新型中国商級原子力潜水艦は要注意 特殊作戦部隊用小型潜航艇を搭載



中国の特殊部隊が想定する任務がNavy Sealと同様とは思えませんが、ハードウェアが整備されているということはミッション想定があり、訓練も進んでいることを意味します。今後の選択肢として小規模のエリート部隊による強襲、撤収が加われば中国海軍=党も活用範囲が広がりますね。近隣諸国の我々には歓迎できないことですが。

New Chinese Nuclear Sub Design Includes Special Operations Mini-Sub

March 25, 2015 6:11 PM
A Computer generated image of a Type-93T or Shang-class nuclear attack submarine タイプ93-T 商級原子力攻撃潜水艦の想像図

最新鋭の中国原子力潜水艦はミニ潜航艇を搭載し、特殊部隊(SOF)運用が前提のようだ。
.
  1. この艦はタイプ93T 商級 ShangでSOF用潜航艇の収納場所が特徴だ。3月17日付けの国営参考消息 Reference NewsではSEAL運用の米海軍潜水艦と同等としている。.
  2. 火曜日には Jane’s Defence Weekly が英語版ではじめて報道しているが、参考消息は米海軍のSEAL運搬移動機SEAL Delivery Vehicles (SDV)用とは異なり、商級潜水艦改良型の格納容器は潜航艇の船体3分の2を格納すると説明。
  3. 「そのためSDVへの移送は潜水艦が潜行中は容易ではない。特殊部隊要員は潜水艦へはヘリコプターで移動しているのが写真でわかる」とJane'sは報道している。
A U.S. Navy Seal Delivery Vehicle onboard Los Angeles-class attack submarine USS Dallas. US Navy Photoロサンジェルス級攻撃潜水艦USSダラス艦上に搭載されたNavy Seal移送機. US Navy Photo

  1. 今回の中国報道で運搬艇の説明は、これまでの中国の艦船設計の特徴と共通している、と U.S. Naval Institute’s Combat Fleets of the World 編者エリック・ワーサイムは説明している。「中国は西側の艦船設計を参考にしつつ我が方の潜水艦活用方法を研究し、自国の運用を実現している」とUSNI Newsに語っている。
  2. 人民解放軍海軍(PLAN)の誘導ミサイル駆逐艦(DDG)は驚くほど西側のDDGに類似している。SOF運用能力はともかく、商級改良型の出現でともすれば秘密のベールに隠れがちな中国の潜水艦建造に光が照らされる格好だ。
  3. 商級一号艦が進水したのは2002年だったが、翌年の二号艦進水のあと中国は一旦建造を中断していることが2014年に海軍情報局による中国艦船建造状況の評価報告で示されている。
  4. 「ほぼ10年が経過して中国は商級の改良型4隻の建造を開始し、その一号艦は2012年に進水している」と同上報告書は記述している。旧型のタイプ91漢級の後継艦の位置づけだが、原子炉の静粛化に手こずり改良型の開発が中断したとの報道が広く流布している。.
  5. 格納スペース以外に画像からは艦体側面にソナー格納部分と思われるものが4点あり、曳航式ソナーの取り付け装置も見られるとJane'sは分析している。
  6. 中国潜水艦部隊の能力が向上して作戦海域が本国海域から広がるのは近隣各国にとって気の休まる話ではない。
  7. イ商級SSN1隻がインド沿岸付近を昨年12月から2月にかけてパトロールしていた事実にンド海軍が憂慮しているとの報道が3月24日付のThe Telegraphに掲載されている。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目