スキップしてメイン コンテンツに移動

米海軍のUFO遭遇事件報告書を入手、これは....本物なのか

ここまで情報がリークされるのはどういう理由でしょうか。UFOの存在を認めざるを得なくなっている状況なのでしょうか。現在の人類の技術では歯が立たない存在としたら敵に回したくないですね。皆さんはどう思いますか。

Detailed Official Report On Harrowing Encounter Between F/A-18s and UFO Surfaces

F/A-18編隊とUFOの遭遇事件の詳細が浮上

The paper recounts a course of bizarre events that occurred near the USS Nimitz while it was sailing off the Baja Peninsula in November 2004. 報告書はバハ半島沖合で2004年11月にUSSニミッツ近辺で発生した一連の奇妙な事件を詳しく説明



120222-N-BT887-35
MC3 BENJAMIN CROSSLEY—U.S. NAVY

2004年に未確認飛行物体(ニックネーム丸時計'Tic Tac')と米海軍ホーネット編隊が遭遇した事案が昨年12月にUFO遭遇事件を探る動きの一環で明るみに出たが、実際にはもっと多くの内容があったようだ。軍事航空筋ではこの件は長年話題に上っていたが、今回公式報告書を入手している。これは高性能航空脅威識別事業Advanced Aviation Threat Identification Program (AATIP) による報告書で数々の所見が盛り込まれている。しかし以前お伝えした事件についてもっと詳細に内容を伝えている点がなんといっても重要だ。
今回入手した文書はCBS系列局のラスヴェガスのチャンネル8報道部でジョージ・ナップ率いるI-Teamからのものだ。ナップのチームはこの文書を入手した経緯を以下説明している。
「今年初めにワシントンへ赴きハリー・レイド前上院議員が手配した説明会に出席したI-Teamは機密解除文書を入手し、そこにはUFO遭遇事件が記述され、Tic Tacのこともその一部だった。2009年に行われた解析まとめでは関係省庁のインプットも含んでいた。それによるとニミッツ所属の航空部隊がAAV,すなわち異常航空物体Anomalous Aerial Vehiclesと数回にわたる接触をおこなっていたことがわかる」
全13ページにわたる報告書には日付が付いかず表紙が欠けているものの、遭遇事件について豊富な資料となり機材やセンサーについて記述とともに海軍が発生後にこの事件をどう処理したかもわかる。超大型空母USSニミッツ、タイコンデロガ級巡洋艦USSプリンストン、E-2C空中早期警戒統制機、F/A-18Cホーネット編隊、F/A-18Fスーパーホーネット編隊が関与している。またその他艦船もニミッツ空母打撃群として関与していた可能性はあるが、関与の度合いは大きくない。
だが重要なのは本案件が単なる遭遇事件ではなく2004年11月10日から16日にかけて六日間にわたり対象物体を探知していたことだ。間欠的なレーダー照射で打撃群付近に数機の物体を探知していた。同空母打撃群はバハ半島沖合に展開していたが、対象物体は信じがたい機動性を発揮し高度6万フィートから海面すれすれまで移動するのに数秒しかかけず、海面上方をホバリングしていたかと思うと「高速高回転」で姿を消した。
USN
USSプリンストン。2003年撮影。同艦にはイージス戦闘システムやSPY-1レーダーが搭載され世界最優秀の海上対空防衛体制を実現している。

最強を誇る防空センサーや戦闘システムをもってしても物体を連続追尾することは不可能だった。報告書ではUSSプリンストンが打撃群の情報処理の中心だったが、弾道ミサイル追尾モードを作動させていれば追尾精度が上がっていたかもしれないと指摘している。

視認による接触

ほぼ一週間にわたり謎の標的関連で三件の独立した出来事が発生していたが、11月14日に事態は一気に現実になった。まず現地時間10:00AM ごろプリンストン(コールサインはポイズン)から高高度の前方で飛行中のE-2CにAN/APS-145を始動し同艦が追尾中の標的の確認のためルックダウン始動を依頼してきた。

