マラバール演習:日米印三カ国海軍演習が25日開始されています


Naval Ships From US, India and Japan To Start War Games

Jul. 24, 2014 - 02:19PM   |  
By AGENCE FRANCE-PRESSE  

TOKYO — 米、印、日の三カ国が一週間にわたる海軍演習を開始する。各国間の連携を深め、自己主張を強める中国の軍備増強を横目に見る中での実施だ。
三カ国の艦艇は25日から合同演習を開始する。前日に佐世保海軍基地で式典が行われている。
マラバール演習Malabar Exerciseの名称でこれまでインドと米国間で実施されてきたものだが、海上自衛隊の参加は2007年以来で三度目になる。
演習場所は日本南方海域で領土を巡る緊張が高まっている地域の後方となる。
中国の影響力がアジアで増大する中、米国はアジア重視を強めているが、中国の軍事力増強が地域内各国の神経をいらだたせている。
「インド、日本、米国は戦略的な権益を共有している」と語るのは早稲田大の山本武彦名誉教授だ。「今回の演習の目的は西太平洋からインド洋まで広がる広大な海洋での海軍作戦の運営にある。各国は海洋交易路を確保する必要があり、中国を視野に入れた演習であると言える。」とコメントしている。
またインドは「真珠の首飾り」と通称されているインド洋周囲の港湾各地に中国がアクセスを得ることは重大な脅威になると警戒視していると同教授は指摘する。
演習では日本とインドの連携強化が注目される。安倍首相はデリーを1月に公式訪問し、二国は「更なる強化」を防衛協力で進め、海上演習を定期的に実施することで合意している。
今回の7月演習にはインド海軍は3隻(フリゲート1、駆逐艦1、補給艦1)、人員800名を派遣するとインド海軍はAFPに伝えており、演習の内容は海賊対策、テロ防止、人道支援、ヘリコプター運用を含むという。
米第七艦隊のほか、海上自衛隊は護衛艦2、US-2捜索救難飛行艇1、P-3C哨戒機1を演習に参加させる。
安倍内閣が広範に防衛力を使えるように憲法解釈を正式に変更して中国は非難を強めている。中国の主張は日本が再び軍国主義に走り、第二次大戦の反省を示していないとするもの。
【ご参考】以下海上自衛隊の発表です。
26. 7. 24
海上幕僚監 部
(お知らせ)
日米印共同訓練(マラバール14)について
海上自衛隊は、次により、日米印共同訓練(マラバール14)に参加します。
1 目 的
海上自衛隊の戦術技量の向上及び参加各国各軍との協力強化の促進
2 期 間
平成26年7月24日(木)~7月30日(水)
3 場 所
四国南方から沖縄東方海域
4 訓練統制官
海上自衛隊:第2護衛隊群司令 海将補 岩﨑 英俊
米 海 軍:CTF70 海軍少将 M.C.Montgomery
インド海軍:東部艦隊司令官 海軍少将 A.K.JAIN
5 参加予定規模
海上自衛隊:護衛艦「あしがら」、護衛艦「くらま」、救難飛行艇US-2、哨戒機
P-3C
米 海 軍:航空母艦 GEORGE WASHINGTON、駆逐艦 J.S.MCCAIN 等
インド海軍:フリゲート艦 SHIVALIK、駆逐艦 RANVIJAY、補給艦 SHAKTI
6 主要訓練項目
対潜戦、対水上戦、対空戦、立入検査、捜索・救難訓練 等


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目