米海軍のUCLASS構想は大型化し、ミッションも多様になる方向へ


Navy: UCLASS Will be Stealthy and ‘Tomcat Size’

By: Dave Majumdar and Sam LaGrone
USNI News,Monday, December 23, 2013
X-47B Unmanned Combat Air System (UCAS) demonstrator taxies on the flight deck of the aircraft carrier USS George H.W. Bush (CVN-77) in May 2013. US Navy Photo


米海軍の無人空母運用偵察攻撃機 unmanned carrier launched airborne surveillance and strike (UCLASS) 開発計画はこれまでより機体寸法が大型になり多くの機能を盛り込もうしていると明らかになった。「推力70から80千ポンド級の機体を考えている」とマイク・マナジル少将Rear Adm. Mike Manazir(航空戦力整備責任者)が米海軍協会取材に答えた。「F-14トムキャットぐらいの寸法を想定している」

  1. UCLASS構想の変化は海軍が仕様書を業界に公表するのにあわせて明らかになったものだが、これまでペンタゴン内部で同機の位置づけを巡り意見が分かれていた。
  2. 「コンセプトは何度も変わりました。空母発進の無人ISR機だけでなくもっと多くの機能が盛り込まれています」と同少将は説明。「性能を伸ばして高度のISR機能とともに攻撃機能を、さらにセンサー搭載量を増やすことも考えています」
  3. ロッキード・マーティンボーイングノースロップ・グラマンジェネラルアトミックスの各社がいまやわずかになっている国防総省の新規開発案件の受注を狙っている。
  4. 海軍が現時点で考えているUCLASS構想ではノースロップ・グラマンX-47B無人戦闘航空システム実証機(UCAS-D)の重量44,000-lb.よりずっと大きな機体を想定している。
  5. UCLASS構想では全長 68 ft. 以上の機体も想定しており、ボーイングF/A-18E/F スーパーホーネットより大きい。
  6. その寸法と重量から双発あるいはプラット&ホイットニーF135エンジン(推力28,000 lbs.)の採用を想定しているようだ。
  7. また海軍はUCLASSを空中給油機として使う意向でロッキード・マーティンF-35Cはじめとする戦術機の飛行距離を伸ばすのだという。「燃料20,000 lbs. を搭載し7.5時間の滞空が可能」(マナジル)
  8. またUCLASSに敵領空に侵入させ戦闘識別任務を行わせる構想もある。
  9. ただしUCLASSにはF-35Cに匹敵するステルス性はないとマナジルは言う。
  10. またUCLASSを武装し、F/A-18やF-35Cの無人ウィングマンとする構想もある。AMRAAM(高性能中距離空対空ミサイル)を満載し、指揮命令を与える有人機とペアにするというもの。.
  11. UCLASSに移管するミッションの内容は今後も変化していくだろう。マナジル少将によれば2030年までに海軍はUCLASS運営経験を蓄積して空母航空戦力の一部として無人機をどう運用すべきかを組織として学んでいるはずだという。
  12. 2006年に想定されていたものが国防長官官房により安価かつ対テロ作戦用に空母から運用する構想に切り替わっていたが、今回のマナジル少将の説明は大きくそこから変わっていることを示している。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目