F-35のフライトテストは現在停止中

               

F-35 Flights Suspended

aviationweek.com Oct 1, 2010

F-35のフライトテストは各機種で共通の燃料系統のソフトウェアで問題が発見されたこと、短距離離陸垂直着陸型(Stovl)でドアの問題があることで飛行テストを中止している。
  1. 国防総省によるとテスト中止は一時的なもので、ソフトウェア改修までの措置という。同ソフトウェアはエンジンにある燃料供給ポンプ三箇所を制御するもの。不正確な作動をするとポンプの作動がとまってしまう可能性があることが判明したもの。
  2. メーカーのロッキード・マーティン側は当初はフライトをポンプの作動が必要とならない高度10千フィート以下に限定するとしていたが、ペンタゴンは安全を考慮してフライトをすべて停止する措置とした。
  3. Stovlモードでの飛行が先週停止になったのは、飛行後の点検でテスト機BF-1の補助取入れ口のドアヒンジに問題があることが見つかったため。この原因を見つけ有効な解決策を求める努力はまだ完了していない。       
  4. 燃 料ポンプの問題解決方法はすでに見つかっており、テストも実施されている。ソフトの改修でポンプの作動シークエンスを修正するものがパタクセント海軍航空 基地とエドワーズ空軍基地の双方でテスト用に確保した機材に10月 5日以降にアップロードされる予定だ。       
  5. 飛行テスト日程全体への影響はまだ不明とロッキードは見ている。通常離着陸型(CTOL)のF-35Aと艦載型(CV)のF-35Cの進捗は予定より先に行っているが、Stovl型のテストが大幅に予定より遅れている。   
  6. F-35全体として今年になって飛行回数は269回を数えており、計画の243回より多いものの、9月は今年になって初めて実績回数が予定を下回っている。(実績36回予定45回)
  7. 2010年の予定394回へ向けたテストは順調に進んでいるが、ロッキードはStovlのみ今年は予定回数を消化できない見込みと認め、当初2011年3月を予定していた海上公試がずれ込むと見ている。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目