スキップしてメイン コンテンツに移動

★歴史に残る機体⑨ Tu-95ベアはロシアのB-52,旧式化したとはいえ威力は十分



The National Interest

The Tu-95 Bear: Russia Has Its Very Own B-52 Bomber

She might be old but she packs a big punch.
An air-to-air overhead view of a Soviet Tu-95 Bear aircraft. Wikimedia Commons/U.S. Navy

September 3, 2016



ツボレフTu-95「ベア」ほど特徴的な機体は珍しい。四発の戦略爆撃機で哨戒機でもあり、一角獣のような空中給油管がついた形状はまるで前世紀から蘇った怪獣のようだが実際に第2次大戦直後に生まれて今日も運用されている。

ただし外見にだまされないように。60年に渡りTu-95が軍務についてこられたのは大ペイロードで長距離飛行できるからである。つまりTu-95はロシア版のB-52であり、洋上飛行を得意とし欧州、アジア、北米の防空体制に挑戦してきた。

冷戦時の核爆撃機として

  1. ベアは第二次大戦時の米国航空兵力に匹敵する戦略爆撃機を熱望した戦後のソ連で生まれた機体だ。ソ連立案部門は1950年に四発爆撃機で数千マイルを飛行して米国を爆弾12トンで攻撃できる機体を求めた。
  2. ただし当時のジェットエンジンは燃料消費が多すぎた。そのためアンドレイ・ツボレフ設計局はNK-12ターボプロップ4発に反転プロペラを選択した。
  3. NK-12にはプロペラ二基がつき、二番目のプロペラを逆回転させ第一プロペラが生むトルクを打ち消し、速力を確保する。反転プロペラは効率が高い反面、製作コスト維持コストが高くなるだけでなく信じられない程の高騒音を生むため、広く普及しなかった。Tu-95飛行中の騒音は潜水艦やジェットパイロットからわかるほどだといわれる。
  4. ただしTu-95ではこの選択が効果を上げた。巨大なTu-95は最速のプロペラ機であり、500マイル時巡航が可能だ。プロペラ直径は18フィートもあり、先端では音速をやや上回る速度になる。後退翼を採用したプロペラ機としても希少な存在だ。
  5. Tu-95は巨大な燃料搭載量があり、9,000マイルを機内燃料だけで飛べる。後期モデルでは特徴的な空中給油管を搭載してさらに飛行距離を伸ばした。冷戦時の警戒飛行は10時間におよんでいたが、実際はその二倍程度の飛行が可能だった。
  6. Tu-95の乗員は6名から8名と型式により異なる。パイロット2名、航法士2名のほかは機関銃やセンサーの操作員だ。原型ベアは23ミリ機関砲二基を搭載していた。だが長距離空対空ミサイルの登場でこの装備は陳腐化し後期型では尾部だけとなった。(尾部機関銃でB-52は2ないし3機をベトナム戦で撃墜している)
  7. ベアの当初想定ミッションは明白だった。冷戦が熱い戦争に発展した場合に数十機がばらばらに北極海を飛び越えて核爆弾を米国に投下するはずだった。途中でミサイルや防空網の犠牲となっても数機は突破できる想定だった。
  8. 米軍の作戦構想を真似てソ連も24時間滞空待機する核爆撃機を運用していた。
  9. 核実験にも投入された。Tu-95Vが投下したのは史上最大の核爆弾で1961年にセヴェルヌイ島で爆発した50メガトンの爆弾の王様Tsar Bombaだった。同爆弾は地表から4キロ上空で爆発し、きのこ雲を40マイル先まで送った。衝撃波で投下したベアも高度を数千メートル失ったが、パイロットは制御を取り戻し、基地に帰還している。乗員は生存可能性は50パーセントしかないと知らされていた。
洋上哨戒機として
  1. 1960年代に入るとソ連は米本土に爆撃機で核爆弾を投下する方式では戦果が望めないと賢明な判断をし、弾道ミサイルの費用にはかなわないことがわかった。そこでTu-95新型にはこれまでと異なるミッションが想定された。
  2. 同機を長距離巡航ミサイルの母機に使う構想が生まれた。Tu-95Kは大型のKh-20核巡航ミサイル(NATO名称AS-3カンガルー)を搭載した。同ミサイルの有効射程は300から600キロでMiG-19の胴体をモデルとし主翼を取り外した形状だった。
  3. もう一つのミッションが米空母打撃群の追尾飛行だった。探知船舶を広い海洋の各所に配備するのは難しい課題だった。だがもし米空母群の位置が判明すれば、陸上から爆撃機多数を飛ばし攻撃できる。ベアなら洋上を何時間も飛行して広大な海洋をカバーできるので米艦隊捜索用にうってつけの機材だった。
  4. Tu-95RT洋上偵察型はこのため専用に製造された機体で水上捜索レーダーを胴体下のポッドに搭載し、さらに捜索用のプリスター型観測窓を設けた。
  5. 有事になれば敵艦隊の位置を追跡することは有益であり、さらに米海軍には航空攻撃を受ける可能性という心理的圧迫をかけられる。米空母からはつきまとうベアを追い払おうと戦闘機を緊急発進させることがよくあった。ベアと戦闘機が一緒に収まる写真は冷戦時の象徴だった。
その他各型
  1. 試験機材のベアは多数あり、Tu-95LALは原子炉を搭載し推進動力とした。Tu-95KにMiG-19戦闘機を搭載し空中母艦としようとした。
  2. 量産型にはTu-95MR偵察機、改良型Tu-95K、KMがあり、後者はKh-22ミサイル運用能力がついた。
  3. ソ連は対潜哨戒偵察機をベアから専用機材Tu-142として製造している。この開発の背景にはポラリス潜水艦発射弾道ミサイルの恐怖があった。Tu-142はベルクート(ゴールデンイーグル)水上探索追跡レーダーで識別できる。尾部ブームにMAD磁気異常探知装置をつける。Tu-142は機体を若干延長してセンサー類を搭載している。
  4. 冷戦期に搭載システムを数回アップグレードしており、米潜水艦技術の進展に追随した。現在はTu-142MZがあり、RGB-16、RGB-26ソノブイを搭載しエンジン出力を強化している。数回に渡りTu-142は米潜水艦追跡に成功している。 二機のみ製造されたTu-142MRはロシア潜水艦との通信専用機材だ。
  5. ロシア海軍航空部隊が今日でもTu-142を15機運用している。そのうち一機がシリアで最近目撃されている。シリア反乱勢力の位置情報をつかもうとしたのか米艦隊を追尾したのだろう。
  6. 1988年からインド海軍はTu-142MK-Eを8機運用中で、近くP-8Iポセイドン12機に更改される。
  7. ベアはロシア初のAWACSたるTu-126となった他、Tu-114旅客機型はフルシチョフを無着陸11時間でモスクワからニューヨークへ運んだ。ただし今日では両機種とも飛行していない。
  8. Tu-95として今日も稼働中なのはTu-95MSが50機あり、Tu-142を元に開発し、Kh-55ミサイル(AS-15)を運用する。この機体は最近になり巡航ミサイル16発を搭載する改装を受け、新型航法目標捕捉システムを取り付けた。Kh-55は核、非核弾頭の双方あり射程も3千キロから300キロまで別れる。
  9. Tu-95MSMが発射するはKh-101および核Kh-102ステルスミサイルは低空飛行で低レーダー断面積を誇る。射程は5,500キロにまで及ぶ。
  10. これだけの威力を誇るものの、ベアも老朽化には勝てない。2015年夏には二年間で二機に喪失事故が発生したため全機飛行停止措置となった。
現在の状況
  1. 21世紀に入ってもベアは相変わらず太平洋大西洋上空を飛んでいる。主要任務は他国の偵察だ。
  2. Tu-95がイングランド沿岸沖、カリフォーニア沖50マイル地点、アラスカの防空識別圏内、日本の領空内を飛行する事案が発生している。接近飛行で相手国の迎撃戦闘機の出動を誘発させているが、他国領空の侵犯は通常は行っていない。
  3. 冷戦時にはこうした哨戒飛行は通常の事だったが、プーチンが2007年に再開させた。真意はロシアが今でも核搭載爆撃機を各国に飛ばす能力があると誇示するものだ。
  4. 米RC-135スパイ機の飛行で中国、ロシアの戦闘機も迎撃することがあるが、RC-135は非武装機だ。
  5. ベアはステルス性は皆無であり、最新鋭の防空体制では残存は期待できないが、巡航ミサイル発射により敵防空網に接近せず初回攻撃を実施できる。
  6. 2015年11月に就役後59年が経過してTu-95は爆撃機として初めて戦闘に投入された。ロシア国防省公表のビデオによれば巡航ミサイルを発射し、シリア反乱勢力の拠点を破壊している。ロシアが初めて巡航ミサイルを空中、海上双方で投入したことは自国軍事力を世界に世界に誇示する意味があったと解釈された。
  7. 今日のロシア軍には各種爆撃機がありペイロードも選択の幅が広く、Tu-95より高速飛行可能な機材もある。ただし、ベアは大型巡航ミサイルの運用に最適であり、太平洋大西洋で監視の目を提供しているのだ。■

