速報 日米韓ミサイル防衛海軍演習が本日から15日にかけて現在展開中



以下米海軍第7艦隊司令部が発表した声明文です。




U.S., Japan and Korea navies conduct trilateral missile defense informational link exercise

By Commander, U.S. Seventh Fleet Public Affairs Office | March 13, 2017

USS John Paul Jones (DDG 53), USS Shoup (DDG 86), JS Chokai (DDG 176), ROKS Sejung The Great (DDG 991) and ROKS Gang Gam Chan (DDH 979) steam in formation during Exercise Pacific Dragon 2016. Pacific Dragon is a trilateral Ballistic Missile Defense tracking event between the U.S. Navy, Japan Maritime Self Defense Force and Republic of Korea Navy. The biennial exercise focuses on improving tactical and technical coordination among its participants, including the detection, tracing and reporting of ballistic targets.
USSジョン・ポール・ジョーンズ (DDG 53), USSシャウプ (DDG 86), JS ちょうかいi (DDG 176), ROKS 世宗大王 (DDG 991) and ROKS 姜邯贊 (DDH 979) がExercise Pacific Dragon 2016で隊列を組んで航行中している。Pacific Dragonは三カ国による弾道ミサイル防衛演習で二年毎に開催され戦術面、技術面の各国間調整が主眼。
YOKOSUKA, Japan --
米海軍、韓国海軍、海上自衛隊の艦船が共同ミサイル警告情報連携演習(LINKEX)は3月14日から15日にかけて朝鮮半島東方および日本北方の海域で展開し、通信・相互運用能力および連携体制を米第七艦隊責任区域内で確認する。
演習では戦術データ・リンクにより通信情報その他データを各艦の間で共有する。戦術能力の向上、自艦防御態勢の向上、連携関係の強化、ならびに状況認識能力の引き上げを狙う。  
米側からUSSカーティス・ウィルバー(DDG 54)、韓国海軍世宗大王(DDG-991)、自衛隊からJSきりしま(DDG-174)が参加する。
米第7艦隊は米国の権益を支えるべくインドアジア太平洋地区を作戦海域とし前方配備海軍作戦を展開する。米海軍艦隊として最大規模の第7艦隊はその他35カ国と協力して海洋パートナーシップを構築しており、海洋安全保障を維持し、地域の安定を確保し紛争を未然に防いでいる。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目