ブラジルが次期主力戦闘機にサーブ・グリペン導入を決定


速報です。ブラジルがグリペン導入を決定しました。これでボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネットには逆風となるでしょうね。


Brazil Selects Gripen For F-X2 Requirement

By Anthony Osborne tony.osborne@aviationweek.com, Bill Sweetman william.sweetman@aviationweek.com
Source: AWIN First

aviationweek.com December 18, 2013


ブラジルは次世代戦闘機選定でサーブJAS 39Eグリペンを採択した。
  1. 12月18日の決定で足掛け12年の次期主力機選定が完了した。ブラジル空軍は新型グリペンE仕様36機を導入する。なお、同型はスウェーデン空軍も発注しており、スイスも選定している。.
  2. ブラジル国防省は同機のコストが一番低く、同国の求める性能水準を実現し、同時に技術移転により国内で同機を独力運用できることを期待できることが選定理由とする。
  3. 総額45億ドルで導入直後の支援・予備部品、訓練、シミュレーター装置、技術移転および産業協力を含む。契約は2014年12月までに発効する見込みで、一号機の同国到着は調印後48ヶ月後。 
  4. 選定の競合機にはダッソー・ラファール、ボーイング・スーパーホーネットもあったが、最終決定は大統領決裁とされ、各社に入札提案の期間延長を繰り返し求めてきた。
  5. ブラジルが運用する戦闘機材の老朽化は深刻で、ミラージュ2000は本年中に退役し、かわりにノースロップF-5EM/FM各型を近代化し飛行時間を延長している。あわせてヨルダンが運用していた旧型F-5をEM/FM仕様に改修しているが、各機も2025年には退役すると、残るのはアレニア・エンブラエル製A-1Mのみで、これも2023年までしか運用できない。
  6. グリペン陣営の主要参加企業にはジェネラルエレクトリックがあり、F414 エンジンを供給しており、Selex-EXはレイブンES-05レーダー、スカイワード-G赤外線探査追跡システム、敵味方識別装置を供給する。コックピットのディスプレイはエルビットのブラジル法人AEL Sistemasが供給。
  7. ブラジルが選定をしたのはスウェーデンの国防装備調達庁FMVが25億ドルでJAS39グリペンC型をE仕様に改装する契約をサーブに交付したのと同日だった。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目