スキップしてメイン コンテンツに移動

イスラム国の拡大を止める方法は軍事作戦以外にない

結局オバマ政権はISISあらためダーシュを野放しにしたまま有効な対策を講じることはできなかったと後世の歴史家は総括するのではないでしょうか。有効な対策は各国が協調して兵力を効果的に投入し四方八方から攻撃を同時に加え組織壊滅を図ること、というのが退役軍人の見方のようです。果たしてうまくいくでしょうか。

「breaking defense」の画像検索結果  How To Stop Islamic State’s Escalation Dominance

By JAMES KITFIELDon December 23, 2015 at 6:00 AM

バラク・オバマ大統領から米国はイラク・シリア・イスラム国を「これまでにまして」攻撃すると宣言があり、弱体化・撃破を目指す作戦は「どんどん加速化する」としているが、大統領は政府に時間が足りないことを露呈してしまった。米政府関係者は対ISIL戦略およびこの一年半の軍事作戦は手詰まり状態と認める。ISILはシリア、イラクの大部分を支配下においており、動きは逐一把握されているとはいえ、米主導の有志連合は過激集団の支配地を奪回できていない。
  1. ISIL(以下ダーシュとする)はシリア国外の「エスカレーション地区」を再奪取しており、エジプト、レバノン、フランス、米国の各国内で甚大な被害を生んだテロ攻撃を実施しながら、その影響力・支配力は増大し続けている。シリア内戦で第二次大戦後最大規模の難民が発生したことが西側諸国の国内政治地図を右寄りに変え、トルコがロシア軍用機を撃墜しNATO諸国とロシアの間も険悪だ。
  2. 事態急変を受け国内専門家の中からオバマ政権に戦略見直しを迫り、これまでより強力なダーシュ対策を迫る動きが出ている。対策には飛行禁止地帯と安全地帯をシリア国内で設置することから、米地上部隊の投入でダーシュが支配する人工稠密地点の奪取まで幅がひろい。それぞれのオプションでリスクがついてまわる。だが現状でも主要国がシリア問題に右往左往させられている。
Ryan Crocker (1)ライアン・クロッカー
  1. 「中東はこの100年で最悪の状況で、武力衝突がここまで発生した事例は現代アラブ史上前例がない」と解説するのはライアン・クロッカー、中東専門家として著名な前イラク駐在米大使だ。クロッカーの在任時にイラクでは回避した米軍増派が実施され内戦による崩壊が回避されている。現在の危機状況の根源はスンニ、シーア両派の長年にわたる憎しみにあり、ダーシュおよびアルカイダは域内対立を利用して原理主義スンニ派の指導体制復活を狙っている。シリア内戦につけこむダーシュは長年の望みをほぼ実現している。
  2. 終末論さながらのイスラム対「不信心者」の戦いへ主要国を巻き込むべく、ダーシュはテロ攻撃を加え、西側国内に潜む信奉者に攻撃実施を呼びかけている。
  3. 「ISISのような集団に勝つ唯一の方法は支配地区を取り上げることですが、実施に必要な地上軍がありませんし、米国の空軍力でも実施不可能です」とクロッカーは見る。空爆を強化し、飛行禁止地帯と安全地域をシリア北部南部でそれぞれ創設すべきとする。これはスンニ派のアラブ諸国には西側主要国がスンニ派を支援し、ダーシュの影響力を減じ、アサド大統領と支援するロシアを弱体化させる動きと写る。「別の方法はこれまで16ヶ月と同じ方法を継続することですが、この場合は結果は今と変わりません」とクロッカーは言う。
  4. 前CIA長官および中央軍司令官のデイビッド・ペトレイアスも同意見だ。「シリアは地政学上のチェルノブイリで、不安定性と過激主義を域内どころか世界に撒き散らしている」とペトレイアスは9月の議会公聴会で述べている。「核事故と同様にシリアがメルトダウンした場合の影響は今後数十年間残り、長期化すればそれだけ損害は拡大する」
David Petreausデイヴィッド・ペトレイアス
  1. クロッカーもペトレイアスも米地上軍の中東再投入に反対だ。イラクとアフガニスタンでの苦い経験から大規模米地上部隊が投入されると過激派には「キリスト教十字軍」がイスラムの土地を奪いに来たと宣伝することを熟知している。米軍、米外交団は状況が不安な紛争地帯に一度入れば抜けられないのを知っている。
  2. 10年にわたるイスラム過激主義者との対決から米側の対テロ作戦関係者はISISが支配領域を維持し「不信心者」との戦いでイスラム最高権威者の言葉を使う限り、弱体化せずに世界各地で聖戦に参加する者を惹きつけるだろうと見る。オサマ・ビン・ラディンとアルカイダがアフガニスタンで1990年代通じ安全地に潜んでいたのと同じ状況が今日のISISで起こっているという。
  3. イスラム過激派の価値観は原理主義イスラムの教義に通じる。ダーシュ主導者アブ・バカ・アル-バグダディは自らを最高指導者と2014年7月にモスルで宣言しているが、長々とイスラム聖地の復活を話しているが、オットマン帝国以前には存在しなかったものであり、世界中のイスラム教徒にその防護は義務とされている。「これはイスラム教後の義務であり、数世紀に渡り履行できないままになっていた。その喪失はイスラム教徒にとって罪であり、再興は常に課題だ」
