新型海軍用レーダーAMDRはAESA方式で電子攻撃も可能


Raytheon Enters New Phase of Next Generation Radar Development

By: Dave Majumdar
Published: July 24, 2014 7:30 AM
Updated: July 24, 2014 7:30 AM
Artist's concept of a DDG-51 Flight III with AMDR. Raytheon Photo
Artist’s concept of a DDG-51 Flight III with AMDR. Raytheon Photo


レイセオンは対空ミサイル防衛レーダー Air and Missile Defense Radar (AMDR) の事前設計審査preliminary design review (PDR) を完了したと発表。AMDRはフライトIIIのアーレ―・バーク級誘導ミサイル駆逐艦に搭載される。

同時に同システムの統合基本審査も完了したと発表し、PDRが完了したことで同社は技術生産開発 engineering and manufacturing development (EMD) 段階へ進む。

「技術開発段階で技術リスクを解決しており、コスト削減策も実施されていることで、当社はAMDRの生産に本格的に取り組むことができ、技術生産両面の開発の完了をめざします」と同社のけヴィン・ペップ Kevin Peppe,副社長(シーパワー装備システムズ事業部)が発表している。

AMDRレーダー開発が完了すれば、2016年度に建造されるバーク級駆逐艦二号艦から装備される。AMDRは全長14フィートあり、艦橋に現行のSPY-1Dレーダーと同様に取り付けられる。ただしAMDRの性能は革命的と言われる。
.
AMDRはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーであり、窒化ガリウム送受信部を使う。海軍はAMDRの出力をSPY-1Dの30倍、電子インプットは約2倍と期待している。窒化ガリウム技術によりレイセオンはバーク級の船体が有する電力発電量と冷却能力を犠牲にせずにAMDRを搭載できるとする。
.
またAMDRではデジタルビームを形成することも可能で、これまで以上に正確な追尾が可能だ。さらにそのままで電子攻撃の道も開ける。これは現行の海軍艦艇には未装備の能力だ。

AMDRの有利なところは縮小拡大が自由な設計なので他の艦艇にも搭載できること。モジュラー構成で送受信モジュールを組み合わせてレーダーにすることが可能かつ用途に応じてへんせいできる。しかし、現時点で海軍にはAMDRを他の艦艇に搭載する予定はない。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目