今週は東シナ海上空で緊張が高まっています 今度は中国が日本を非難



Su-27が自衛隊機に嫌がらせをした翌日に中国は航空自衛隊F-15がTu-154に接近し安全を乱したと主張しているようです。日本政府は別事案の画像だと言っていますが。

米海軍協会はロイターや新華社報道を引用し、中国、日本のいずれの主張を淡々と伝えていますが、冷戦時を想起させるような事態にあきれているのかもしれませんね。ビデオを見ましたが、接近飛行は通常のオペレーションで、高速で追い越し飛行をしたとは大違いなのですが。そのそもTu-154が民間機ではなかったのではと思われますが、こうなれば自衛隊も画像を公開してはいかがでしょうか。ともあれ、偶発事故につながらないことを祈るばかりです。

China and Japan Trade Barbs Over ‘Shameless’ Fighter Buzz

USNI News By: Sam LaGrone
Published: June 13, 2014 11:04 AM
Updated: June 13, 2014 1:46 PM
A Japanese F-15J allegedly buzzing a Chinese Tu-154 on Wednesday.
A Japanese F-15J allegedly buzzing a Chinese Tu-154 on Wednesday.

中国が日本に対し「挑発的言動」を止める要求を出している。これは今秋水曜日に東シナ海上空で航空自衛隊F-15Jが中国のツポレフTu-154(NATO呼称ケアレス)に接近飛行したと中国が主張する事件への対応。中国が発表したビデオ映像ではF-15Jがケアレスの翼端近くを飛行しているのが見える。

「日本の戦闘機が中国機の30メートルに接近し、中国機の飛行に危険を与えたとの主張は真実ではないと信じる」と管官房長官は12日に報道陣に発言している。「ビデオに写っている機体は違っている」

日本政府からは中国に画像公開の中止を申し入れたが、中国は日本が「国際社会を欺瞞しようとしている」と反論している。

「事実と照らし合わせると日本側の主張は恥知らずなたわごとであり理屈が通らない。日本に挑発的行為・言動を直ちに中止するよう求める」と中国外務省報道官華 春瑩 Hua Chunying が13日記者会見で発言し新華社が配信している。

中国国防省はウェブサイトで「中国パイロットは冷静に基準通り規律正しく行動し、日本パイロットは危険な飛行をし、明らかに挑発的だった」と伝えている。

これに対し日本からは自衛隊機は前日に中国空軍のスホイSu-27フランカーが自衛隊機に接近したことに対応したものと説明。今回の事案は国境を巡り対立する両国の最新事件である。

自衛隊の緊急発進回数は2013年度は415回で前年度比38%増とロイターが伝える。■
 


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目