  4. 80ヶ国出身のおよそ3万名の戦闘員がこの呼びかけに応じて、昨年から倍近くに増えており、ISISは戦闘員勧誘を難なくできるので戦闘中の損害を簡単に埋められる。またテロ活動ではロシア旅客機撃墜やパリの大虐殺のような「ひと目を引く」出来事があるたびに続々と新規戦闘員が加わる。このためFBI長官ジェイムズ・コミーが最近になり米国は9/11以来最悪のテロの脅威に直面していると発言している。
Bruce Hoffmanブルース・ホフマン
  1. 「ISISはオサマ・ビン・ラディンとアルカイダが口だけでいっていたことを実現させ、西側が描いた国境を引き直した」というのは ブルース・ホフマン(ジョージタウン大の安全保障研究所所長で対テロ活動の専門家)だ。「半年前はこの集団は地域限定の脅威と見られていたが、今やその信奉者組織がリビア、シナイ半島、アフガニスタンに広がり、テロ攻撃を実施している。従来の漸増戦略ではISISを弱体化できず、ISISはアルカイダの拡大路線を踏襲しつつ実行で冷酷さを増している」
  2. ダーシュの勢力拡大を漸進的戦略では食い止められないとわかったオバマ大統領はアシュ・カーター国防長官を中東に派遣し有志連合に戦闘経費の分担を確認させた。ただし現政権は精密空爆攻撃と情報収集を地上兵力は現地勢力に装備を供与し訓練することを組み合わせる現状の戦略を変えるつもりはない。
  3. オバマ大統領とその後継者のリスクはダーシュが今後も拡大しつづけさらに勢力を拡大した場合にもっと強力なテロ攻撃に踏切る可能性だ。すでに一部専門家の間ではもう一回大規模テロ攻撃が米国で発生すれば地上兵力投入の再考は避けられなくなるとの見方が生まれている。
David Barnoデイヴィッド・バーノ
  1. 「対IS戦で米地上軍投入が必要になるとは思いませんが、もう一回大規模テロ襲撃事件が発生すれば前提が変わるでしょうし、米軍も地上部隊投入の命令を受ければ真剣に考えざるを得なくなるでしょう」と言うのは退役中将デイヴ・バーノ(前アフガニスタン駐留米合同軍司令官)だ。ダーシュは「原始国家」の域にまで成長しているとし、徴税や強奪で財源を確保し、イスラム法の原理主義的解釈による刑法で断頭や手足切断、性奴隷を躊躇せず、その他の聖戦主義党派の忠誠を通じ支配地域と影響力を伸ばしている。すでに敵にテロ攻撃で恐怖を与える最上のブランドと各方面に認識されている。
  2. 「イスラム国は封じ込められておらず、地理的に影響力を拡大てリビア、アフガニスタン、シナイ半島で極めて危険な存在になっている」とバーノは見る。「この原始国家が長く存在すればその分多くの勢力を引き付ける。対抗する唯一の手段は占拠地の奪回だけだ」
Anthony Zinniアンソニー・ジンニ大将
  1. ダーシュからの領土奪回では米戦闘部隊による実施を除外している米国は愚の骨頂というのはアンソニー・ジンニ前中央軍司令官だ。その例として1991年の湾岸戦争を引用し米国が大規模有志連合軍を率いスンニ派アラブ勢力を加えて、奪回成功後の統治支配は早々にアラブ側に任せていた。
  2. 「オバマ大統領とオランド大統領から現在はISISとの戦争状態との認識が宣言されているが、敵を打倒しなくてはならないのに地上軍投入の選択肢は最初から除外するのは領土を占拠し敵を打破する唯一の手段を断念することと同じだ。これでは西側諸国は弱々しく写り、現状に不満な若者がISISに走る傾向が強まるだけだ」とジンニは取材で答えた。砂漠の嵐作戦で実現した圧倒的に強力な部隊、広範な合同部隊編成があれば死傷者も増えず迅速にダーシュの防衛線を突破できるという。「もう一回ISISにより大規模被害が発生したらISIS作戦の中心は米軍地上部隊になるにちがいない」
  3. ジンニが想定する軍事行動は米軍の二個から四個旅団を核ととするNATO軍によりシリア国内のダーシュ拠点をトルコ国境の北方から攻撃し、アラブ連合軍には米航空部隊の支援をつけるが指揮はペルシア湾岸各国にとらせ、南方のヨルダンから攻撃する。イラクのクルド勢力部隊ペシュメルガとイラク治安部隊にも米航空戦力の支援をつけ同時に東方から攻撃を加える。「このような組織的な作戦であればISISは長くても数ヶ月で消滅するだろう」とジンニは見る。
  4. 課題は関係国すべてを共通目標に向けて巻き込むことでイランとアサド政権にはISIS戦には加わらないよう説得する必要がある。シーア派として拒絶しかねないためだ。もっと難易度が高いのはISISが消滅したあとのシリアの将来をどう外交的に調停するかだ。このシナリオで唯一の救いはISISに友邦が事実上一国も存在しないことだ。
  5. 「そもそも第一次大戦終結時に国境線を間違って引いたのをどう修正するのか米国の創意工夫が試されるし、戦略的な思考も求められる。これができる人材はワシントンにはいないな」とジンニは述べた。「ブッシュ政権時の軽はずみさ愚かさがオバマ政権で虚弱さと無能さに入れ替わっただけだ」■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

