スキップしてメイン コンテンツに移動

米北太平洋岸を守る州軍F-15の訓練状況

ポートランド国際空港にはF-15部隊もいるのですね。那覇空港みたいですが、一度オレゴン州に行ってその姿を見たいものです。イラク、アフガニスタン戦では州軍もかなり動員されており、航空隊もその例外ではないようです。


This Is What It Looks Like When You Get Intercepted By An F-15C EagleF-15Cイーグルの迎撃をうけるとこうなる
ポートランド配備のF-15は太平洋北西部米本土の防空が任務でイーグルが横を飛ぶときは何かまずいことになった証拠

Portland based F-15s are tasked with protecting the skies over the Pacific Northwest, and if they show up off your wing, you did something wrong.


BY TYLER ROGOWAYMARCH 29, 2018
VIDEO SCREENCAP
142戦闘航空団はF-15イーグルの精鋭部隊だ。オレゴン州ポートランドに基地を有し、常時警戒態勢を敷き、スクランブルに備え民間航空機の非常事態にも対応するが、敵巡航ミサイルが海上発射された事態に備え、さらに「外来」飛行目標にも対応する。そのため隊員は独自の手順と技術を訓練され各種対象機材への対応に備えている。
F-15Cは離陸時重量が50,000lbs超でプラット&ホイットニーF100ターボファン双発が推力47,500lbをアフターバーナー付きで発揮する。わずか数千ポンドの機体で160hpピストンエンジンしかないセスナ172とは比較にならない。このためイーグルドライバーは小型機を相手に安全かつ効果の出る迎撃の実施に苦労することになる。
これを念頭に州軍航空隊は常時各種標的を想定した訓練を行っており、空で迷う軽量機のパイロットが侵入禁止空域に入るたびにスクランブルが発生している。訓練の想定ではセスナ機を民間航空パトロール部隊の提供で使っている
そんな迎撃の様子を映像で見てもらいたい。

映像は民間航空パトロール隊のパイロット、マイケル・クラリーが撮影した。イーグル隊の餌食にされたのは昨年6月だ。そのときの経験をマイケルは次のように語っている。
「2017年6月25日、29日予定のフェリックス・キーノート演習への参加を打診された。ミッションではセスナを「制限空域」に飛ばしてポートランド州軍航空隊のF-15がスクランブル迎撃するものだ。喜んで参加したいと申し上げた。
オレゴン州ベンド近くに移動するといきなり9AMまでにF-15隊がこっちにやってくるという話だった。9:05になり4時と8時方向にF-15二機がこちらへゆっくり近づいてくるのを視認した。
むこうはこちらが制限空域に侵入した問題の機体だと確認した。交信で三度繰り返し「赤、白、青のセスナN101SPへ制限空域に侵入中。左旋回し230へ進路変更してください」との呼びかけを聞いた。
今回は交信はすべて無視する指示だったので三回も呼びかけがあったがそのまま飛ぶと左翼のすぐそばまで両機が近寄ってきた。それでもこちらは交信に応じなかった。あちらは姿を消した。それから数分間姿を探そうとしたら、突然こちらのセスナの真正面に現れ、こちらの進路を変えさせようとした。
すごい体験だった。あれだけ鼓動が早くなったがまたやってみたい」
映像では142戦闘航空団の機体が低速ハイアルファ通過飛行をマイケルのセスナにかけたのがわかる。その後アフターバーナーを燃やし再度接近した。マイケルはイーグルの雷のようなエンジン音をセスナ機内で聞くのは妙な体験だったとWar Zoneに語っている。
TYLER ROGOWAY/AUTHRO
142飛行団のイーグルがPDXへ帰還中

州軍イーグル部隊は米国の領海近辺も同時に守る。マサチューセッツ、フロリダ、ニューオーリンズ、カロライナ、オレゴンの5個飛行隊が米国の空の守りの最前線だ。各機には高出力AESA戦闘機用レーダーAPG-63V3が搭載され、スナイパー目標捕捉ポッドもあり、長距離で敵味方識別が昼夜問わず可能だ。
FAA

同ポッドは安定した望遠光学画像を実現し、レーダーと併用して対象機のIDを視程外で識別できる。その他改修作業も実施中で随時その内容はお伝えしているとおりだ。
142ND FIGHT WING
ポートランド国際空港で緊急投入訓練で隊列を組みタキシー中のイーグル隊

142戦闘航空団はブリティッシュコロンビアから北カリフォーニアまで広大な空域の防衛についており、実際の演習では配備中21機のうち13機を24時間以内に投入可能にしたことがある。各機が30年以上の経年機であることを考えるとこの実績はすごい。
それでも各機はF-15C/Dで最新の機体である。USAFの戦闘機飛行隊は2003年以来縮小傾向にあるため州軍イーグルは海外で危機発生の場合には短時間で展開を求められる。
州軍航空隊は週末だけ戦士に変身する集団で、旧式機を飛ばしながら実際に投入されれば世界の終わりの事態なのか。実態はその逆でペンタゴンの航空戦力で最前線部隊だ。■
A special thanks to our friend and aviation photographer Paul Schweizerhof for pointing us towards Michael's video.
Contact the author: Tyler@thedrive.com


コメント

このブログの人気の投稿

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…

★★F-35がステルスにこだわらず「ビーストモード」になると....

A Must See: This Leaked Video Shows the F-35 in "Beast Mode" F-35の「ビーストモード」は必見だby Mark Episkopos January 17, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-35F-22StealthAir ForceMilitaryTechnology https://nationalinterest.org/blog/buzz/must-see-leaked-video-shows-f-35-beast-mode-41787 最近流出したビデオ映像でF-35の威力をうかがわせる場面が見られる。ロッキード・マーティンが「ビーストモード」と表現する仕様だ。. .映像は2018年11月の撮影とされ、F-35一機が標的5個に空対地ミサイル数発を同時発射している。 Screen capture from new video of F-35 dropping multiple precision guided weapons in multi-target test with moving vehicles. (Photo: Via YouTube)---The Aviationist 試射の場所と誘導爆弾の種類は確認できないが、専門家がThe Aviationistに対して「NTTR(ネリス試験訓練場)です。ペイブウェイIVを5発投下しており、全弾がGEOT(目標に十分な効果を与える)です」と述べている。