F-5近代化で十分な国への対応を考える

                             

RUAG Eyes F-5 Upgrades

aviationwek.com Nov 3, 2011

「ラ イフコスト」の概念が生まれたのは55年ほど前にノースロップのエンジニアだったウェルコ・ガシッチWelko Gasichが以前に勤務していたランド研究所から発想を拝借してのことだった。当時戦闘機は毎年のように新型が登場するたびに外寸と価格が上昇してお り、米国の同盟国の各空軍はF-86セイバーでジェット時代に入っていたが、マッハ2の全重量15トンの戦闘機は高嶺の花だった。
  1. そ こでガシッチのチームは最小限の装備として機銃2基、ミサイル2発を搭載する戦闘機にもともとはマクダネルのクェイルおとりミサイル用にジェネラルエレク トリックが設計した高性能ジェットエンジンを双発にしてまとめあげた。素材と設計は先進的にしたが、完成したのは簡素でモジュール式の機体構造だった。
  2. 各 国空軍は同機を無視したが、米空軍はマッハ2級機で墜落するパイロットの増加に気づいており、高性能訓練機のニーズがあった。そこでノースロップT-38 が就役すルト米空軍はその時点自重25トンの1960年代の戦闘機を購入できる外国空軍の数の少なさに気づき、同社から単座F-5を軍事援助プログラムで 発注したのだ。
  3. ガシッチはその後ノースロップの主任設計技師になる。だがF-5はそれよりも長い就役期間につき、現在も使用中の国もある。
  4. RUAGエイビエーションRUAG Aviationはスイス空軍のF-5E/Fフリートの保守点検にあたっているが、世界規模ではここ数年で作戦可能なF-5の機数が増加しているという。 同社はスイス国防省向けに代替策の検討を行い、新型機(ラファール、タイフーン、グリペンのいずれか)の停止とF-5改修の間で今後数十年間にわたる運用期間延長の 比較検討を行った。
  5. RUAG はこの成果をばねに世界規模でのF-5ビジネス拡大につなげようとしており、世界各国のF-5E/FでJ85-GE-21エンジン搭載機多数の保守点検を 行う予定だ。またそれ以前の旧型も大将に加えようとしている。同社はエイビオニクス総合会社(例としてブラジルのF-5E改修に参画したエルビット社)や システム装備メーカーとチームを組む予定だ。
  6. RUAGが提供するのは同機のエンジン、機体、システムやソフトウェアの保守点検に加え、スイスの経験知識だ。
  7. F- 5の長期間にわたる供用の理由はRUAG社やスイス空軍の施設を見ればあきらかだ。補修工場ではF-5Eの水平尾翼含む後部がボルト4本と小さなアクセス パネルを開くことで取り外されていた。そして取り外された部分は手動の台車に乗っている。エンジンは天井設置のレールから吊るされている。
  8. スイス空軍のF-5は曲技飛行に使用され、パイロットは通常はF/A-18ホーネットを操縦する現役パイロットや予備役パイロットが務める。これだけでF-5が操縦しやすい機体であることがわかる。そこでRUAG社はF-5を戦闘機導入訓練に使う可能性を提案する。
  9. ただしF-5は純粋な戦闘機であり、超音速飛行が可能、アフターバーナーで上昇性能、加速性能は優れている。「同機とのドッグファイトは考えたくない」と話すパイロットもいるくらいだ。
  10. スイス空軍の第一の任務は本土防衛であり、F-5の欠点はエイビオニクス能力だ。レーダーは1972年製でヘッドアップディスプレイもない。今後の改修での対象となり、オートパイロットも搭載されるだろう。また全天候運用能力の付与も望まれるところだ。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目