中国も北朝鮮関連では叩けば埃がどんどん出そうですね。北京が見切りをつければ平壌の現政権など簡単に転覆させるでしょうが、中国国内にある北朝鮮とのしがらみ(おそらく共産党内部の派閥争い)と東北部の軍の非合法ビジネスの問題があり、米国といったん話がついても実施が難しいのでしょう。そのうちにしびれを切らした米国が単独行動に出るかもしれません。
Record China Is North Korea Using China's Satellites to Guide Its Missiles? 北朝鮮は中国衛星を使ってミサイル誘導をしているのか
Peter J. Brown May 23, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/north-korea-using-chinas-satellites-guide-its-missiles-20810?page=show

北朝鮮がミサイル発射を繰り返し米本土を狙うICBM開発に走る中、ひとつ見落とされている点がある。ミサイルに衛星誘導を使っているのではないか。北朝鮮に衛星航法ネットワークはないため、中国衛星を利用しているとの観測がある。 2014年報道で北朝鮮技術者が中国国内で北斗Beidou衛星航法システムの運用を研修中とある。同年の別の記事で中国軍専門官から中国は北朝鮮による北斗の軍事利用を止められないと発言している。 北斗以外に北朝鮮の選択肢として米露両国のGPSがあり、ロシアはグロナスGlonasと呼んでいる。 「グロナスの可能性もありますが、ミサイル誘導に北斗を利用している可能性の方が高い」と小泉 悠(未来工学研究所特別研究員、ロシア安全保障問題)がメールで述べており、ロシアは北の核実験後に武器および軍事関連技術の北朝鮮向け禁輸措置を取っているがグロナスが対象かは不明と小泉は述べる。 北斗衛星群打ち上げは1994年に始まり、現在は東アジア以遠まで展開している。北斗は民生商業用途と軍用の両面で利用され、軍用では妨害を受けず正確にデータが利用できる。 北朝鮮が北斗の軍用機能を利用しているか不明だが、民生用機能で精密誘導兵器を運用しているとは考えにくい。というのは北斗の民生機能は日米韓の電子妨害に弱く有事の際に北朝鮮が利用するのは困難になるためだ。 「特別のチップならびに中国の協力がな…

