スキップしてメイン コンテンツに移動

★もし戦わば ④  F-35対 中国J-31、ロシアSu-35、そしてイーグル最強のF-15SAの勝利の行方は?



F-35を前面にたてた作戦ではこれまでの機材の場合と相当異なる様相になることが想像されます。しかし問題は何でもかんでも戦闘任務をこなさなければならない同機がどれをとっても中途半端な戦力になりそうなことで、今後数十年に渡り西側防衛体制で頭痛のたねとなるでしょう。

The National Interest


America's F-35 Joint Strike Fighter vs. China's J-31, F-15SA and Russia's Su-35: Who Wins?

September 20, 2016


ここ数十年で最も議論の対象になった兵器体系が米F-35共用打撃戦闘機で論議の種となっている。理由は明確だ。供用期間通じ1兆ドル超の事業経費、戦闘のあり方を根本から変える技術革新、ゆくゆく第四世代機に取って代わる期待も大きい。
F-35が戦闘に投入されたらどんな活躍をするのだろうか。たとえばF-15最新型にどこまで優勢なのか。中国の新型ステルス戦闘機に対してはどうか。また、ロシアの最新第四世代機Su-35が相手なら?
そこでデイヴ・マジュンダー(TNI防衛デスク)にそれぞれの予想を尋ねてみた。以下の記事を楽しんでもらいたい。執筆は数ヶ月前であると申し添えておく。

1) J-31対F-35
瀋陽J-31戦闘機の詳細情報が最近入手できたが、ロッキード・マーティンF-35に類似しているのは外観だけでなく空力学的性能も同等だとわかった。だが真の問題は中国がレーダーやエンジンのようなサブシステムをどこまで完成させているかだ。また中国が各種技術内容を機体と統合できているのかも疑問だ。

外観上はJ-31は双発にしたF-35クローンと言っても通用する。中国がJSF技術を盗んで同機を開発したと見ていい理由がある。ゆくゆくは米側戦闘機と互角の実力になるのか。「最終的には中国は米第五世代戦闘機と同等の性能を手に入れるでしょう。産業スパイ活動は今でも活発です」と米軍航空関係者が昨年記者に語っていた。

だが一対一では中国機はF-35と同等の性能を得る必要はない。中国の狙いは米側に打撃を与えて同機投入の代償を高くすることだ。あくまでも仮説だがF-22が中国J-11フランカーを相手にすれば撃墜30対1で優勢になる。だが戦闘投入可能なラプターはわずか120機。F-22もJ-31あるいはJ-20が相手なら優勢は3対1にまで低下する。つまり米軍は損耗率を意識せざるを得なくなる。「J-31やJ-20が出てくれば、3対1の撃墜率でも米側には高い代償になる」と米空軍高官がやはり昨年記者に語っている。

J-31の弱点がエイビオニクスであり、レーダー、赤外線探追尾装置、データリンクやデータ融合の分野である。同機は単独行動を前提とした機体であるが、各種センサーで集めた情報を融合することは極めて困難だろう。F-22でさえLink-16のデータを機内センサーに融合させるのはインクリメント3.2Aソフトウェア更新まで待っている。ここにF-35開発日程でロッキードが大きく遅れた理由があり、空軍がソフトウェア問題を一貫して懸念している理由でもある。

中国産業界がJ-31生産に成功できるかとの疑問が残る。ステルス機の製造では公差が低いのが特徴でF-22の場合は1インチの一万分の一の誤差しか許容されていない。F-35は更に厳しいといわれる。中国がここまでの誤差の精密仕上げをした実例がないこと、中国が国産ジェットエンジンで信頼性の高い製品を完成させていないことから、中国が米第五世代機の水準に追いつくまでにはまだ時間がかかるだろう。

J-31が技術面でF-35の水準に到達していないとしても中国が力を入れている分野がある。長距離ミサイルでPL-15の存在が確認されており、ヨーロッパのメテオ視野外攻撃ミサイルと類似している。ただし中国版はラムジェット推進方式で極めて長距離の有効射程と最終段階での目標捕捉能力を引き上げており、AIM-120 AMRAAMを凌ぐ水準にしている。AMRAAMのロケットエンジンは数秒間しか作動せず、目標捕捉方法は通常のミサイルと同じだし、AMRAAMはデジタル無線周波数メモリーによるジャミングの妨害を受けやすいという弱点を抱え,後継機種が必要とされている。

航空戦闘軍団(ACC)はこの問題を深刻に受け止めており、空軍上層部はここ数年内情を訴えてきた。「PL-15の射程を考えるとこちら側には対抗策が必要だ」とACC司令官カーライル大将がFlightglobalに語った。

