C-5M引渡し始まる C-5A改装の可能性は?

                         

C-5M Rekindles Interest In Upgrading C-5As

aviationweek.com Oct 4, 2010    
C-5Bのエンジン換装がコスト及び性能目標をみたすことが判明し、米空軍とロッキード・マーティンは旧式C-5A型の性能向上策に再度、注目している。
  1. 「構想はいいのですが、予算が厳しい」とトム・オーウェン中将(航空宇宙システムズ軍団司令官)は語る。
  2. 「国防総省は同案を将来に検討することになるでしょう。ただし、その時に予算があればですが」と同中将は9月30日にジョージア州マリエッタでのC-5M一号機引渡し式典で発言している。改装は信頼性向上・エンジン換装プログラム(RERP)の一貫として実施された。
  3. ロッキード・マーティンは2014会計年度での予算確保が必要としており、C-5B改修の最終機が完成したあとの作業ラインを維持するためだという。またこの予算手当で新型CF6-80Cエンジンの製造元GE含む主要メーカー複数と合意済みの価格を維持できるという。
  4. 改修作業で機体寿命は2040年まで伸びる。ロッキードとしては空軍に対し、同一機種で構成する輸送機部隊の効果を訴えている。
  5. RERPで改修を受けた機体三機にはC-5Aが一機含まれており、改装済みC-5Bと同程度の性能と信頼性を証明しているとロッキード・マーティンは言う。
  6. エンジンの換装で推力は22%、ペイロードは27%、航続距離は20%それぞれ増加する他、ミッション遂行率は目標値の75%を超えるという。
  7. ロッキード・マーティンは総額60億ドル固定価格で49機の改修を実施する契約で合計52機のC-5Mを利用可能とする。空軍はこれ以外にC-5Aを59機運用しているが、2011年から2012年に22機を退役させる。戦略輸送能力が必要以上にあるというのがその理由。
  8. 議会から空軍に対し退役機体を民間予備航空隊(CRAF)に編入する可能性の調査あるいは海外同盟国に譲渡する可能性を調査するよう求めている。調査結果はまもなく完成する。
  9. ロッキードはCRAFに参加中のエアライン、海外の空軍、海外のエアラインに非公式に接触しており、余剰C-5Aに対する関心は存在すると見ている。
  10. 運航先が見つかれば、ロッキードは次に対象機に4.5百万ドル相当のエイビオニクス近代化計画(AMP)グラスコックピットと82百万ドルのRERPを実施するが、このうちAMPが必須条件だ。
  11. C-5B近代化は年間11機の作業をマリエッタで行う計画だが、2機を追加する余地があるという。
  12. C-5B/Cの改修は使用期間全体で総額90億ドルの節約になるという計算がある。一方、C-5Aの改修について同じ手法を使って投資に見合う効果を確認することになりそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目