F-35のファーンボロ航空ショー出展はまだ微妙なまま

F-35 Misses Farnborough Kickoff

Jul 13, 2014Tony Osborne | AWIN First
F-35はファーンボロ航空ショーの初日に姿を現すことはなくなったと主催者側から発表があった。
  1. 主催者側からは米国から出発する許可を軍耐空証明機関から待っている状態であるが、「週末までに飛来できると期待」しているという。

  1. 飛行停止措置なければF-35は英国で国際デビューをしていたはずだが、HMSクイーン・エリザベス命名式会場上空の飛行(7月4日)、RAFフェアフォード基地でのロイヤルインターナショナルエアタトゥー(7月11日)が中止されている。米海兵隊VMFA-121教育隊のF-35B三機はパタクセントリヴァー(メリーランド州)で大西洋横断飛行の許可を待っているが、英国登録のBK-3はまだエグリン空軍基地(フロリダ州)で待機中でパタクセントリヴァーまでまず移動する必要がある。

  1. 仮に各機がファーンボロ―に間に合ってもフェアフォード基地から発進しての飛行展示するだけしか想定されていない。

  1. 「今週の航空ショーに参加できるよう関係者各位が努力していますが、一方でパイロットとともにショー来場者の安全を一切妥協することはできません」とショー関係者が7月13日に報道発表している。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目