訪日直前、カーター国防長官が見る太平洋への展望



カーター長官が日本、韓国をまず訪問することの意義を考えたいですね。なんといっても日本と韓国がきくしゃくすることは防衛体制上マイナスなので中を取り持ちたいということでしょうか。またTPPにも言及し、経済も含めた統合的な国力を視野に入れていることがわかります。カーター長官自身は技術の意味を理解できる人のようなので今後が期待できます。

SecDef Carter Reasserts US Pacific Vision

By Aaron Mehta 4:02 p.m. EDT April 6, 2015


Carter speaks at State(Photo: US Department of Defense)

WASHINGTON — アラビア湾岸地区や欧州で現実的な課題が残っているが、それでも太平洋がアメリカの未来を決める場所とアシュトン・カーター国防長官が6日に述べた。
  1. アジア太平洋地区に焦点をあわせた初の政策演説でカーター長官は昨年の中東湾岸地区、欧州での出来事があったがアジアに軸足を移す政策自体に変更はないとアリゾナ州立大に集まった聴衆に述べ、太平洋再重視は長官が直接監督する課題と語った。
  2. カーターはさらに将来の安全保障に影響を与える「場所と出来事を考える」のが課題とし、将来の中心地は太平洋との見方を示した。
  3. 長官の発言は就任後初の太平洋地区歴訪に出発する前のタイミングで出たもの。
  4. 4月8日-9日は日本、その後韓国を2日間訪問する。最後にの米太平洋軍司令部(ホノルル)を4月11日訪問する。
  5. 今回の演説はカーターが太平洋の戦略的課題にペンタゴンを取り組ませるロードマップを示した。
  6. その中には新技術の重視が含まれ、長距離打撃爆撃機や新型対艦巡航ミサイルの開発が典型例となる。両事業ともアジアの地理的条件を考慮し長距離の有効範囲を実現する。また現時点の技術ではF-35共用打撃戦闘機を順調に本格生産することが課題だ。
  7. しかしながらカーターがより重視するのは各国との関係だ。アジア各地で「奇跡のような迅速な発展」が見られたのは「米国の一環したプレゼンスと対米関係」によるものとカーターは説明し、今後も関係維持を図ることが各国歴訪の主要メッセージになるだろう。
  8. 日本との新ガイドラインの準備が進んでおり、協力関係は「全く新しい段階に」入るとカーターは発言し、外遊中は日、米、韓の三カ国情報共有の段取りをつけたいとする。両国とも米国と長く同盟関係にあるが、カーターはあわせてベトナムにも言及し、駐米大使ファン・クアン・ヴィンが聴衆の一人であることを意識していた。
  9. カーターは環太平洋パートナーシップ(TPP)と呼ばれる通商協定にも言及している。TPPを妥結させることは空母建造予算の獲得と同等に「重要」だとし、各国との財政金融上のつながりは「米国の強みを維持する重要な要素であり、我が国の戦略的な影響力のしるし」と表現した。
  10. 長官はあわせて中国との協議にについてはとりあえず積極的に臨むとし、「米国と中国に同盟関係はないが敵対する理由もない」とした。「中国が勝てば、我が国の負け、というゼロサム思考は受け入れられない」とカーターは発言。「双方が勝利できる別のシナリオがある」■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目