2)F-15SA対F-35
ボーイングF-15Aの初飛行は1972年7月で、イーグルは究極の航空優勢戦闘機となった。高速で高高度を飛び、機動性が高く、APG-63パルスドップラー・レーダーを搭載した同機に対抗可能な機種がソ連になかった。他方で同機のもともとの製造メーカーのマクダネル・ダグラスは同機を多用途戦闘機に発展させF-15Eストライク・イーグルが生まれた。航空優勢用のF-15Cと攻撃を重視するF-15Eは今後数十年に渡り米空軍装備として残るが、サウジアラビアがイーグルの最新高性能仕様を発注している。この最新型はロッキード・マーティンのF-35と互角にわたりあえるのだろうか。

サウジアラビアは新造F-15SAを84機と現有ストライク・イーグルの性能改修キット70機分を発注した295億ドルの巨大商談は2011年11月に成立し、当時は米史上最大の軍事販売となった。その後ボーイングは性能向上型を開発テストし、ジェネラル・エレクトリックF110エンジン双発とし、プラット&ホイットニーF100を採用しなかった。同社は納入の準備が整い、今年4月にサウジ向けの1号機がセントルイス(ミズーリ州)工場からロールアウトしている。

F-15SAで最大の改良点はフライバイワイヤー操縦システムで、これまでのイーグルはハイブリッドのコンピュータによる機体制御を採用していた。フライバイワイヤーの採用でボーイングはこれまで使えなかった主翼下外側ハードポイント二箇所を再活用できるようになる。一番外側のハードポイント一号、9号に武装を装着すると機体安定度に問題があったのだ。

それ以外にF-15SAは高性能APG-63 V.3アクティブ電子スキャンアレイ(AESA)を搭載し、今後の顧客にはより高性能のAPG-82も提供する。米空軍のストライク・イーグルが換装中のレーダーだ。F-15SAではBAEの高性能デジタル電子戦システム(DEWS)も搭載し、デジタル無線周波数記憶ジャミング能力が備わる。

このデジタル装備は周波数帯域を連続探査し探知可能性が低い(LPI)電子信号も見つけることができる。(F-22とF-35ではLPI技術で自機の出す電子信号を隠している) さらに干渉型アンテナは現行型より正確な方位測定が可能だ。

DEWSの性能はF-22やF-35の搭載する電子支援手段装置に匹敵するものだろう。元は同じ技術なのだから。米空軍の現有ストライク・イーグルよりはるかに高性能だ。米空軍ではイーグルにパッシブ・アクティブ警告残存装置(EPAWSS)が搭載されるまでは匹敵する性能は存在しない。

F-15SAではロッキード・マーティン製のAN/AAS-42赤外線探知追尾装置もついている。レーダー、赤外線探知追尾装置、電子戦装備がそれぞれ得た情報を融合し、明確な像を示す点でF-22やF-35と匹敵する内容だ。像はF-35同様の大型カラーディスプレイに表示し、前席後席で見ることができる。搭乗員両名は共用ヘルメット装着型指示出し装置をつける。このすべてでF-15SAは極めて強力な多用途戦闘機となり、米国が製造した第四世代戦闘機で最強だろう。

だがこれでF-35と堂々と対抗できるだろうか。長期的に見ればF-35は戦闘機市場で競争相手のない存在となるはずで、西側では特にそうなる。ステルスは大きなセールスポイントで高性能ロシア製中国製地対空ミサイルの普及を見越している。さらにF-35には米国政府の後ろ盾もある。だが短期的に見れば、ボーイングはF-15をお金持ち国に売る商機がある。高性能長距離ジェット機が必要な国は多く、イーグルの高価格に抵抗のない相手だ。そうなると中東とアジアが有望で特にF-35が手に入れられない国が狙い目だ。

だが忘れてはいけなのは戦闘機導入では機体性能や軍事要求を満たすことよりも地政学が重要となることだ。ある機種を導入することで他国と戦略的同盟関係が生まれる。たくさんの国がペンタゴンの装備とつながろうとすると高級店のように高価格な機体とともに高額の整備費用を負担することにつながる。

3)Su-35対F-35

ロッキード・マーティンF-35共用打撃戦闘機はゆくゆくペンタゴンの戦術戦闘機部隊の主力の座につくはずだが、高価な第五世代戦闘機を難なく運用できる国ばかりではない。

ロシアや中国でさえ第五世代戦闘機のみで編成するつもりはないようだ。かわりに当面はスホイSu-27フランカー航空優勢戦闘機の改良型があちら側の戦術航空機材の中心となるだろう。極めて高性能なフランカ-派生型がSu-35で、エイビオニクスが大幅に改良され、エンジン、機体構造も同様だ。今後数年間で最新のフランカーEが世界各地に広がりそうだ。

