サイバー攻撃は現実のものになっている

                                 

Cyber-Attack Turns Physical

aviationweek.com Sep 27, 2010    

長距離の射程距離で物理的な損害を敵に与えることができるサイバー兵器の開発が完了し、テストおよび実戦に投入されているのではないかという証拠が続出している。
  1. ア イダホ国家研究所が21行のソフトウェアコード「オーロラテスト」を開発し、コンピュータネットワークに進入し「発電機を爆発させた」とジム・ランゲヴィ ン下院議員(民主、ロードアイランド)が9月23日の下院軍事小委員会聴聞会で発言した。これは2007年の出来事でサイバー兵器が「棚の上の飾り物ではない」ことを示している。
  2. オーロラテストの標的は100万ドルのディーゼル発電機だった。侵入したソフトウェアで回路遮断機が急速に作動し、振動を発生させ、黒煙をはいたあと、作動が停止した。
  3. 6 月に悪質なコンピュータコード「スタックスネット」がドイツで発見され、特定の装置を標的にして、コンピュータネットワークに侵入するものと判明した。マ イクロソフト・ウィンドウズの脆弱な部分がすでに被害にあったとの報道がある。現在までにウィンドウズはパッチで対応していると いわれる。
  4. このコードがパキスタン、イラン、インドネシア、インドで多数の機器を感染させているが、実際の損害が出たとの話はない。今のところ米国内のシステムに感染の報告はないと国土保安省はまとめている。
  5. 国 土保安省はスタックスネット関連の報道にはたぶんに事実とはちがう推測が含まれていると見ているが、標的はイランの国防産業ではないかとの疑いが強くなっ ている。一部ではイスラエルのサイバー戦機関が出所ではないかと考える向きもある。同機関の活動は参謀本部の内部で極秘とされている。
  6. ス タックスネットは工場、パイプライン、原子力発電所等で作動するScada(監視制御およびデータ取得)機能のネットワークを破壊する目的で作られたサイ バー超兵器の初めての例ではない、とサイバー戦で長年の経験を持つ筋は見ている。「クリスチャンサイエンスモニター紙が報道した技術の中には実戦でつかえないものもあります。またScadaシステムが他のネットワークと接続されていない場合もあります。むしろ、オーロラテストで発電機を破壊した事例が有効モデルでしょう。」
  7. 米国、中国、ロシア、イスラエル以外にも高度なアルゴリズムを作成し、コンピュータに進入させる能力を有している国はある、とキース・アレクサンダー米陸軍大将は9月23日に下院軍事委員会で証言している。
  8. 「サ イバー攻撃で実際に被害が生じた場合には国家による作戦なのか堂かを突き止めることは困難です。米国に匹敵する技術水準を有する国としては、サイバー戦で は国家の規模は関係なく、ソフトウェア作成の技術水準があることが肝心であることに注意を払う必要があります。その意味で米国のサイバー戦の技術水準にも う少しで追いつく国は多数あります。また突出した能力を獲得する国も出てくるでしょう」

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目