六バッチで36機を生産し、各機の価格は前回のロットより4%下がるとし、第七バッチでは35機とし、ここでも4%の価格低下となるとしている。
  5. 両方で総額70億ドルになると業界筋は見ている。
  6. ロッキードとペンタゴンは第八バッチの基本合意に来年早々までに到達したいと希望している。
  7. ロッキードのスポークスマンは第八バッチは45機生産となる見込みと発言。うち16機は英国、イタリア、ノルウェー、日本、イスラエル向けだという。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目