フランカー各型が世界各地に拡散することに対抗して米空軍、海兵隊ならびに限定的ながら海軍はF-35各型を頼りにせざるを得ない。もともとF-35が航空優勢の確保を念頭に作られた機体ではないこともあるのだが。F-35は空対空戦でも十分な実力を持っているとは言え、攻撃機の性格が強い。もっともペンタゴンは同機は万能機だと主張しているが。

ではF-35の4機編隊がやはり4機のSu-35と対決したらどうなるか。一番考えやすいのはF-35編隊は針路を変更し、F-22ラプターやF-15Cの助けを求めるだろう。そうしながらF-35編隊は本来の標的探しに戻るはずだ。

だが歴史で明らかなように、戦争では多くの場合、最適な解決手段が選択可能なわけではない。もしF-35だけで対応することになれば、Su-35とは互角の戦いになるだろう。ただしうまく装備を活用出来ればだ。F-35のパイロットはステルス、各種センサー、さらに巧妙な戦術を駆使し、F-35の強みを活かしつつ弱点をつかれないようにするだろう。つまりステルスとセンサー能力で視界外から的編隊と交戦し、視界内での戦闘は避けるはずだ。F-35が弱点を露呈するからだ。

ラプターは最初から空対空での勝者を目指し高性能となっているが、F-35は事情が違う。ラプターはステルスと高硬度超音速巡航飛行(マッハ1.8超)が可能だ。これに対しF-35はアフターバーナーまで使ってマッハ1.6が精一杯である。またF-22には近接有視界内ドッグファイトでの機体制御が極めて優秀で旋回率、旋回半径、迎え角、高エネルギー性能を全高度帯で発揮する。

ラプター四機編隊は超音速巡航飛行を高度50千フィートで行い、空戦の主導権を自由に発揮できるが、F-35は低速低空飛行でうっかりすれば高性能敵機への対応を迫られる事態にもなりかねない。

さらにF-35ではAIM120空対空ミサイルに十分な発射エネルギーを与える高度速度が確保できない。ラプターはこれが可能で、JSFが発射するとミサイルは有効射程が短くなる。またF-35が搭載できるミサイルの本数は少ない。これは敵のデジタル無線周波数記憶型ジャマーによるAMRAAMへの妨害を考えると困った問題だ。

接近戦になるとJSFにはラプター同様の機体制御は期待できない。F-16やF/A-18にも劣る。どうしてもドッグファイトになれば、米F-35パイロットの技量と経験を使い撃墜を免れるしかない。F-35のステルス性は兵装を機内装備した場合のみ有効だ。AIM-9X視程外ミサイルは搭載できない。これが将来搭載可能となればそれだけの価値はある。F-35パイロットはどんなことをしても接近戦を避ける必要がある。

そうなると米側の統合航空部隊指揮官(JFACC)がF-35部隊に航空優勢ミッションを割り当てる可能性は極めて低い。他の機材が使える前提でだ。だがラプターが少数機しかなく、F-15Cも減耗していくことを考えるとJFACCとしてもF-35に航空優勢確保を命じざるを得ない事態が生まれるだろう。ただし、アメリカの空軍力が世界各地で直面する本当の脅威は敵航空機材ではなく敵の高性能統合防空装備となるはずだ。■



コメント

このブログの人気の投稿

★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

中国も北朝鮮関連では叩けば埃がどんどん出そうですね。北京が見切りをつければ平壌の現政権など簡単に転覆させるでしょうが、中国国内にある北朝鮮とのしがらみ(おそらく共産党内部の派閥争い)と東北部の軍の非合法ビジネスの問題があり、米国といったん話がついても実施が難しいのでしょう。そのうちにしびれを切らした米国が単独行動に出るかもしれません。

Record China Is North Korea Using China's Satellites to Guide Its Missiles? 北朝鮮は中国衛星を使ってミサイル誘導をしているのか
Peter J. Brown May 23, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/north-korea-using-chinas-satellites-guide-its-missiles-20810?page=show

北朝鮮がミサイル発射を繰り返し米本土を狙うICBM開発に走る中、ひとつ見落とされている点がある。ミサイルに衛星誘導を使っているのではないか。北朝鮮に衛星航法ネットワークはないため、中国衛星を利用しているとの観測がある。 2014年報道で北朝鮮技術者が中国国内で北斗Beidou衛星航法システムの運用を研修中とある。同年の別の記事で中国軍専門官から中国は北朝鮮による北斗の軍事利用を止められないと発言している。 北斗以外に北朝鮮の選択肢として米露両国のGPSがあり、ロシアはグロナスGlonasと呼んでいる。 「グロナスの可能性もありますが、ミサイル誘導に北斗を利用している可能性の方が高い」と小泉 悠(未来工学研究所特別研究員、ロシア安全保障問題)がメールで述べており、ロシアは北の核実験後に武器および軍事関連技術の北朝鮮向け禁輸措置を取っているがグロナスが対象かは不明と小泉は述べる。 北斗衛星群打ち上げは1994年に始まり、現在は東アジア以遠まで展開している。北斗は民生商業用途と軍用の両面で利用され、軍用では妨害を受けず正確にデータが利用できる。 北朝鮮が北斗の軍用機能を利用しているか不明だが、民生用機能で精密誘導兵器を運用しているとは考えにくい。というのは北斗の民生機能は日米韓の電子妨害に弱く有事の際に北朝鮮が利用するのは困難になるためだ。 「特別のチップならびに中国の協力がな…

