スーパーホーネット、グラウラーで決断の時期が迫るボーイングは来年の3月に注目


Boeing Faces March Funding Decision On Super Hornet, Growler

By Amy Butler abutler@aviationweek.com
Source: AWIN First

aviationweek.com December 09, 2013


F/A-18E/Fのメーカーであるボーイングは来年3月めどに米海軍が追加発注しない場合にスーパーホーネットおよびEA-18Gグラウラーの生産継続を自社資金ですべきか決定する。同社のスーパーホーネット担当副社長マイク・ギボンズ Mike Gibbons, the company’s Super Hornet vice president が明らかにした。
.
  1. 発注分のホーネット/グラウラーの最終機がラインをロールオフするのは2016年の見込。
  2. 米海軍は追加発注に関心をもちながら、確約していない。同社は2015年度予算が議会に持ち込まれる2月になんらかの材料が出るかを注目し、セントルイス工場の生産ラインに自社費用を投入する無駄を回避したい意向だ。
  3. 「当社に生産ラインを維持する財務的余裕はあります」と同副社長は12月9日のホーネット35周年式典で発言。
  4. ボーイングは同機を年間48機生産中で、最新の機体単価は37百万ドルとギボンスは示すがここにジェネラルエレクトリック製エンジン2基および電子戦装備品を含めると(両方とも政府が同社に支給している装備)機体単価は50百万ドルになる。グラウラーはジャマー装備、特殊エイビオニクスで9百万ドル上乗せになる。2014年度予算では年間生産を36機に減ら要求をしているが予算案は議会が未可決のまま。
  5. ギボンスによればボーイングは年産24機まで削減しても機体単価はほぼ同額にする方法を検討中という。その裏にC-17で生産数を削減しつつ単価上昇を回避した経験がある。
  6. 同機にはマレーシア、デンマーク、ブラジル、カナダ、クウェート、ほか未公表の中東国家の引合が寄せられているが、各国とも発注を確定していない。
  7. 米海軍は発注分563機中490機のスーパーホーネット、135機中90機のグラウラーをそれぞれ受領済みと、フランク・モーレー大佐(海軍で同機担当) Capt. Frank Morley, program director for the Navy が同式典で明らかにした。オーストラリアが12機のスーパーホーネットをロッキード・マーティンF-35のつなぎで追加発注したことは、「ホーネット/グラウラーが今も有効な選択の証左」と同大佐は表現した。
  8. 海軍がF-35の初期作戦能力獲得を宣言するのは2019年2月の予定。その間は現有機材の一部にボーイングが「高性能スーパーホーネット」として提案する一体型燃料タンクconformal fuel tanks (CFTs) を装備する改良案を検討中。
  9. 他方で海軍は新型次世代ジャマー選定の仕切りなおし案に取り組んでいる。これはレイセオンが279百万ドルでいったん受注したのをBAEが抗議して再選定するもの。ドナルド・ガッズ海軍少将(航空部門開発担当) Rear Adm. Donald Gaddis, Navy program executive officer for aviation によれば海軍は抗議による遅れが発生したが新型ジャマーの初期作戦能力実現を2020年に当初どおり達成するという。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目