★南シナ海の空軍基地は完成したのか。中国がJ-11戦闘機の運用を開始



               
                   

中国が建設していた南シナ海上の滑走路が完成し、軍用機の運用が始まったということですね。中国が米国の無害通航をまずそのまま実施させた背景には制空権を確保できるという自信が背景にあったのですね。今後どのように航空戦力を拡充し運用するのか注目されます。ただし着陸する機体の背景の地形植生を見ると本当に環礁上の滑走路なのか疑問になりますが。

「defense tech」の画像検索結果China Flies Armed Jets over Disputed Islands

                   
by Brendan McGarry on November 2, 2015

               
               
Caption: A J-11 fighter flies above the South China Sea on Oct. 30, 2015. An aviation division under the South China Sea Fleet of the Chinese PLA Navy carried out on Friday training on real air battle tactics. (Chinamil/Fan Huaijiang)
2015年10月31日南シナ海上空を飛行するJ-11は人民解放軍海軍南シナ海艦隊所属の機体。 (Chinamil/Fan Huaijiang)
中国が武装つき戦闘機複数を南シナ海上空で飛行させた。米海軍が問題の島嶼部分を駆逐艦を航行させたことへの対応だと複数筋が伝えている。


先週土曜日に中国軍部がウェブサイト上でJ-11戦闘機複数にミサイルを搭載し、南シナ海上の滑走路から訓練飛行を実施している写真を公表している。South China Morning PostのJun Maiによる記事ではこの滑走路はパラセル諸島のうちWoody島にあるもので、先週駆逐USSラッセンが航行したスビ環礁からは600キロほど離れているという。

瀋陽J-11双発戦闘機はソ連時代に設計されたスホーイSu-27を原型としている。30mm機関砲、ロケット弾、爆弾、対艦・対地ミサイルおよびPL-12ミサイルを搭載する。
.
中国が保有するJ-10とJ-11は改修型F-15とほぼ同等の性能だと米議会調査報告書が昨年明かしている。今回の訓練飛行と称する飛行の様子を伝える写真は以下のとおり。

Caption: Two J-11 fighters fly above the South China Sea on Oct. 30, 2015. An aviation division under the South China Sea Fleet of the Chinese PLA Navy carried out on Friday training on real air battle tactics. (Chinamil/Fan Huaijiang)
J-11の2機が南シナ海上空を10月30日飛行している。人民解放軍海軍の南シナ海艦隊が訓練を実施した。 (Chinamil/Fan Huaijiang)
Caption: A J-11 fighter taxis on the runway after returning from a flight training on Oct. 30, 2015. An aviation division under the South China Sea Fleet of the Chinese PLA Navy carried out on Friday training on real air battle tactics. (Chinamil/Fan Huaijiang)
10月30日訓練飛行から帰るJ-11。実施したのは人民解放軍海軍の航空隊で戦術航空訓練を実際の状況で行った。 (Chinamil/Fan Huaijiang)

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目