★海上自衛隊は南シナ海を視野に入れることになるのか 中谷防衛相発言



このニュースは国内では否定的な発言と受け止められかねないトーンで報道されていましたが、USNI Newsではいかにも思わせぶりな感じになっていますね。第7艦隊司令官とも意思疎通があったのではないかと思われますがいかがでしょう。

Defense Minister Nakatani: South China Sea Has An Affect on Japanese Security

By: Sam LaGrone
February 5, 2015 12:45 PMUpdated: February 5, 2015 3:22 PM


中谷元防衛大臣が南シナ海での緊張増大は日本の安全保障に直結すると発言した。

  1. 防衛相は現時点で直ちに東シナ海で海上自衛隊が実施中の警戒活動と同等のパトロールを行う計画はないとしつつ、変更はありうると示した。
  2. 「現時点では同海域の監視活動は実施しておらず、その予定もないが、米国との防衛協力を深化させる中で南シナ海の状況がわが国の安全保障にも影響を与えつつあり、わが国としても対応を検討する必要が出るだろう」
  3. 防衛相発言は米第七艦隊司令官から日本が南シナ海を警戒対象に加えれば地域内安定につながると数日前に発言したのを受けた形だ。
  4. 自国の主権が及ぶと理解する南シナ海へ日本の活動が拡大することへ中国からは早速反感が表明されている。
  5. 「この地域外の各国は地域内各国が平和と安定を維持する努力を尊重すべきだ」と中国外務省報道官 華春瑩 Hua Chunying が発言した。
  6. 中谷防衛相は今年はじめにも中国人民解放軍による「危険行動」が東シナ海で行われた事例を避難する発言で中国をいらつかせている。防衛相は射撃管制レーダーを海上自衛隊艦艇にロックしたこと、領海侵犯、自衛隊機への急接近を例としてあげたが、中国側は全部否定している。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目