★日本への追加空母配備案に重鎮マケイン議員も検討の価値ありと認める



CSBAが意外に大きな影響力を持っていることがわかります。追加配備するなら横須賀が最右翼というのが分析内容ですが、実現すれば大きく西太平洋の戦力配備の地図が変わりますね。当然、国内はもとより近隣国から相当の妨害が発生しそうですが。Hard Lookとは否定的ではなく綿密に調べる厳しい目を向けるという意味ですね。


McCain Taking ‘Hard Look’ at Forward Deploying Second U.S. Aircraft Carrier to Western Pacific

By: Sam LaGrone
December 7, 2015 12:12 PM

WASHINGTON, D.C. – 上院軍事委員会(SASC)は西太平洋に米空母二隻目を配備する案を「綿密に調べる」と同委員会委員長が述べた。
  1. 「海軍部隊が実効性を上げれる配置になっているか再検討すべきだ」とジョン・マケイン上院議員(共、アリゾナ)が米海軍協会主催の国防フォーラム・ワシントンで聴衆の前で発言した。
  2. 「最近になり前方配備空母や揚陸強襲部隊、または大型戦闘艦の追加を提案する研究内容が発表されたが、詳しく検討すべき内容だ。提案の背景には海外プレゼンスを引き上げて、抑止力、即応力を引き上げたいとの考えがある」
  3. 西太平洋に二隻目の空母を配備する案は以前から提唱されており、先月公表された報告書が海軍・海兵隊のグローバルな責任能力の実施を制約してきた近年の条件を分析して、提言の中心として再浮上している。
  4. 作戦テンポが高くなっており海軍は空母各艦の整備点検が追いつかず空母が不足する事態が発生している。
  5. 「空母戦力の不足は2015年末にペルシア湾で、USSセオドア・ローズベルトが現地を去った後、USSハリー・S・トルーマンが到着するまで『空母ギャップ』が発生している。太平洋で同じ事態が2016年に発生するし、2021年にかけて両方の地点で交互に発生する見込みだ。これは同年にUSSジェラルド・R.・フォードが運用可能になるまでの事態である」と戦略予算評価センター(CSBA)報告書はまとめている。.
  6. 空母12隻体制の米海軍が西太平洋に二隻目の空母を配備すると同地域には1.4隻相当のプレゼンスを維持し、4か月間は2隻が運用可能となる。これは米西海岸までの往復移動が必要なくなるためだ。
  7. 前方配備の追加艦は米艦隊兵力適正規模即応案(OFRP)の対象外となり、現在前方配備中のUSSロナルド・レーガン(CVN-76)に加わる。
  8. 報告書の著者ブライアン・クラークによればレーガンが使用中の横須賀基地の施設は空母二番艦へも対応可能で現在配備中の空母航空隊は両艦で運用できるという。「迅速に実施に移すなら配備先として日本が最適だ」とクラークは述べる。
  9. マケイン議員とクラークはともに二番目の空母配備案の検討を求めているが、海軍は動いていない。
  10. 「二番艦を日本へ配備する話題はまったく存在していない」と海軍関係者がDefense Newsに先月述べている。
  11. 西太平洋にもう一隻空母を配備すべきかの話題とは別にマケイン議員は次世代空母ジェラルド・R・フォード級CVN-78)へ不満を再燃している。
  12. 「未成熟技術要素や同時並行開発、製造工程、信頼性テストデータの欠如が重要システムについてみられるなど問題が山積みだ」と指摘。
  13. 「とても受け入れられない事態であり、別の空母設計案の検討があってしかるべきだ。これは今年度の国防予算で現実オプションとして盛り込んである」■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目