KC-46 空中給油テストの進捗状況


これまで遅れていたKC-46開発ですが、ここに来て順調にテストが進行しているようです。もう日本も同機導入を決めてしまいましたので、順調に進んでもらわないと困るのですが。空軍、海軍それぞれの保有機材に対応可能なので、就役すれば相互運用がまた一歩前進しますね。また少ない機材を有効に使うmultiplierの役目も期待できそうです。一方、中国からすれば目のかたきのような機材ですので当然同機を標的にしてくるはずなので、運用空域の選定や防護策など新しい対策も必要になってくるでしょう。

First KC-46 Pegasus Headed For Fuel Dock Testing

Nov 17, 2015 Amy Hillis | Aerospace Daily & Defense Report

Boeing

ボーイング関係者はKC-46給油機1号機(EMD-2)による燃料給油テストの二回目実施に備えている。同機には機体中央尾部に給油ブームと主翼にポッドをそれぞれ装着しており、初期段階の耐空証明が交付されている。
  1. KC-461号機による初回耐空テストは同機通算20回めのフライト(11月12日)で完了したとボーイング広報カロライン・ハッチソンが説明。フライトは6時間だったという。
  2. 初回耐空テストは燃料の空中給油を実際に開始する前の関門のひとつだ。米空軍は12月ないし1月初旬に実機による空中給油実証を行いたい意向だとデューク・リチャードソン准将(給油機事業担当)が9月に開催された空軍協会主催のシンポジウムで語っていた。
  3. 残るもう一つの関門が燃料ドックテストだ。ここでは燃料系統の制御の確認が中心で、燃料が滞り無く給油機から別の機体に移るかが焦点だ。
  4. リチャードソンによればEMD-2は先立つEMD-1(767-2Cを給油機仕様に改装)と同様に高い稼働率を期待しているという。EMD-2は9月25日に初飛行している。ブームは毎分1,200ガロンの給油能力があり、C-5輸送機の需要にも応える。またホース・ドローグ方式は毎分400ガロンだ。
  5. ボーイングがKC-46契約を獲得したのは2011年2月で、エアバスが提案したA330改装給油機との競争に競り勝った形だ。米政府は49億ドルを支出し、固定価格制度で開発契約をボーイングと結んだ。同社は開発日程を予定通り進めるため12億ドルの追加支出をしている。途中で配線と燃料系統で問題が見つかったためだ。
  6. リチャードソン准将によればKC-46から初めての給油を受けるのはF-16となる。また大型機のC-5やC-17への空中給油実証も行う。「高速ドローグ」はF/A-18へ、「低速ドローグ」はA-10を対象にテストする。またKC-46同士での空中給油も行うという。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目