これはひどい 中国新型ヘリZ-20はブラックホークのコピーではないか

Chinese Military Utility Helo Makes First Flight

By Bradley Perrett perrett@aviationweek.com
Source: AWIN First

aviationweek.com December 24, 2013

 

シコルスキーH-60に相当する中国の新型軍用多用途ヘリコプターが12月23日に初飛行したと同国国営報道機関が伝えている。

  1. このヘリコプターにはZ-20の名称がついているとされるが未確認で、機体重量は10トン (22,000 lb.) で高地運用に最適化されていると中国中央テレビが伝えている。これまでは中国は1980年代に購入したUH-60ブラックホーク24機を運用してきた。
  2. Z-20の外観はブラックホークに驚くほど類似している。
  3. 中国技術陣はH-60と似た機体の製作を命じられ米国製ヘリを参考に設計したのだろう。さらに中国軍はH-60の機体構造を軍の支援ミッションに最適と判断したのかもしれない。
  4. ただしすぐわかる相違点は同機は5枚ブレイドであり、H-60は4枚である点だ。
  5. 初飛行は中国北部で行われたと同テレビは伝えている。その意味は同機はハルビン航空機の製品であることを暗示している。同社はAvicの回転機部門Avicopterの傘下にある。
  6. 同機はH-60やNH Industries製NH-60と同様な使用用途として兵員輸送や対潜戦闘が想定されているのだろう。軍用用途を前提とした設計ではあるが、民生用途にも使われる。ただし西側の型式証明が得られなければ海外販売の可能性も限定される。
  7. 10トンクラスの機材はAvicopterが揃えている機種の中でこれまでなかったものだ。
cheap ultram

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目