A-10全廃を認めた下院歳出委員会の決断


House Appropriators Easily Kill Measure to Save A-10 Fleet

Defense News, Jun. 10, 2014 - 11:38AM   |  
By JOHN T. BENNETT


The House Appropriations Committee has voted down a proposal to keep the US Air Force's fleet of A-10 aircraft flying. (Staff Sgt. Aaron Allmon / Air Force)

下院歳出員会が10日、空軍のA-10温存を狙った修正案を葬り、議会ではじめて空軍の予算削減対策を支持した。また上下両院の軍事委員会が共に予算を流用してA-10の維持を求める動きに反することになった。
A-10維持を求めたジャック・キングストン議員 Rep. Jack Kingston (共、ジョージア州)の修正案は23対13で否決。修正案は空軍の運用補修勘定から339.3百万ドルを確保しA-10を運用維持するとしていた。
空軍は老朽化進む同機を退役させて予算を捻出する意向だったが、同議員他は同機にまさる近接航空支援機はないと修正案支持を求めた。.
歳出委員会国防小委員会の議長ロドニー・フレリングイセン Rep. Rodney Frelinghuysen(共、ニュージャージー)からは歳出委員会が同修正案を可決すれば、空軍からはB-2やF-16の機数削減あるいは全廃の提案が出ると警告していた。フレリングイセンはA-10退役で生まれる原資は数十億ドル規模という。
国防小委員会の有力議員ピート・ヴィスクロスキィ Rep. Pete Visclosky (民、インディアナ)によると、もし突然予算が増えてもA-10は維持すべき最優先機種ではないと空軍上層部が発言しているという。結局、修正案は予算管理上は不健全と判断されたようだ。
だがキングストンの一派はA-10の時間あたり費用は近接航空支援を実施できる他機種よりも低いと反論している。「予算を節約しようというのに、一番低費用で運用できる機種をなぜ全廃するのか」というのがキングストンの主張だ。またイラクとアフガニスタンでの出撃実績を引用して、同機が過去の遺物だと切り捨てるのはおかしい、と主張。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目