先が見えない国防予算編成、EA-18グラウラー、ジョージ・ワシントン、MH-60の行方は?


Reduced Growler Buy Could Force Boeing to Restructure Production Line

USNI News By: Dave Majumdar and Sam LaGrone
Published: June 13, 2014 3:53 PM
Updated: June 13, 2014 3:53 PM

もし議会がEA-18グラウラー電子攻撃機22機追加調達の予算を認めないと、米海軍とボーイングは同機の生産継続で悩むことになりそうだ。

「上院軍事委員会が生産全体をどう考えるか次第ですが、すでにAP(先行調達)がありますので、ボーイングとは良く話し合うことになるでしょう」と海軍次官補ショーン・スタックリーSean Stackley(研究開発調達担当)はペンタゴンで13日報道陣に発言している。「あってはいけないのは追加費用で生産を人為的に引き伸ばすことですが、既存契約に効率的に費用を追加できれば利害上は最上の選択です」

ボーイングは追加22機のグラウラー発注がなければ生産ラインの維持ができないと訴えていた。

下院歳出委員会は2015年度歳出案を承認し、22機中のうち12機分のみ10.1億ドルでの調達を認めている。海軍は追加調達機で既存の電子攻撃飛行隊を各7機編成にしたいと期待していた。

一方でシコルスキーMH-60S/Rの運命はUSSジョージ・ワシントン(CVN-73)の行方とからみあっている。ペンタゴンは同空母を2016年度予算による燃料交換を実施せず退役させる提案を出しており、これは議会による予算強制削減措置が継続した場合には、という条件だった。これに対し、議会からはジョージ・ワシントンの退役には猛烈な反対が表明されている。

「海軍省は同艦を16年度予算に一旦計上した上で、最終決定を議会に任せたいと考えています」(スタックリー)「不確実な条件を考えると、H-60生産ラインを維持したいのですが、予算成立までは道のりが長いです」

ペンタゴンの2015年度予算要求にはMH-60の29機調達が入っており、同機の5ヵ年調達契約は2016年までとなっている。ジョージ・ワシントン退役が承認され、関連する航空隊兵力も同時に削減すれば海軍はその翌年にヘリコプター追加調達が不要となるというわけだ。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目