★★★破損機材二機からF-15を再生したイスラエル空軍の実力に脱帽

すごい。やはり国家の存続がかかった緊張状態を毎日続けて70年になる国は違いますね。イスラエルを敵に回したくないものです。 Meet the Israel Air Force unit that frankensteined a totaled F-15F-15二機の使用可能部分をつなぎ合わせて一機再生してしまったイスラエル空軍 By: Barbara Opall-Rome, May 15, 2017 (Photo Credit: Photo by Heidi Levine) http://www.defensenews.com/articles/meet-the-israel-air-force-unit-that-frankensteined-a-totaled-f-15
TEL NOF AIR BASE, Israel – ボーイングやロッキード・マーティンなど米企業がさじをなげたことをイスラエル空軍第22補給処が普通にやりとげてしまった。 2011年の事故でボーイングが喪失扱いと断念したF-15Bアローヘッドが飛行再開している。来月で事故から6年になる。事故は離陸直後にペリカンを空気取り入れ口に吸ったことで大火災が発生した。乗員2名は緊急着陸に成功したが、機体後部は完全に焼け落ち修理不可能と判定された。 その後三年余り、機齢35年の同機の処遇で議論が続いていた。機体の前方部は無傷なのでコックピットとエイビオニクスは予備部品にすればよいという声が出た。そこに第22補給処が前方部分と20年間も「機体の墓場」に放置されたままの単座型F-15の後部と接合する提案をしてきた。 「その案が出たのでボーイングに実施可能か照会したが、答えは返ってきませんでした」と第22補給処の指揮官マキシム・オルガド中佐がDefense Newsに語っている。「再度同社に聞くと、冗談と思って真剣にしなかったと判明したのです」 第22補給処は事故機の前方部分と20年間も「機体の墓場」で放置されていた別の機体の後部を接合した。 Credit: Photo by Heidi Levine ボーイングは声明文で第22補給処との協力関係は40年続いており、イスラエル空軍F-15の即応体制維持の一助となっている「同部隊のプロ意識や能力の高さには敬意を払っており、教えられることもあり相互に恩恵が生まれている」と述べた。 第…

★★★米空軍次期戦闘機はもう戦闘機の形状となることはない---第六戦闘機の用語は駆逐

米空軍は次期戦闘機材の姿を未来から考えていますね。目的は航空優勢の確立であり、ドッグファイトは目的ではないと分析し、宇宙やサイバーも含めた多様なシステム構造の一貫として次期機材を捉えております。また、アジア太平洋での作戦をにらみ足の長い機体となると現在の戦闘機と相当形状が異なってくるとし、現状の姿の延長線上に次期機材を想定する勢力の生み出す結果と全く異なる結果を生み出そうとしています。改めて空軍の構成、運用がシステムで成り立っていることを痛感させられる内容です。 Air Force Prepares to Hash Out Future Fighter RequirementsBy: Valerie Insinna, August 28, 2016 (Photo Credit: Northrop Grumman)http://www.defensenews.com/articles/air-force-future-fighter-jet-penetrating-counter-air-next-generation-air-dominance
WASHINGTON — 一年をかけて将来の制空任務に必要な戦術や技術を検討した米空軍が次期戦闘機を実現する第一歩を踏もうとしている。2017年予定の代替策検討(AOA)に先立ち、空軍は予備作業を開始している。AOAはF-35に続く機体の要求条件、調達戦略に焦点をあてる。空軍は次期戦闘機をNGAD次世代航空優勢とかPCA侵攻制空用機材と呼んでいる。
だがアレクサス・グリンケウィッチ准将はAir Superiority 2030による戦力連携チーム(ECCT)を率い、NGADは従来の戦闘ジェット機と大きな違いが2つあると強調する。ひとつめが調達期間を比較的短くすることだ。
「2020年代末までに何らかの形が必要です」と准将はDefense News取材で発言している。「現実的な日程として2028年頃に中心的な技術分野で大幅な投資があれば侵攻制空性能で初期作戦能力が実現します
第二の相違点に関係するのがこのたびまとめられたAir Superiority 2030研究で将来の米空軍の航空優勢で決め手になるのは単一機種としての第六世代戦闘機のような機体ではなく、統合ネットワーク化された一連のシステムの集合だとする。この組み合わせの中に侵攻能…