韓国が北朝鮮首脳部抹殺の作戦構想を立てていると判明


この記事を見て正直な感想は①韓国の装備で平壌を本当に全滅させられるのか ②どこまで作戦構想が現実的なのか ③統帥権を在韓米軍が握る中で韓国の暴走が許されるのか ④平壌を攻撃すればソウルも攻撃を受け、南北で血なまぐさい戦いに火がつくのではないか ⑤ 相次ぐ北の弾道ミサイル実験、核実験に精一杯対抗して情報を開示したのでは という点です。

S. Korea unveils plan to raze Pyongyang in case of signs of nuclear attack

2016/09/11 11:31

SEOUL, Sept. 11 (Yonhap) --韓国が北朝鮮の首都平壌の撃滅作戦を準備していることがわかった核攻撃の兆しを北朝鮮が見せれば集中爆撃を加える構想とソウル軍事筋が明かした
「平壌市内各地特に北朝鮮指導層が身を潜める可能性が高い場所を徹底的に空爆するため弾道ミサイルと高性能弾薬を投入します。北が核兵器使用の兆候を見せれば迅速に実施します。言い換えれば北朝鮮首都は灰塵に帰し地図から抹消されます」(同軍事筋)
South Korea's Hyunmoo II ballistic missile (Yonhap file photo provided by the Ministry of National Defense)
韓国のHyumoo II 弾道ミサイル(Yonhap file photo provided by the Ministry of National Defense)
詳細な空爆構想は韓国国防省が「韓半島大規模懲罰報復」 (KMPR) 構想を先週国会に提出した中で明らかになった。これは北朝鮮の核実験に対応したもの。
「国防省の作戦構想KMPRの狙いは平壌の特定地区を地図上から抹消することにあります」(同筋)
作戦構想では先制攻撃を北に加え、金正恩ほか軍上層部を標的とする。これは北が核兵器を使用する意図があることを探知した場合、あるいは開戦の場合だと同筋は解説。
この作戦構想では国産地対地弾道ミサイルを使用する想定で、Hyunmoo 玄武2A、2Bおよび3を発射する。(有効射程は、それぞれ300、500、1,000キロ)
来年には各型ミサイルの発射実験が終わり、Huymooミサイルの整備は迅速に進むという。
「KMPRは究極の作戦構想で、核兵器を使わず最大効果をあげようというものです」(同筋)
別の筋によれば北朝鮮首脳部を標的とした特殊作戦部隊が韓国軍内に発足している。「この部隊は北朝鮮首脳部を狙い、報復攻撃を加える」という。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目