オーストラリア空軍の質的向上効果はイラクで発揮中



By ROBBIN LAIRDon February 03, 2015 at 3:56 PM

米政府は共通の防衛対象で同盟国の貢献に不満を述べることが多い。全く欠如していると指摘する。だが一部同盟国は着実に21世紀の兵器体系に投資をし、21世紀型の脅威に対応しているのも事実だ。
  1. その好例がオーストラリア空軍 (RAAF) で、イラク国内で対ISIS作戦を展開中。本国から中東まで自国給油機により機材を派遣しており、空輸も行っている。21世紀に入ったばかりの段階でRAAF機材は旧式化が目立っていた。大転換はC-17輸送機からはじまった。”
  2. 「南太平洋地域なら12時間以内にオーストラリア国旗を誇示し、24時間以内に再度機材を派遣できる能力が実現した」と在ワシントン大使館の空軍武官ゲーリー・マーティン准将が説明する。「以前は3日ないし4日かかっていたが12時間単位で運用可能になった。戦術空輸から戦略空輸への質的転換だ。C-130では国外に飛ぶのに一日かかり、同じ地点に飛ぶにはもう一日必要だった。C-17ならオーストラリア国内どこからでも貨物を積み込み、国外ヘ飛び、一日以内に戻ってこられる。RAAFおよび政府にとってこの違いは大きい。」
  3. その次に変化を実現した機材がA330MRTT給油機で、同機によりオーストラリア軍の到達範囲や航続時間を伸ばすことができるようになった。
  1. さらにウェッジェテイル高性能航空戦闘統制機材がある。同機は米空軍が導入を断念したE-10と同等と言ってよい機材だ。多用途電子スキャンアレイMulti-Role Electronically Scanned Array (MESA)方式のレーダーを搭載するウェッジテイルはAWACSとは別の存在で、従来の航空戦闘の統制管制概念を変える。
  2. イラクではウェッジェテイルが新記録を樹立し、オーストラリア国防省は以下発表している。
  3. 「E-7Aウェッジテイルが連合軍航空機多数を指揮統制し、ISILへの各国の航空作戦をイラク領空内で実施した。オーストラリア飛行部隊指揮官スティーブ・ロバートン准将が指揮をとった。
  4. 「すでに数時間滞空中だったオーストラリ空軍ウェッジェテイル機の乗員に多国籍軍機材の到着が遅れると知らされていた。ロバートン准将はただちに判断し空中給油させ滞空時間延長を決めた
  5. 「ウェッジテイルとKC-30Aはイラクで始めて作戦投入された。両機によりオーストラリア軍はイラク空爆を一貫シて実施でき、連合各国と密接に協調行動できたのである。
  6. 「RAAF機材をオーストラリアからイラクまで移動する長距離航程を短時間で自国だけで実現できたことが大きい。KC-30AとC-17があってこそ可能であった」
  7. 1月半ば時点でKC-30A各機が10百万ポンド超の燃料をオーストラリア軍のほか連合国機に空中給油している。戦闘拡大で各機の給油対象も拡大し米国、フランス、英国、カナダ、サウジアラビアの各国機が対象になっている。
  8. 「米海軍はKC-30Aの自動空中給油(AAR)を見て尻込みしていたが、昨年秋にNAVAIR関係者がオーストラリアにやってきてF-18で給油を実験したところ、結果良好と判明し、現在は米海軍機にもKC-30から相当の量を給油している」(オーストラリア空軍マクドナルド准将)
  9. ウェッジテイルとKC-30Aに加え、数年すればF-35が加わる。この機材導入は空軍参謀総長がジェリコプランと呼び、RAAFはさらに共同作戦、同盟国支援に向けて変貌を遂げることになる。
  10. 新型機の相次ぐ導入でRAAFは各国の中でも最新機材をそろえることになる。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目