V-22に空中給油能力を付加する米海兵隊の動向に注目

なるほどオスプレイの一部を給油機として固定化するのではなく、必要な時に空域内で給油機として使い、海兵隊の機動性を高めようという構想のようですが、海兵隊独自で給油機が必要と主張するのはどうでしょうか。観念的な反対議論が沈静化する方向にあると思いますが、自衛隊も同機を導入することを決めた今、国民は冷静に事実を見た方がいいでしょうね。地上車両もジェット燃料を使っているというのはターボシャフトエンジンを搭載しているのでしょうか。詳しい方に説明をお願いしたいところです。

V-22 to get a tanker option

Joshua Stewart, Staff Writer10:37 a.m. EST December 28, 2014
635549308216640337-MAR-V-22-Program(Photo: Sheldon Cohen/Bell Boeing)
V-22オスプレイが新しい能力を獲得する。米海兵隊専用の空中給油装備を開発中で、完成すれば空中給油機になる。
  1. 実用化になれば海兵隊の各機への給油機となり、F-35ライトニングIIも含むほか、地上車両への燃料補給も可能だ。ちなみに海兵隊車両は航空燃料を使っている。
  2. オスプレイを給油機として投入して、各機の戦闘行動半径を増やすのが海兵隊の航空10年計画の一部である。
  3. また海兵隊独自で給油能力を拡充すれば、それだけ海兵隊の独自運用の幅が広がると考えている。オスプレイ運用に整備された航空基地は不要であるのも魅力だ。
  4. 試作型の給油装置は2013年にテキサスで実験されている。その際にはオスプレイに燃料タンクと補給用ホースを取り付け、戦闘機の先頭に飛行させた。F/A-18CとD型への空中給油に成功している。
  5. ただし給油装置は都度装着することになり、V-22は分類上は空中給油機にならないという。海兵隊としてはJSFを地上支援に投入する際にも有効に活用できるようになると見ている。
  6. ただし開発は初期段階で実用化は2017年になる見込みだ。
  7. 給油機仕様ではドローグをオスプレイのハッチから伸ばす。実験時の写真では伸縮ホースを使っており固定式ブームではない。
  8. 海兵隊は2007年から同機を受領しているが、この他にも機体底部に機関銃を装着させた他、現在はミサイル搭載を実現化しようとしているなど、給油以外にも改良を加えている。
  9. その背景に海兵隊で同機を運用する特殊部隊Marine Air-Ground Task Forcesが各種の能力拡張を求めているためだという。■

コメント

  1. 戦闘車両やその他ハンヴィー等、ディーゼルが多いので航空燃料で動く、ということではないでしょうか。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目