次世代戦闘機も有人機で考える米空軍の思考方向性は全無人機化めざす海軍と対照的に


無人機とくに自律飛行可能な無人機は有人機の代替となりうるのか。空軍は否定的です。一方、海軍は無人機をどんどん拡充する考えですが、対空戦闘は友人パイロットの世界と考えていることがわかります。ただし、ドッグファイトの機会はどんどん減っているのですが。議論が今後もひらがりそうですが、その間に技術はどんどん進歩していきます。現実的な議論が必要ですね。

Manned aircraft needed for future Air Force, as Navy moves unmanned

By Brian Everstine, Staff writer1:32 p.m. EDT April 22, 2015
攻撃用機材の全無人化をめざす米海軍には追随せず、将来も攻撃機材にはパイロットが必要と米空軍は考えている。
  1. 空軍でも遠隔操縦機さらに完全自律飛行可能な機材の重要性が増えるが、戦闘機パイロットを代替するものではない空軍参謀総長マーク・ウォルシュ大将がワシントンDCで4月22日語った。
  2. 発言は海軍長官レイ・メイバスからF-35Cが「海軍省が購入する最後の有人戦闘攻撃機になるのは間違いない」との声明が先週出たことを受けている。メイバスはドッグファイトに有人パイロットが必要でも攻撃ミッションには無人機で十分だとの考えだ。
  3. 海軍は無人機システム開発のピッチをすすめており、無人機担当部署に加え無人機を専門に見る次官補ポストを新設したばかりだ。
  4. 空軍が考える無人機の活躍分野に長距離飛行や長時間監視任務があるが、「パイロットの身体的限界は心配していない」とウォルシュは語る。RQ-4グローバルホークの活動範囲を広げる一方で、MQ-9リーパーの調達数を増やし、有人機のU-28AやMC-12リバティ監視偵察機を手放す検討中だ。
  5. 次世代ステルス爆撃機でも有人操縦は選択的になるはずだが、開発段階ではコックピットにパイロットが座る。
  6. ただしF-35は空軍にとって最後の有人戦闘機にはならないとウォルシュ大将は明言した。「空軍には一定の種類の機材が必要であり、なかでも有人機の有益度が一番高い」
  7. ウォルシュはパイロットの頭脳をセンサーと考え戦闘状況で極めて重要で無人機で替えることはできないという。
  8. 空軍は未来の戦闘機像を検討すべく次世代制空戦闘機事業 Next-Generation Air Dominance Programを立ち上げており、2030年代の航空戦の想定で、どの技術をどこまで進めるかを示すロードマップを作成する。
  9. 将来の無人機をめぐる見解の相違が空軍と海軍で表面化している。海軍作戦部長ジョナサン・グリナート大将はワシントンで2月4日にステルスは「過大評価気味」だと述べている。
  10. 「次期戦闘攻撃機が有人機になるか確信が持てない。ステルスが過大評価されているのはご存知のとおりだ。現実に高速飛行すれば大気分子が乱れ、熱発生も起こる。エンジンがどこまで冷却化できるかわからない探知は可能なのだ」
  11. 一方、空軍では戦闘部隊の司令官たちは将来の空軍戦闘機ステルスが「とても大切」な要素と同様に発言しており、機内に各種センサー、指揮統制機能を搭載することも重要だとしている。
  12. 「ステルス性はすばらしいが、ステルス以上のものもある」と航空戦闘軍団司令官ホーク・カーライル大将も2月に発言している。「融合機能がある。その他各種の性能がある。これもとても重要だ。ステルスだけが中心機能ではないし、今でもそうなっている」■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目