★F-35>2015年の納入実績は合計45機に終わる



自画自賛で締めくくりとしたロッキード・マーティンですが未だに第一線に配備可能な機体は一機もない状態が続いています。巨大プロジェクトすぎてつぶせない、と腫れ物に触る状態になっていくのではないですかね。データ融合という機能を早く見たいものです。一方で日本で組み立て作業が始まっていますが国内でこっそりとしか報道されていないのはどういうことなのでしょうか。

Lockheed Martin Delivers 45 F-35s in 2015

By Lara Seligman 3:11 p.m. EST December 21, 2015

Checkered Flag 16-1
(Photo: Senior Airman Solomon Cook / US Air Force)

WASHINGTON —2015年のロッキード・マーティンは米国他各国向けにF-35を合計45機納入し、年間目標を達成した。
  1. 「これまでで最大の機数のF-35を納入したことは当社の事業が軌道に乗り、安定していることの現れです」とロレイン・マーティン(ロッキード・マーティン、F-35事業管理者)が声明文で述べている。「45機納入を達成した政府・産業界のチームワークに謝意を送りたい」
  2. 45機のうちF-35Aは米空軍向け26機、ノルウェー空軍(2機)、イタリア空軍(1機)、F-35Bが米海兵隊向け8機で米海軍向けF-35Cが8機あった。
  3. F-35の年間生産数は昨年比で25%増加していると共同事業管理室がまとめている。同室室長クリス・ボグデン中将はロッキードは更に増産し、今後数年間にわたりペンタゴン向けだけで毎年120機を生産すると発言している。
  4. 増産はさらにつづき、2019年末時点でJPO試算では世界中で493機が第一線に配備されているはずだという。現在は126機。今後四年間でJPOは世界17箇所に同機が配備され、そのうち半数以上が米国外だという。
  5. これまでのロッキードの納入合計は154機だという。
  6. 「機体生産の目標達成は大事な一歩で事業が増産に向かおうとしているあらわれです」とボグデン中将は述べた。「世界各地で事業に関わる数千人もの関係者は今回の目標達成を誇りにしてよい」■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目