アフガニスタン>F-16ブラックウィドウ部隊は常時近接航空支援を提供している

アフガニスタンでは米軍が何をしているのかほとんど知られていませんが、依然として空軍力が大きな存在になっているようです。F-16が使い勝手が良いようですね。

「Defense News」の画像検索結果

Black Widows fight 24/7 air war in Afghanistan

By Jeff Schogol, Staff writer 11:39 a.m. EST December 5, 2015


635848229289002080-Black-Widows-2.JPG
(Photo: Air Force)


国民の関心がイスラム国への戦闘に集まる中、米軍はアフガニスタンで依然として猛攻を実施している。

  1. 第421遠征戦闘機飛行隊所属のF-16がアフガニスタンで近接航空支援を米軍、アフガニスタン軍部隊に提供していると同隊指揮官マイケル・メイヤー中佐が述べている。
  2. ユタ州ヒル空軍基地から展開するF-16各機は毎日24時間空中にあり、地上の米軍・アフガニスタン軍に山の向こうに何があるかを知らせるとともにゲリラに空爆を与えているとメイヤー中佐がAir Force Timesに語っている。
  3. 先月は米軍・アフガニスタン軍の隊列が攻撃を受けてF-16が2機支援に呼ばれたという。
  4. 「地上部隊は優勢な火力を浴びていた。こちらの戦闘機隊はすばらしい仕事をしてくれた。単なる力の誇示からエスカレートして事態の修復に努め、爆撃し、敵を無力化した」
  5. アフガニスタンでの米軍の主な任務は訓練、助言、支援をアフガニスタン軍・警察部隊に提供することにある。ただし米軍が現地治安部隊と組んで現場に行くことはよくあるとメイヤー中佐は述べた。その場合は近接航空支援の必要があるという。
  6. 一方で米空軍のアフガニスタン任務にはテロ集団を標的とすることがあり、アルカイダは依然としてアフガニスタン国内のみならず米国にとっても脅威だとメイヤー中佐は述べたが、具体的な作戦については言及しなかった。「対テロ作戦に関与しており、今後も必要に応じてミッションを支援していくとだけ言っておきましょう」
  7. タリバンはじめ各反抗勢力に空軍部隊はないが、米軍機に対する脅威はありうると中佐は語った。
  8. 「対象空域は『脅威が存在しない環境』ではあるのですが、旧式な武器でもうまく命中すれば大きな問題となりますので、そん名事態の発生を防いています」
  9. 10月3日にはAC-130ガンシップの乗員から地対空ミサイルの発射を受けたと報告があった。在アフガニスタン米関係者はタリバンが携行型対空ミサイルを所持してるかは断言していない。.
  10. メイヤー中佐は配下のパイロットは「いつも警戒を怠っていない」と携行型ミサイルに注意していると述べた。「この種類の脅威について訓練をしており、準備は怠っていない」
  11. F-16パイロットにとって別の脅威はアフガニスタンの地形であり、悪天候下の条件では飛行が危険になるという。
  12. 「飛行実施では難易度が高い場所です」とし、「山地は見る分にはきれいですが、パイロットは肝を冷やす場合があります」
  13. 同飛行隊のルーツが第二次大戦までさかのぼり、当時はP-61ブラックウィドウを運用していた。初の夜間専用戦闘機だ。
  14. 「初のブラックウィドウ飛行隊として大きな誇りがあります。当地でもこれを守り、24/7で常時飛行しています。夜間飛行も頻度が高く、昼間と同様の仕事をしています。他機種が天候条件で飛行できなくても、当飛行隊は空にあり、必要な任務を遂行する力を発揮しています」■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目