小型無人機の普及を睨み対抗手段を開発する防衛メーカーの動き




Companies Tout Weaponry To Destroy, Disrupt Small Drones

By Andrew Clevenger, Staff writer9:30 a.m. EST November 4, 2015
WASHINGTON — 民間用小型無人機の普及で軍民への脅威が高まる中、防衛企業数社が無人機への対抗手段を製品化し販売し始めた。手段にはレーザーから照準発射を簡単にしたものまで幅広い。
  1. ボーイングは小型レーザー兵器システムCompact Laser Weapon System (CLWS)で小型無人機を炎上させる実証に成功しており、強力な対抗手段を提供している。アパッチ攻撃ヘリからブラッドレー戦闘車両まで広く搭載可能で、小型無人機を最大3キロ地点から破壊できる。また無人機が搭載する情報収集監視偵察(ISR)用センサーを最大7キロ地点から無効にできる。
  2. 「それだけの距離でもISR機への対抗策として光学系装置を無効にできます」とジェシカ・エッツ(ボーイング戦略ミサイル防衛システムズ事業部)は語る。敵が四プロペラ式無人機に汎用カメラを搭載して多数運用してくれば同社の装備は経済的な対抗措置になるとエッツは言う。
  3. 相当の威力があるためボーイングのCLWSは軍事用途を一義的に想定した販売をしているとエッツは米陸軍協会のイベントで説明した。..
  4. バテルBattelleは軽量で携帯可能な装置を開発した。侵入してくる無人機を無線で妨害するが、付帯的な人的被害を発生させない。
  5. 「当社の妨害信号は遠隔操縦する相手の有効範囲外で無人機を乗っ取ります」とダン・スタム(バテルのDroneDefenderシステムの担当マネージャー)は言う。これが作動すると無人機は、同じ場所にホバリングする、出発地点に戻る、近くに着陸するのいずれとなるという。
  6. バテルの装置はライフルにアンテナをつけた形で数百メートルの有効射程がある。(同社は詳細を説明していない) 指向性があり、付近の電子装備を妨害しない。重量は15ポンド以下で一人で操作できる。
  7. ただし侵入してくる無人機を探知したり識別することはできない。だが見通し線で無人機を視認できればそこへ向け妨害信号を発射できる。同社はまず連邦政府機関を顧客に想定している。
  8. 「連邦政府機関にこの種の装置の使用を認める法律の整備が進行中です」とスタムは言う。
  9. ロッキード・マーティンはICARUSシステムを開発した。これは画像、音声、無線周波数を使い、好ましくないUASを探知、識別、利用不可能にする。
  10. 「無人機からの放射を探知し利用する装置です」とマイケル・パンチェンコ(ロッキード・マーティンのサイバーソリューションズ事業部)は語る。
  11. 特定の無人機に合わせた対応ができ、周囲の電子送信を妨害、阻害することはないという。
  12. 「最終目標は敵の無人機を飛行を付帯的損害を発生させずに防止することです。当社製品は正確無比な対策を提供します。味方の装備を妨害することはありません。民間機などに干渉しません」という。
  13. アナリストの試算では小型無人機市場は現在16億ドル規模だが急速に拡大中なので、2020年までに50億ドルにふくれあがるという。
  14. 「普及が進めば、悪意ある使用を敵が試みる機会が増えるでしょう。そこで探知し対抗する装備の需要も増えるはずです」(パンチェンコ)■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目