韓国のF-35選択でF-15サイレントイーグルの運命はどうなるのか


Seoul’s F-35 Plans Thump F-15 Silent Eagle

By Bradley Perrett , Amy Butler
Source: Aviation Week & Space Technology
aviationweek.com December 02, 2013
Credit: BOEING

韓国が装備編成を犠牲にしてまでも導入しようとするステルス機選定でF-35を指名したことはロッキード・マーティンにとっては朗報だがボーイングにとっては準ステルスF-15の販売の夢が砕かれることになる。
  1. .韓国は当初の予定60機に対し40機のF-35AをF-Xフェイズ3として導入する予定。残る20機は安全保障と財政状況両面から後日発注することとしており、F-35以外の機種選定もありうる。F-35に傾いた背景には韓国軍部が圧倒的に同機導入を支持していることがある。ただ予算の制約で購入数が三分の一減らされている。
  2. 成約の見込みが低いままボーイングはそれでもサイレントイーグルを残る20機として購入してもらえないか勧誘中。ボーイング・ディフェンス社長デニス・ミュレンバーグ Dennis Muilenburg は複数機種導入の可能性を示し、F-35選定決定後もその姿勢を崩していない。
  3. 「サイレントイーグルはまだ利用可能です。F-15性能改修のオプションのひとつです」と同社スポークスウーマン、カレン・フィンカッターは同社はまだ韓国政府から正式な結果通知を受けていないという。
  4. もうひとつの競合相手となったユーロファイターコンソーシアムも残る20機枠に同社のタイフーンを販売できる可能性は小さい。
  5. ロッキード・マーティンは同機の引渡しを2018年から4年間かけて実施する予定で、残る20機受注も期待している。
  6. 現地報道によれば韓国空軍のF-35選定は二週間前に決まっており、レーダー断面積の数値目標を立てていた。今回は8月のどんでん返しのあととして、再度要求性能水準を見直した結果であり、予算と選定手順を再度設定している。
  7. 韓国空軍上層部はF-35を望ましい選択と見ていたが、政府関係者によると空軍参謀総長が同機の引渡しがさらに遅れるようだとF-15選択に傾きかけたという。
  8. .FーXフェイズ3ではF-4ファントムとF-5タイガーの機材更新を目指している。先立つフェイズ1および2でF-15合計61機を導入している。
  9. 今回はハイエンドのステルス機が選択されたのはボーイングには打撃で、準ステルスのサイレント・イーグルが選定されれば生産ラインを維持できると目論んでいたためだ。ボーイングにはF/A-18E/Fスーパーホーネットしか残っておらず、低視認性改装を受けて同機がステルス機を求める各国でF-35への対抗馬としては唯一の存在になる。
  10. 「F-35A は開戦初期段階で敵を敗北に追い込む差をつけられる戦略的な兵器となる」と韓国聨合通信は参謀本部のことばを紹介している。「韓国軍は同機を効果的に使い敵の挑発に対処する」
  11. 残る20機がF-35になるのか、業界ではもう勝負はついているとの見方が強い。
  12. 先週は同時に韓国参謀本部が国産KF-X戦闘機開発の中期予算案を認めたことも注目すべきだ。これで同機がすぐに生き残るわけではないが、KF-Xには国内政治で反対論が手ごわく、2014年度予算に計上しているのも設計研究分のみだ。
  13. .韓国軍はKF-X開発が2020年までに完了することを希望していると聨合通信は匿名の取材源から伝えている。開発完了と第一線配備まで三年間しかないことについて説明が足りないが、2020年に同機が実戦配備できるとはとても思えない。計画では実寸大機体の開発から初飛行まで7年間しか想定しておらず、2015年までに機体開発が完了するのは不可能な状態だ。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目