各国別戦闘機調達の最新動向 予算が厳しい中で新しい潮流が生まれる


Costly Fighters, Cash-Poor Customers Set Fighter Trends

Cost-pressured customers define fighter opportunities
Jul 18, 2014Bill Sweetman | Aviation Week & Space Technology
戦闘機市場で今後重要になる要素が二つある。まずF-35を除く現行の欧米の戦闘機各機種は2020年までに生産が終了となる。米国で次世代戦闘機の研究がすすめられ、日本、韓国、トルコで国産化の動きがあるが、各機とも実現は2024年より後の予想でそれまでは市場に影響を与えられない。そうなるとF-35のみが選択肢となってしまう。
  1. 需要が確実でも中東などまだF-35が未採用の国もあり、マレーシアなど米国がステルス機輸出にためらいを見せる国もある。F-35がブラジルやインドで選択対象になっていないのは、それらの国が調達を技術調達の機会ととらえているためで、実際に同機の技術の多くが触れないように密閉されている。他にも現行価格ではF-35を購入できない国もあり、需要規模は今後どれだけ開発が安定化し価格が下げられるかにかかっている。
  2. 二番目の要因は戦略的で、機体価格とは運用コストさらに予算圧縮の環境を組み合わせて理解することである。機体価格と運用コストはインフレ率を適用すると実質上昇を続ける中、各国の空軍は戦闘機の保有数を減らしている。経済発展があれば国防支出の伸びを支えられるが、
  3. 三番目も予算関連で、各国の軍で調達予算と運用予算を一体的に運用する例は少ない。ここがビジネス界と違うところで政府組織ではこの二つを一つの予算項目として一体に扱えないのだ。ビジネスで使われている成果反映型支払performance-based logistics (PBL) 契約を採用すれば効率は大幅に改善され、運用コストへの関心も高まるはずだ。.
  4. これらの市場の動きの影響が現実に出てきた。ボーイングはスーパーホーネット/グラウラー生産ラインを2020年代に入っても米国および国際受注で維持すると発表。現時点でも同機はデンマークと中東の一部で受注を争い、2015年度国防予算最終案でEA-19Gグラウラー生産の延長が決まりそうだ。また性能改良型スーパーホーネットAdvanced Super Hornet が2020年以降に登場すると海軍は現行機材の改修を進めるだろう。その時点で一部機材は機齢40年になる。
  5. ボーイングはスーパーホーネットの一時間当たり運用コストは17千ドルで、米国の戦術戦闘機中最低水準だとする。最新型F-15でも24千ドルとし、F-15C/D型では45千ドルになるという。大幅なコスト低下の理由としてボーイングは新型フライバイワイヤによる飛行制御システムで保守費用を8割下げたのが大きいという。
  6. ヨーロッパ各社も戦闘機の改修で輸出機会を探っている。ひとつ注目すべき事項は技術ではなく、販売方法だ。サーブリース方式を提示している。戦闘機調達・運用は長期間にわたり政府予算を使うことが多いので、リースはあながち無謀な方法とは言えない。ここにPBLを組み込んで、サーブはチェコ共和国とハンガリーに機体を提供している。スイスにもJAS 39C/Dの事前リースをしており、同様にブラジルでも現在交渉中だ。サーブはマレーシアにもリース提案したといわれる。
  7. また第三国による性能改修にも関心が集まっている。イスラエル航空宇宙工業はクフィールのブロック60を売込み中で、1950年代まで設計の基礎が遡れる同機は低価格機に近代的エイビオニクスを搭載したものと宣伝している。同社はF-16改修を手掛ける予定がないというが、もしシンガポールが同国保有機の改修入札を公示すれば、ボーイング、BAEシステムズとともに商機をねらうことになろう。

Aviaition Weekによる地域別各国別の新型戦闘機導入の見込み
米州
現況
機数
候補機種
決定時期
アルゼンチン
検討中
18
Kfir Block 60
2014
ブラジル
商談中
36-100
JAS 39E
2014
カナダ
調査中
65
F-35, Typhoon, Rafale, F/A-18E/F
2014
チリ
調査中
未定
F-16 upgrade, Kfir Block 60
未定
コロンビア
調査中
未定
F-16 upgrade
未定
ペルー
調査中
<20 span="">
Typhoon (used), MiG-29 upgrade
未定
欧州地区
現況
機数
候補機種
決定時期
ベルギー
競技中
30+
F-35, JAS 39E, F/A-18/F
未定
デンマーク
競技中
30
F-35, JAS 39E, F/A-18/F, Typhoon
2015
フィンランド
調査中
40+
未定
未定
ギリシア
競技中
100+
F-16 upgrade
2015
イタリア
交渉中
45-90
F-35
2014-15
オランダ
決定済み
37
F-35
2012
ポーランド
調査中
40
未定
未定
ルーマニア
発注
12
F-16A
2014
スロヴァキア
検討中
12
JAS 39C
未定
トルコ
検討中
未定
F-35, F-16 upgrade
2015
英国
検討中
48+
F-35
2015
アジア太平洋地区
現況
機数
候補機種
決定時期
オーストラリア
交渉中
58
F-35
2014
インド
交渉中
126
Rafale
未定
日本
発注
40
F-35
2011
マレーシア
競技中
20+
JAS 39, Typhoon, F/A-18, Su-35
2015
フィリピン
発注
12
F/A-50
2014
シンガポール
競技中
70+
F-16 upgrade
2015
韓国
交渉中
40
F-35
2013
韓国
発注
134
F-16 upgrade
2014
台湾
発注
146
F-16 upgrade
2012
中東地区
現況
機数
候補機種
決定時期
バーレイン
調査中
未定
Typhoon
未定
オマーン
発注
30
Typhoon, F-16
2012
カタール
競技中
72
Rafale, Typhoon, Super Hornet, Eagle
2014
サウジアラビア
発注
154
F-15A, F-15A upgrade
未定
UAE
競技中
60
Rafale, Super Hornet
未定



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目