当初E-2乗員の観測画面上には波のように映っていたが、すぐに速度表示のないきわめて不明瞭な標的になった。プリンストンからF/A-18Fスーパーホーネット二機(VFA-41所属、コールサインFASTEAGLE 01)への誘導依頼を受けたE-2は訓練の一環として指示を与えていた。艦上の誘導官は幽霊のように映る対象に各機を振り向けて不可思議なレーダー反射を示す相手に対処させようとした。各機の武将は訓練用ミサイルだけだった。 
標的へ一マイルほどまで接近したパイロットたちの目に入ったのは白色で特徴のない物体で翼やエンジン、制御面が皆無で表面になにもついていないほぼ45フィートの長さの空飛ぶ丸時計といったところだった。デイヴィッド・フレイヴァー中佐(VFA-41指揮官)が自ら搭乗するスーパーホーネットで発見した機体の外殻は「白板」状だったと述べている。物体は海面すれすれを飛び機体下の海が泡立っていた。フレイヴァー中佐によれば海水が「沸騰」しているようだったとあり、海上を「ハリヤーのように」飛んでいたという。するとおよそ500ノットで海面上から500から1,000フィートへ移動した。
USN
スーパーホーネットのAN/APG-73レーダーではこれだけ接近しても物体を探知できなかった。パイロットたちはLink16標的追尾機能(おそらくUSSプリンストンのもの)の力を借りて標的に接近できた。また「ヘルメットロック」を共用ヘルメット搭載標的捕捉システム(JHMCS)から試み各センサーを標的に合わせようとしたが作動しなかった。機体は標的捕捉ポッドを搭載していなかった。
フレイヴァー中佐は丸時計を追いやろうと試みたが、「相手がこちらに気づいたよう」で退避行動を開始した。垂直に飛び、超音速で姿を消した。パイロットたちはプリンストンに対しレーダーで物体が見えるか尋ねたが、返答は「picture clean」つまり何も映っていない、だった。だが直後に「信じられないというかもしれないが、あいつはそちらのCAPにもどってきた」と連絡が入ってきた。物体は超高速度で姿を消したのは事実だがスーパーホーネット編隊が戦闘哨戒訓練を行う空域に戻ってきて、事件が発生した。
パイロットたちが母艦に戻ると各機体の状況と機能について質問を受けた。各機は全くの新型機で飛行時間も100時間未満で機能は完全だったとパイロットたちが証言している。またフライト中に何らかの身体の異常を感じたかも尋ねられたがなにも発生していなかった。
USN
この事案の噂は空母内にすぐにひろまり、CVIC(空母内の情報センター)へパイロットがUFO遭遇の事後報告に来たが最初は真面目に取り合ってくれなかった。スーパーホーネット乗員は機密保持誓約書にサインを求められることもなく、報告書では乗員がその後数週間にわたり冷やかしの対象だったとある。
フレイヴァーは我慢できず事件の記録を記憶の限り残そうとした。

別のホーネットでも

ほぼ同時期に別の機体F/A-18C(VMFA-232所属)が発艦し整備後の確認飛行中だった。管制官からパイロットに武装の搭載はあるのかとの質問が入った。太平洋上の訓練飛行でこの質問は尋常ではない。未知の標的に機体を向けろとの指示が入った。
物体を目視した前出のVFA-41所属スーパーホーネット二機編隊がこのとき物体に向かって接近中だった。だが現場に到着した海兵隊パイロットには白い物体は目に入らなかったが海面に直径150フィートから300フィートの大きな乱れがあるのが目に入った。このパイロットはこの海面だけが泡立ちながら残りは平穏なのに気づいた
USN
このパイロットは現場を去る際に海面の乱れが広がる様子を目にした。情報関係者への事後説明のあと、「超音速丸時計」を見たかと尋ねられた。パイロットは見ていないと答えた。だが先のスーパーホーネット編隊のそばで発生した奇妙な海面の現象について「沸騰する」海水を目撃していた。

