2016年9月30日金曜日

★★退役して8年たつF-117はネヴァダ上空を飛行して何をしているのか




Watch two F-117 stealth jets fly over Nevada together….8 years after “retirement”

Sep 23 2016 - 1 Comment



F-117数機が飛行可能状態でトノパ射爆場(ネヴァダ州)で残っていることは秘密でもなんでもないが、二機のブラックジェットが引退後8年経っても編隊飛行しているのはやはり奇異だが興味深い。写真を御覧いただきたい。

ここ数年に渡りF-117ナイトホークがトノパ射爆場(TTR)から東のネヴァダ上空を飛行しているのが報告されている。

今回はAviationistへ寄稿している「Sammamishman」氏が2016年7月末に撮影した写真、ビデオをご覧いただく。

f-117-1

2014年に映像や写真がオンラインで出るや米空軍はブラックジェットが「タイプ1000」保存機としてTTRにあることを認めた。この符号は機体が戦闘に必要になるまで状態を維持することを示す。


f117-2

ネヴァダの砂漠地帯は機体保存に最適で乾燥性気候は機体腐食を進行させない。
機体は四年単位で保存状態におかれ、保存状態によるが必要なら30日から120日で現役復帰できるよう整備されている。すごい。

ということは米国はF-117が将来の戦争シナリオで活用できると見て、保存機材を時折飛行させ、パイロットに習熟させているのだ。では何に備えているのか。

f117-3
f117-5

1970年代に企画された亜音速でC、X、Kuの各帯域での探知から逃れることに特化したもののF-22やF-35よりステルス性に欠けるF-117は「おそらく」一部の低中程度の脅威環境なら投入できるのだろう。だが今後の敵の進歩に追随できない。

空軍が一部現役機材かつ交替が難しい機種(A-10サンダーボルトなど)を退役させようとしているのは最新防空装備に対抗できないためで浮いた費用で高性能機種(F-35など)を調達しようとしている。
f117-7

そうなるとなぜ空軍は象徴的だが古典とも言えるこの機材を飛行可能状態に維持しているのか。

すでにお伝えしているよに同機がまだ別の用途に使えると見ている人物がいるのだろう。おそらく新技術のテスト用ではないか。レーダーとか赤外線探知追尾装置とか、SAM地対空ミサイルの支援か、第六世代戦闘機、あるいは次世代AEW空中早期警戒機材としてかUAV無人機関連だろう。

f117-8

また同機を無人機に転用して戦闘用の高速ステルスUCAVにする構想を発表したこともあった。

写真撮影した「Sammamishman」氏は以下伝えてきた。

「お送りした写真を見ているうちに気づいたことがあります。F-117が二機滑走路に並んでいますが、一機の上部に通信アンテナに見える物体がついています。もう一機には付いていません」

f117-9

「TTR基地を観察していると日の出直後に今回撮影した二機のF-117の格納庫周りに車両が集結しているのがわかりました。二機はその後離陸準備をし写真の様に離陸しています。二機は低空で数回にわたり射爆場上空を通過してから基地に戻っています。(ビデオ映像を参照されたい) 滞空時間は45分から1時間ほどでした。二機の飛行を見ると退役後の通常飛行には見えません。格納庫に集まった車両は午前早い時間に帰っていき、翌日には隣の格納庫で支援に集まっていました。機種は確認できませんでしたが、別のF-117と思われます。ナイトホークの写真を見ると一機が改修を受けているようですがよくわかりません」と「Sammamishman」氏はメールで伝えてきた。

たしかに二機のF-117のうち一機はわずかに外観が違うようだが100パーセント断言できないのは撮影が遠距離からで高温と距離のため画像に歪みがでているためだ。

読者の判断に委ねる。なおビデオは下を参照してください。





0 件のコメント: