速報>イランがマーシャル諸島貨物船を拿捕、ホルムズ海峡リスク高まる


イランは外交上のゲームをするつもりなのでしょうか。民間貨物船の拿捕というのは久しぶりです。これでホルムズ海峡リスクが一挙に高まりそうですが、米海軍がどう対応するかが鍵となるでしょう。しばらく目が離せません。集団安全保障の議論の中で、ホルムズ海峡がなぜ日本の安全保障に関係あるのかとトンチンカンな発言をしている政治家がいましたね。

  Iran Intercepted US-Flagged Ship

By Joe Gould, Staff writer2:11 p.m. EDT April 29, 2015
WASHINGTON — イランがマーシャル諸島共和国船籍の貨物船を拿捕したが、イラン海軍艦艇による米船籍民間船舶への妨害は以前にも発生していたとペンタゴンが認め、イランと米国の間で緊張が高まっている。
  1. 米海軍駆逐艦ファラガットおよび警備艇3隻は29日も引き続きマーシャル諸島船籍のマースク・チグリスMaersk Tigrisの監視を続けている。同船は前日に発砲を受け、船内に乗り込まれた後に拿捕された。同船はホルムズ海峡のララク島Larak Island沖に停泊したままになっている。
  2. ペンタゴン報道官スティーブン・ウォーレン大佐Col. Steven Warrenは米海軍艦艇が「すべてに監視の目を光らせている」と語り、「対応が必要な場合に行動できるよう近居場所に配置してある」という。
  3. ファラガットとともにサイクロン級の沿岸警備艦サンダーボルト、ファイヤーボルト、タイフーンの三隻(バーハーレン配備)が展開中。チグリスの救難信号が28日に発信された時点で、米艦艇は海上安全確保作戦に従事しており、状況を傍受していた。
The coastal patrol boat Firebolt.沿岸警備艇ファイヤーボル (Photo: William H. Clark/Navy)
  1. 米軍は各艦以外に、偵察監視機を上空に飛行させているほか、「保護が必要となった場合、ファラガットは任務実施の準備ができている」(ウォーレン大佐)
  2. チグリスは現在イラン領海内にあるが、米国の対応は不明だ。ウォーレン大佐によれば米政府はマーシャル諸島共和国政府と協議中で、米国は同国の防衛に条約上の責任を有している。責任範囲にマーシャル諸島船籍船舶も含むとウォーレン大佐は説明。
  3. しかるべき対応とは「大統領の決断になるのは明らかで、条約の内容を具体的に検討しておく必要があるが、行動が必要となった場合は米国が裁量を有するとの条項があると理解している」(ウォーレン大佐)
  4. 国防総省はイランと連絡をしておらず、イランの意図は不明とウォーレン大佐は述べた。
  5. 「イランの行動の背景理由は理解困難。航行の自由など国際的に認められた海洋法を尊重するように注意喚起するのは当然のことで、イランも署名国であり、その他の既存プロトコールの順守を求めていく」(ウォーレン大佐)
  6. マースク社から29日に声明文が発表され、チグリスは定期用船契約船舶でリックマースグループRickmers Groupからマースクが借り上げているとのこと。「なによりも船員の安全と健康が最大の懸念事項」とマースク広報ティモシー・シンプソンTimothy Simpsonが述べている。「リックマースと連絡を密にし情報を得る一方、状況の打開方法を探っています。またデンマーク政府外務省とも協議中です」
  7. ウォーレン大佐は4月24日にイラン革命防衛隊海軍Iranian Revolutionary Guard Corps Navy のパトロール艇4隻が米船籍コンテナー船マースク・ケンジントン Maersk Kensingtonに嫌がらせをしていた事実を認めた。イラン側舟艇は後方から接近し15分から20分にわたり追尾し、「ケンジントン乗員は敵対行為と解釈した」という。
  8. マースク社によれば事件発生地点はドバイ北北西30カイリで、イラン舟艇とケンジントンの間に無線交信はなかった。ケンジントンはアラブ首長国連邦ジェベル・アリからジャワハラル・ネール港(インド)へ向かっていた。
  9. 「イランはホルムズ海峡で二隻の民間船に嫌がらせをし、しかも4、5日の間に発生している。貨物船舶が同海峡を通過する際にはリスクを覚悟せざるを得ない状況になっている」(ウォーレン大佐)
  10. ただしウォーレン大佐はマースク・ケンジントンが海軍海上輸送司令部の傭船契約にあったのか、軍事貨物を搭載していたのか言及していない。チグリスについても同様で、ウォーレン大佐は事実を把握していないと述べるにとどまっている。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目