イラク急変への対応(2)航空戦力でISIS打倒は無理---現役米海軍士官の見解


Opinion: U.S. Air Power Won’t Defeat ISIS

USNI News By: Cmdr. Daniel Dolan
Published: June 17, 2014 7:28 AM
Updated: June 17, 2014 7:29 AM
An F/A-18E Super Hornet prepares to launch from the aircraft carrier USS George H.W. Bush (CVN-77) on June 15, 2014. US Navy Photo
An F/A-18E Super Hornet prepares to launch from the aircraft carrier USS George H.W. Bush (CVN-77) on June 15, 2014. US Navy Photo

イラク・シリア・イスラム国家 Iraq and Syria Islamic State (ISIS)の非正規軍がバグダッド目指し進軍する中、アメリカの政治指導層とくにジョン・マケイン上院議員(共、アリゾナ) Sen. John McCain (R-AZ) とリンゼイ・グラハム上院議員(共、サウスカロライナ) Sen. Lindsey Graham (R-SC)中心に空爆でイラク国内の治安回復を求める声が高まっている。
  1. 航空兵力が効果的かつ政治上甘受できる選択肢としても、空軍力でISISの打倒は不可能だ。
  2. 歴史上も空軍力だけで決定的な結果を得た例がない。あえていえば1999年のNATOによる対セルビア懲罰的攻撃だけが政治目的を達成した唯一の事例と言える。
  3. その事例から今回のイラク・シリア事例への教訓が二つある。まず、ISISに交渉相手となる政治指導部が存在していない。つまり全滅させないとイラク現政権の復権はままならない。二番目に、仮にISISが敗退しても結局は地上兵力がないと平和維持は不可能だ。イラク国連大使ルクマン・フェイリ Lukman Failyは6月16日に「イラクは米国陸上兵力を必要とせず、来てほしくない....イラク国内で兵力を確保する」と語っている。さらにイラクにビン・ラディンのような人物が千人も出現させないためには米国による航空優勢、空軍訓練、援助が必要だと語っている。
  4. ISISは米国が空母打撃群 carrier strike group (CSG) をペルシア湾に移動させても気にもかけていない。もし米国がISISが実効支配する人口稠密地区で攻撃目標を決定すれば、ISISIは住民を人質にするだけだ。誰が悪者なのかを区別することは1万フィートからは難しい。
  5. コソボ事例では村落部に展開したセルビア軍の移動を食い止めるのはF-15には困難な任務だとNATOは思い知らされた。その後セルビア政府は交渉に応じた。そこでISISに話を戻すと、紀元10世紀と同じ世界の到来を期待するテロリスト中心のグループにとって重要な経済インフラ上の目標はどれになるのか。
  6. 事実を無視した主張が識者から出ている。イラク国内に米軍対テロ部隊を駐留させていれば今回の危機は発生しなかったというのである。(反乱分子は米軍を恐れるため、だという) あるいは反乱分子を容易に鎮圧できただろうというのだ。これが本当なら、アフガニスタンで国外から戦闘員が引き続き流入しており反乱分子の士気が高いのはなぜか。また、7年余の米国のイラク作戦で治安維持がたえず問題だったのはなぜか。アフガニスタンでもイラクでも米国は完璧な航空優勢を確保しても決定的な勝利を得ていないのに、なぜ今回は勝利できるのか。
  7. 米軍投入は一定の範囲で理解できるし、攻撃対象の人物や目標を探すべのも妥当な反応といえる。ただし米国やその同盟国はISIS打倒で高価な支出を求められる。最良の選択は反応的に空軍力を使いイラク政府および治安維持部隊に余裕を与え、反攻の時間を作ることではないか。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目