ロシア原潜建造が活発化、新型攻撃原潜ヤーセン級・ミサイル原潜ボレイ級


USNI Newsより


Russian Navy Accepts First in New Class of Nuclear Attack Submarine

By: Dave Majumdar
Published: June 19, 2014 7:04 PM
Updated: June 19, 2014 7:16 PM
Russian submarine Severodvinsk
Russian submarine Severodvinsk

ロシア国内のテレビ報道によるとロシア連邦海軍がプロジェクト855 ヤーセン級 Yasen-class 原子力攻撃潜水艦の一号艦を今週受領したという。
  1. 艦名はK-560セヴェロドヴィンスク Severodvinsk で1993年からセヴマシ造船所で建造が始まっていた。完成が遅れたのはロシア経済の不振が理由で、2010年までロシアでは新造潜水艦は一隻も進水していない。

  1. セヴェロドヴィンスクはロシアの攻撃原潜で静粛度が最も高く攻撃能力も高いとみられる。ただ米海軍のシーウルフ級、ヴァージニア級原潜と同等の静粛性は実現していないとみられる。

  1. ロシア官営メディアによると同艦の潜水時排水量は13,800トン、全長119メートル、速度31ノットで600メートルまで潜航できるという。乗組員は90名でうち32名が士官。武装はオニキスOniks(SS-N-26)巡航ミサイルおよびカリバーKalibr (SS-N-27)巡航ミサイル24発に加え533㎜魚雷と機雷を搭載する。またソナーアレイを球状船首に初めて採用するロシア潜水艦となった。

  1. ヤーセン級ではあと2隻の建造がはじまっており、カザンKazan とノボシビルスクNovosibirskの各艦は一部改修された設計のためプロジェクト855MヤーセンーM型と呼称されている。さらに四号艦の建造が8月に開始されるとロシア放送は伝えている。

  1. 855M仕様の潜水艦はさらに3隻発注され、最終的にヤーセン級は8隻の陣容になる。さらにヤーセン級の次の艦も設計が始まっているという。

  1. その一方、ロシア海軍はボレイ級Borei-class 戦略弾道ミサイル原潜の建造も続けており、タイフーン級(プロジェクト941)とデルターIV(プロジェクト667BDRM)ミサイル原潜と交代させる。

  1. ボレイ級原潜は三隻完成しており、四号艦は設計を手直ししニャズ・ウラディミールの艦名で建造中。この艦はプロジェクト955-AボレイII I級と呼ばれ、これ以前の艦が16発ミサイルを搭載していたものを20発に変えている。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目