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

日本にもブラック事業がある(あった)のでしょうか。映像公開したのは機密解除になったのか、事業がもっと先に進んでいるからでしょうか。各務原での目撃がないことから別の場所で秘密裏に開発されたのでしょうか。川崎重工関係者は口がさけても語れないと思いますが、事実なら日本もUAV-UCAVを開発していることがわかりますね。判断は読者の皆さんにおまかせします。
This is the combat drone Japan has been building in secretこれが秘密裏に開発していた日本の戦闘無人機だ 川崎重工ブースのビデオでUCAV試作機の飛行状況を写していた (Photo by Harold Hutchison) By Harold HutchisonOct. 06, 05:10 AM http://www.wearethemighty.com/news/this-is-the-combat-drone-japan-has-been-building-in-secret
無人戦闘航空機、つまりUCAVはこれからの軍事航空のカギを握ると言われる。米国、ロシア、フランスが開発中と判明している。 だが本誌We Are The Mighty (以下WATM)はこのたび日本も秘密裏にUCAV開発を進めていたことを知った。 ワシントンで先ごろ開催された空軍関係のイベントでWATMは川崎重工業のブースでビデオ画像を見た。それは同社によるUCAV研究開発の様子で、画像内のUCAVはボーイングX-45やノースロップ・グラマンX-47に似ているようだった。 会場で詳しく聞こうとしたが、同社係員が日本政府の意向だとしてやんわりと断ってきた。翌日も別の係員はこの件は存じていないと答えてきた。 結局三番目に会った川崎重工の小林タクミ氏が「試験機で10年近く前のもの」とし、「防衛省予算による実験事業だった」と説明してくれた。同氏はさらにメールで「2008年ごろのプロジェクト」と述べている。 WATMが当時空軍の筆頭参謀次長として情報監視偵察分野を担当し現在は航空宇宙研究にあたるミッチェル研究所の所長をしているデイブ・デプチュラ退役空軍中将に日本がUCAV開発をしていた事実を知っているか聞いたところ、即座に「知らない」との答えが返ってきた。 このことから日本のUCAVは秘密のベールに隠されていたことがわか…

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目

Amid SR-72 Rumors, Skunk Works Ramps Up HypersonicsSR-72の噂と関連か、スカンクワークスの極超音速技術が加速中
Sep 27, 2017Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/technology/amid-sr-72-rumors-skunk-works-ramps-hypersonics
SR-72: Lockheed Martin FORT WORTH, Texas—ロッキード・マーティンが極超音速技術開発を加速化しており、初の実証機を目撃したとの報告もあり、スカンクワークスが進めるSR-72高速機開発との連関が注目される。 「詳細は言えませんが、スカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールで超高速飛行実現の動きを倍増しています」とロッキード・マーティンで航空力学執行副社長オーランド・カバルホOrlando CarvalhoがSAE 国際航空技術学会で語っている。「端的に申し上げれば米国は極超音速革命まであと一歩まで来ています」 Darpaと米空軍研究実験部門が共同で進める推進滑空兵器および極超音速空気取り入れ式兵器コンセプト研究に言及して、カバルホは「この十年で研究は大幅に進み、極超音速技術で状況が一変する意味があることが明らかになってきました。今後も研究テストを進め、極超音速飛行の実現にDarpaとのプロジェクト二件を活用します。国家安全保障ではスピードが肝心です」 SR-72への言及はなかったが、同社が極超音速機として退役済みの高速SR-71ブラックバードの後継機を提案中であることは広く知られており、カバルホの前向きな発言はロブ・ワイスRob Weiss(ロッキード・マーティンの高性能開発事業体執行副社長兼総支配人)の発言に重なる。6月にワイスはAviation Weekに選択的に有人操縦となるSR-72の前身となる飛行研究用機体(FRV)が予定通り進行中と暗に述べていた。 スカンクワークスはFRV開発を来年から始めるといわれ、初飛行予定は2020年だ。FRVはF-22ほどの機体サイズで推進力はフルスケールのコンバインドサイクルエンジン一基だ。しかし実証機に先立ち、ロッキードは各種技術の地上・飛行テスト…