F-35限定つき飛行停止解除へ ファーンボロ行きは未定のまま


F-35 Cleared To Fly, But Not To Farnborough Yet

Jul 15, 2014Amy Butler | AWIN First

米空軍、海軍の耐空証明認証機関がそれぞれF-35に制限付き飛行停止措置を解除したが、ファーンボロ航空ショーでの同機の展示は依然微妙なまま。ショーは7月20日に閉幕する。ペンタゴン関係者はF-35B4機による大西洋横断の実施に希望をつないでいる。
  1. 飛行禁止措置の解除で「エンジン点検と制限付き飛行」が可能となったとジョン・カービー海軍少将 Rear Adm. John Kirbyが発表。制限付き飛行許可は「根本原因が解明されるまで」継続される。
  2. 6月23日にF-35A搭載のプラット&ホイットニー製F135エンジンが発火したのは統合ブレイドローター(IBR)で第三段目のファンが過剰摩擦したためと判明した。ただし、プラット&ホイットニー社、F-35開発室のいずれも飛行制限の内容について情報開示をしていない。
  3. 一方でペンタゴンの調達トップが7月14日に今回の事故の根本原因は各機共通の問題ではないと断言している。
  4. 三段構造のIBRはF135の前方ファンの後方に位置し、高圧コア部分に送る空気を圧縮するのが役目。各段は固定子で分離され、ケーシング内部で回転する。ケーシングは帯状の摩耗物で内貼りされており、ブレイド先端部とコンプレッサーのケーシング内壁のわずかな隙間を維持している。これにより圧力ロスを減らしつつ、隙間の公差を確保し、摩擦が一定程度におさまる設計になっている。
  5. 事故機AF-27のエンジン内部ではブレイドが設計想定以上に摩擦をおこし、過熱したうえブレイド内部で微細亀裂が発生していた。そのため疲労不良となり、同部分が「バラバラに」なったことで火災につながったとF-35開発室ボグデン中将は発表した。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目