VFA-41所属スーパーホーネット部隊対丸時計、ラウンド2

FASTEAGLE01が着艦してから別のVFA-41所属スーパーホーネット編隊が発艦している。時刻は午後3時になっていた。パイロット連中は待機室で情報を交換しており第二波のフライトでも物体捕捉の期待が高まった。飛行が開始され位置につくと、スーパーホーネットのLink16データリンク端末で物体の軌跡があらわれた。ほぼ南30から40マイル先だった。自機搭載レーダーで捜索を試みたが非連続のレーダー反射があっただけだった。報告書では搭乗員が追尾しようとした状況を技術面で詳細に伝えている。
報告書から
最終的に搭乗員はATFLIR目標捕捉ポッドで目標を捕捉した。着艦後に搭乗員からFASTEAGLE01が目撃したのと同じ物体だったか確認できないとの話があり、結局目視できていないことがわかった。FLIRの映像記録が大きな意味を持つことになった。
.総合するとこの報告書では本事案が思ったよりも大きな規模の話であったことが分かる。三回にわたる別々のフライトで違う形で現象を目撃していたのだ。
空の上での遭遇には別の意義もある。最初に遭遇した編隊隊長フレイヴァー中佐は空母航空隊の情報士官に事後報告したが、情報部はどうしたらいいのか皆目わからなかった。このパイロットが中佐で飛行隊司令でなかったら無視されて終わっていただろうと報告書は指摘している。
最終的に事件記録とFLIR画像が第三艦隊情報部の大佐に届けられ、そこでおしまいかと思われた。この大佐はこれ以上の調査は不要、何故なら訓練中に起こったことであり、「麻薬対策作戦の一部」と思ったからだ。これ以上この事案を詳しく検討することに消極的だったのは空母打撃群上層部も同様だった。だが報告書ではこの事案が信じがたい内容でありながら調査検討が素早く終了したことに注意喚起している。
報告書から
もう一つ興味深いのは報告書でロサンジェルス級原子力高速攻撃潜水艦USSルイビル(SSN-724)がニミッツとともに行動中であったとある点だ。同潜水艦は何ら異常な音響情報や異常な点は探知していないとあり、物体が発生させた海水の乱れとも無関係だ。
USN
USSルイビル SSN-724

報告書の結論では物体は潜航していなかったようとあり、潜水艦が状況に気づいていないことを理由にあげている。仮に物体が海中に潜航していたとしたら「極めて高性能」で、潜水艦のソナーや水中聴音機でも探知できかったことになる。

またこれ以外の結論も出ている。以下の六点だ。
  • 「高性能空中移動機」は原産地不明の存在であり、米国その他国家が保有中の技術以外を利用していた
  • ブロードバンドでの無線周波数で探知できずレーダーもほとんど無力だった
  • 物体の性能には目を見張るものがあったが、通常の飛行機に必要な揚力構造や制御面は見当たらなかった
  • なんらかの高性能推進手段を使い、ホバリング状態から超高速飛行まで瞬時に移行しながら飛行方向も瞬時に変更していた
  • 機体には「透明化」機能があり裸眼では目視できなくなっていた
  • 水中での活動も可能と思われるが、最新の海中センサーでも探知が不可能だった
報告書より
軍の情報将校を務めたルイス・エリゾンドはAATIPを契約企業ビグロー・エアロスペイスと進めていたが、今回のI-Teamに対し本事例以外にも文書で記録が残る遭遇事件は多数あり、内容については機密保持の観点から紹介できないと伝えている。
また同様の事案が明らかにンっている。大西洋で11年前に発生し、ホーネットのパイロットが現場調査を受けている。この事案については以下のリンクを参照。

今回の報告書で注目したいのは内容が深くなく、あまり詳細に触れていないことで、高度機密版の文書では詳細に記述があるが、我々が目にする可能性はほぼない。
AATIP事業が本物なのか巧妙な情報操作として軍産複合体の一角で考え出された策なのかは別として2004年11月のその週に全く異常な事態が発生していたのである。また事案は瞬時に発生したのではなく、数日間にわたり進行しており、米海軍の第一線センサー複数が問題の物体をとらえた以外に最高の訓練を受けた信頼できる人員がその目で目撃しているのは事実である。■
Contact the author: Tyler@thedrive.com

