☆ 米空軍の主力機が大型機に統一される日が来る?



第六世代戦闘機の開発に乗り出そうというところで、冷水をかけるような報告書ですが、大きなインパクトが出そうです。戦闘機命のヒエラルキーに支配された空軍の成り立ちが変わってしまうかもしれませんが、やはり価値観の違いを理由に黙殺されてしまうのでしょうか。なお報告書の著者は米空軍出身(ただし戦闘機パイロットではない)でRAND研究所でも仕事をしていた人とのことです。


Should Future Fighter Be Like A Bomber? Groundbreaking CSBA Study

By COLIN CLARK on April 08, 2015 at 3:46 PM

WASHINGTON: 米空軍の次世代主力機は小型戦闘機ではなくステルス長距離爆撃機に近い機体になるかもしれない。
  1. これは予算戦略評価センター Center for Budgetary and Strategic Assessmentsがこのたび発表する報告書 TRENDS IN AIR-TO-AIR COMBAT: IMPLICATIONS FOR FUTURE AIR SUPERIORITYの結論部分であり、このたびBreaking Defenseは同センターとは無関係の筋から写しを入手した。
  2. 報告書の主な所見は以下のとおり。「包括的結論として電子センサー、通信、誘導兵器で相当な技術進歩が過去数十年で発生しているので航空戦闘の形態がすでに根本的に変化している可能性があることへ注意喚起する」
  3. 上記結語は報告作成者ジョン・スティリオン John Stillion が世界各地で1965年以降の「1,450件以上の勝利実績」を集めたデータベースを精査して得たものだ。
  4. スティリオンの研究では敵機を探知、待ちぶせ、攻撃し、かつ防空体制をスピードと操縦性で出し抜く航空機の製造は、航続距離、速度、性能それぞれ物理的な限界に近づいているという。
  5. 「電子センサーに加え、物理的な痕跡の削減、RF(電波)・IR(赤外線)対抗装置の重要度が高くなっていること、絶対有利なSA(状況認識)を可能とするLOS(見通し線)内のネットワーク構築も同様に重要になる中で、高速飛行性能や操縦性の戦術価値が減っていくと大型戦闘航空機の生存性が高くなり、場合によっては従来の戦闘機よりも優れた特性を示す可能性がある」とまとめている。
  6. 言い換えれば、ミサイルに対して優越性を発揮できる戦闘機は少なく、ステルスや電子戦の助けがあってもこれは覆させられないということだ。
  7. 一方で1965年以降の航空戦闘データベースからは長距離ミサイルの台頭の一方、ドッグファイトが急速に減っていることがわかる。1991年の湾岸戦争で米軍が撃墜した33機で操縦性がかぎになったのは4件のみだ。その25年後に長距離探知センサーとミサイルの性能は向上の一途で、これまで重要視されてきた飛行速度、推力重量比、旋回半径は今や重要性を失っており、将来はさらに失うだろう。
  8. そこで報告書の結論では速度があっても将来の機体を救えない。なぜなら高速になればエンジン排熱も大きくなり、前縁部など機体表面が発する余熱も大きくなる。すると将来は赤外線探知追跡装置(IRST)への依存が高まるだろう。なぜならデジタル式無線周波数メモリーDigital Radio Frequency Memory (DRFM) を使うジャマーにより捜索レーダーが妨害されると敵は熱源をIRSTセンサーで捜索し、高速で飛行する機体ほど探知が容易になる。
  9. この考察は第六世代機といわれる次世代戦闘機開発を目指すペンタゴンにどんな意味があるのだろうか。
  10. スティリオンによればペンタゴンには従来の戦闘機の概念から「過激なまでの」脱却が必要で、センサー性能をさらに引き上げ、物理的な痕跡を制御し、ネットワーク化で優秀なSAを実現しつつ、超長距離兵器で敵に発見される前に交戦する機体を模索すべきだという。
  11. 「2035年以降に制空権を確保するためには広範かつ客観的にしかも想像力豊かに考える必要がある。現在の機体を発展させるよりも常識にとらわれない形状の機体をめざすことになるかもしれないし、ならないかもしれない。大事なのは評価を客観的に行うこと」と報告書作成者は記者に電子メールで伝えてきた。
  12. ペンタゴンは国防優勢確保構想Defense Dominance Initiative および関連した航空機性能革新構想Air Innovation Initiative(DARPAが主導)により次期主力戦闘機F-X及び搭載エンジンの開発を行う。スティリオンの研究内容はDARPAおよびフランク・ケンドール(ペンタゴンで調達部門を統括)が目を通すはずでどんな実験が必要か検討するはずだ。
  13. 報告書を読んだ業界筋は「スティリオンは良い指摘をしている。戦略の見直しが必要だ。第六世代機ではスーパーF-22を作ってどうするのか。F-22よりわずかに性能が向上してもコストは莫大だろう。太平洋での作戦範囲を考えると航続距離は短い。であれば逆に大型機に焦点を合わせたほうがいいのではないか」
  14. 大型機なら大きな開口部(レーダー、赤外線)で遠距離から敵を探知できるし、大型ミサイルを搭載して敵を事前に攻撃できる。
  15. 「一番説得力があると思ったのは」と業界筋は話した。「将来の米空軍の攻撃力となる大型機、長距離機、大ペイロードでステルスの機体一種類を開発すべきという点だね。機体を共通化すればミッションに応じてペイロードを変更できる」
  16. この業界筋は機体を一種類にすれば攻撃型、空対空ミサイル運用型、核運用型、制空権確保用に指向性エネルギー兵器を搭載した型、早期警戒用機材、地上監視ミッション用機材と必要に応じて準備できる。
  17. これをつきつめると将来の米空軍は400機を「中核機材」として兵力投射用に整備すれば十分、と上記業界筋は言う。
  18. 「新型機の一部は無人機にし滞空性能を更に伸ばす。この機体を「戦機」 “Battleplane”と呼んでもいいかもしれない。これはジュリオ・ドゥーエが1920年代に夢見ていた機体だ。 大陸間横断飛行ができる飛行距離があれば地球上どこでも攻撃可能となり、同時に制空権も確保できる。敵に近い基地防衛のため何百機もの短距離戦闘機を配備する必要はなくなる。大型機は遠隔基地から運用し、機種統一で兵站面、開発・調達、人員配置の各要素でどれだけの節減になるだろうか」と同上業界筋は見る。
  19. 賢明な方なら長距離打撃爆撃機 (LRSB)事業の選定業者がこの報告書が想定する新型機製造に一番近い位置にあることに気づくはずである。長距離性能と大きな兵装運用能力が鍵だ。ただこれで確定ではなく、多分、という意味だが。
  20. ではペンタゴンがこれまで75年の道のりを大胆に捨てて新しい方向に行く可能性がどれだけあるだろうか。
  21. 「歴史を見れば、可能性はない」と同上業界筋は言う。「空軍上層部は基本的に戦闘機パイロット出身者で『爆撃機』を制空権確立ミッションに使うと言ったらどんな反応を示すでしょうか」
  22. 構想の実現にはペンタゴン上層部および空軍内部の価値観を変える必要がある。ただし予算が枯渇し、ロシアや中国が台頭し強引さを強めれば、将来構想を真剣に考える条件が整う。
  23. この報告書は今後長きに渡り引用元になり、貴重な成果が含まれており、当時のペンタゴンに変革に踏み出す勇気があったのか思い返す材料になろう。航空戦闘の意味を理解したいのであれば本報告書は必読だ。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目