★インドから日本へ潜水艦事業への参加要請が入ったとの報道



インドから気になるニュースが入ってきました。日本にとっては嬉しい悲鳴が聞こえそうですが、インドでどんなことが報じられているのか、ジェーンのサイトからみてみましょう。

India asks Japan to offer Soryu subs for Project 75I requirement

Rahul Bedi, New Delhi - IHS Jane's Defence Weekly
29 January 2015
India has asked Japan to offer its Soryu class for its Project 75I submarine requirement. Source: Japanese Ministry of Defen
インドが総額INR5,000億(81億ドル)のインド海軍 プロジェクト75I (India) 事業に日本の参加を求めている。計画では6隻を調達し、対地攻撃能力を備え、AIP(大気非依存型推進力)を装備するという。
関係者によればインドは日本政府にプロジェクト75I参加の検討要請を送付済みで、、そうりゅう級潜水艦(4,200トン)の想定だという。そうりゅう級はオーストラリア海軍も導入を検討中だ。
プロジェクト75Iに日本を巻き込むことはナヘンドラ・モディ首相による日本との戦略枠組み強化の一環として防衛協力の強化が狙いだ。さらに米、豪含め四カ国間の海軍関係の樹立も視野に入れる。

プロジェクト75I入札開始は7年近く遅れていたが、昨年10月にインド国防省が承認しており、今年後半に実施の運びとなった。インド海軍は現在潜水艦11隻を運用中だが、定数を13隻下回っている。
プロジェクト75Iはライセンス方式で潜水艦を国内建造する構想で、交渉対象としてDCNS(フランス)、TKMSの子会社HDW (ドイツ)、ナヴアンシア Navantia (スペイン)、ロソンボロンエキスートRosonboronexport (ロシア)を想定していた。
A. V. スベダール中将の海軍委員会で国内造船所7箇所で潜水艦建造能力の審査を行っている。この結果は2月に国防省へ提出され、選定造船所とインド海軍認可の海外潜水艦メーカー数社が2016年想定の公試を許され、その結果から2018年に絞り込まれる。
その後価格交渉に入り、プロジェクト75Iの一号艦は2025年から27年に就役するとインド海軍は見ている。
これとは別にインドは新明和US-2i水陸両用捜索救難飛行艇12機の調達も日本と交渉中で総額16.5億ドルといわれる商談は、2016年早々に成立しそうだ。
インドは日本技術の導入で自国防衛産業基盤を強化スべく、日本を巻き込もうとしている。また日本との二国間関係を広げて中国の軍事力を背景とした南シナ海、インド洋地域(IOR)への進出に対抗しようとしている。
両国とも中国とは未解決の領土問題を抱え、米国もインド、日本、オーストラリアとの防衛協力の増進を求めており、中国への懸念で各国に共通したものがある。
バラク・オバマ大統領の訪印時に共同発表された「アジア太平洋及びインド洋における合同戦略ビジョン」が想定する四カ国間の国防産業協力関係はインド原案に近いものだが、実現すれば戦略的な協力関係が強化されよう。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目