コメント

このブログの人気の投稿

F-15J用に新型国産空対空ミサイルの導入に向かう防衛省

Japan Revives Hope For Local Missiles On Upgraded F-15sJul 22, 2019Bradley Perrett | Aerospace Daily & Defense Report https://aviationweek.com/defense/japan-revives-hope-local-missiles-upgraded-f-15s AAM-4: Niranira

日本の防衛省が三菱電機製AAM-4B空対空ミサイルをF-15改修に合わせ搭載させる構想の復活を狙っている。 構想はまだ初期段階だが、戦闘機用空対空ミサイルでレイセオンの供給独占体制が崩れる可能性が出てきた。日本のF-15はまず20機が2019年から2024年にかけ性能改修を受け、対象は102機に及ぶ。 ただし防衛装備庁は7月17日付でAAM-4Bを改修機へ統合する調査の提案募集を発表している。同庁は2020年までの調査完了を期待している。 防衛省への取材で改修対象機はレイセオン製APG-82レーダーを搭載するが調査を受けて米側の合意がないと実際の搭載はできないと述べた。 同じ空対空ミサイルと言ってもレイセオンのAIM-120Amraamと違い、AAM-4Bはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーを搭載する。原型はAAM-4だが大型化し推進剤の搭載量を増やしてAmraamの射程を超える可能性もある。 .同省はAAM-4Bはゆくゆくは共用新型空対空ミサイル(JNAAM)にその座を譲ると見ている。JNAAMとはラムジェット推進方式のMBDA製メテオを原型に日英両国で開発するもの。 JNAAMでもレーダー統合に米国の許認可が必要となる。 AAM-4B導入はJNAAMの実用化が失敗した場合のつなぎを防衛省が考えていることが明白だ。
提案企業の資格要件として「AAM-4ならびにAAM-4Bの設計性能分析に経験」を有するものとあり、三菱電機と戦闘機製造で日本の最先端を征く三菱重工業が対象となっているのは明らかだ。応募締切は8月5日。■

★★世界いかなる場所にも24時間以内に展開する「ラピッド・ラプター」構想の持つ意味とは

F-22を制空戦闘機としてのみ見ているとこの記事の趣旨が理解できないと思います。たしかにシリア戦線で戦闘デビューしたラプターは当初こそ何ができるんだと揶揄されても仕方ない存在でしたが、戦術の改良と訓練により対地攻撃能力も開花させたのでしょうね。配備機数が少ないこともあり大量投入は不可能なので、初回に効果の高いパンチを敵にお見舞いすると言う構想のようです。


"Rapid Raptor": The Air Force Can Attack Anywhere with a Stealth F-22 in 24 Hours 米空軍は「ラピッド・ラプター」構想でF-22を24時間以内に世界の任意の場所へ派遣し攻撃するby Kris Osborn March 13, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-22RaptorF-22 RaptorMilitaryTechnologyWorld https://nationalinterest.org/blog/buzz/rapid-raptor-air-force-can-attack-anywhere-stealth-f-22-24-hours-47377

米空軍は「ラピッド・ラプター」でF-22の四機編隊の迅速派遣をめざす。文字通り世界いかなる場所にも24時間以内到達を目標とし、急速に展開する世界情勢に対応する。 構想自体は数年前から存在し、F-22の4機、乗員、C-17による支援、燃料、整備、兵装を迅速に世界各地に派遣し、高速攻撃、第一撃を実施するのが狙いと空軍関係者が述べる。 F-22の即応体制はひとえに新ソフトウェアの実現にかかっており、ソフトウェアを順次連続改良する「パイプライン」方式を目指している。 「ソフトウェアに古臭いルールを適用する余地はない。これまで違う形のソフトウェア開発が必要だ。F-22では従来型の調達方法を引き渡しまで継続する流れとして再編した」とウィリアム・ローパー空軍次官補(調達技術補給担当)が空軍協会主催のシンポジウムで語っている。 「迅速調達」でソフトウェアに重点を置く空軍はF-22で新型兵器二点を有効化した。機体、兵装、搭載方法やセンサーといったハードウェアすべてをソフトウェアで性能向上するのがF-22の基本設計思想だ。

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg