★★ズムワルト級駆逐艦でレイルガン搭載の可能性が出てきました



レーザー、レイルガン、さらには海水のジェット燃料加工などここのところ海軍の技術開発の話題が多いですが、火薬を使わない発射の仕組みは武器の体系を大きく変える可能性がありますね。これも注目の技術です。ズムワルト級は大幅に建造隻数を減らされ実験艦の性格が強い存在になりそうですが立派な攻撃能力を有しています。太平洋艦隊配属が決まっている一番艦は横須賀にその威容を示すことになるかもしれません。

Navy Considering Railgun for Third Zumwalt Destroyer

By: Sam LaGrone
February 5, 2015 4:13 PM

One of the two electromagnetic railgun prototypes on display aboard the joint high speed vessel USS Millinocket (JHSV 3) in port at Naval Station San Diego, Calif. US Navy Photo
電磁レイルガンの試作品は共用高速艇USSミリノケット(JHSVー3)に搭載されている。US Navy Photo
WASHINGTON, D.C. – ズムワルト級駆逐艦(DDG-1000) に電磁レイルガンを搭載する検討が海軍艦政本部 Naval Sea Systems Command で始まった。

  1. ズムワルト級で設置スペース、電力、冷却が可能かを検討し155ミリBAE製高性能主砲Advanced Gun Systems (AGS) の一基、あるいは二基を撤去することになる。NAVSEAを率いるウィリアム・ヒラリデス中将 Vice Adm. William Hilarides がUSNI Newsに明らかにした。
  2. 搭載は三号艦リンドン・B・ジョンソン Lyndon B. Johnson (DDG-1002)となりそうで、ジェネラル・ダイナミクスのバスアイアンワークスで建造中の同艦は2018年に就役予定だ。ズムワルト(DDG-1000)、マイケル・マンスール (DDG-1001) は工程の関係で検討対象外となった。
  3. 米海軍はレイルガン実証試験を開始しており、これまで砲弾の推進力源だった火薬を不要とし高出力の電磁パルスをレイルの間に走らせることで弾頭を超音速で発射する。
  4. 実証実験はBAEシステムズ製の試作型レイルガンを共用高速艇lミリノキットUSNS Millinocket (JHSV- 3) に搭載し来年より実施する。
ズムワルト級は排水量16,000トンで高出力のロールスロイスMT-30ガスタービン二基と小型ロールスロイスRR450ガスタービン二基を搭載し80メガワットの発電容量があり、従来の米海軍艦艇の規模を上回る。Zumwalt-class guided-missile destroyer DDG 1000 is floated out of dry dock at the General Dynamics Bath Iron Works shipyard on Oct. 28, 2013. US Navy Photo
ズムワルト級誘導ミサイル駆逐艦DDG-1000がジェネラル・ダイナミクスのバスアイアン造船所で乾ドックからでたところ 2013年10月28日撮影US Navy Photo

  1. ズムワルト級は三隻建造され、当初の構想ではAGSにより長距離陸上攻撃弾 Long-Range Land Attack Projectile (LRLAP) を75マイルの有効射程で発射することで海軍による火器支援の不足を補うことにしていた。AGSは2門搭載される。
  2. なお、一号艦ズムワルトは来年就役する。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目