KC-46原形機完成は2014年早々に


First KC-46 Airframe Rollout Set For Early In 2014

By Amy Butler abutler@aviationweek.com
Source: AWIN First

aviationweek.com December 24, 2013

プラット&ホイットニーのエンジンセットが納入され、米空軍向けKC-46試験機となるボーイング767-2Cのロールアウト予定が近づいてきた。
  1. プラット&ホイットニーPW4062エンジン二基がボーイングのエヴァレット工場に納入された。推力は各62,000 lb.でテスト機材に搭載される。なお、同エンジンは商用767、MD-11、747初期型にも使われている。
  2. 767-2Cの飛行開始は来年6月でKC-46としての飛行テストは2015年1月開始予定
  3. ボーイングが総額49億ドルで契約を勝ち取ったのが2011年2月で、18機を2017年までに納入する。その後179機を生産し、老朽化進むKC-135 部隊と交代する。
  4. KC-46は空軍の優先調達三案件のひとつで、残りはF-35と新型長距離爆撃機だ。
  5. ただしKC-46のコストが今後ボーイングにどんな影響を与えるかは不明だ。予定規模で調達した場合の政府試算は56億ドルで、ボーイング社内試算より5億ドル高く、空軍の契約上限から7億ドル高くなっている。固定価格方式契約のため、超過費用はボーイング負担となる。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目