Sébastien Roblin holds a Master’s Degree in Conflict Resolution from Georgetown University and served as a university instructor for the Peace Corps in China. He has also worked in education, editing, and refugee resettlement in France and the United States. He currently writes on security and military history for War Is Boring.
Image: An air-to-air overhead view of a Soviet Tu-95 Bear aircraft. Wikimedia Commons/U.S. Navy


コメント

このブログの人気の投稿

★★★F-35とF-105の意外な類似性、戦闘爆撃機でドッグファイトは不得手

THE BUZZ America's F-105 Thunderchief Fighter-Bomber: The F-35 of the Vietnam War?
David Axe July 3, 2016 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/americas-f-105-thunderchief-fighter-the-f-35-the-vietnam-war-16839
War Is BoringによればF-35はF-16との模擬空戦で旋回速度が遅すぎて勝てなかったとテストパイロットが語っている。
これからの米空軍で最多の戦闘機材になるF-35が数で優勢なロシアや中国の機体と戦って残存できるのだろうか。 答えは歴史の中にある。50年前にも米空軍は同じ予測をしている。攻撃の主力F-105サンダーチーフは重量級ハイテク地上攻撃機で敵戦闘機も同時に撃退できるはず、とF-35と同様だった。 だが事実はF-105も旋回速度が遅くロシア製MiG-21に太刀打ちできず、空軍はF-105の損失を防ぐ特別な戦法を編み出した。同様の措置はF-35でも必要だろう。 F-35とF-105は驚くほど似ている。「F-105とJSFは大型、単座機、単発の戦闘攻撃機で、その時点で最強力なエンジンを搭載、空虚重量は27千ポンド級で翼幅もほぼ同じ35フィートだ」とオーストラリア航空宇宙専門家カーロ・コップが2004年に指摘していた。 http://www.ausairpower.net/Analysis-JSF-Thud-2004.html © 2005, 2007 Carlo Kopp

「両機種とも機内兵装庫があり機外パイロンで燃料と兵装を運べる」とコップは指摘し、「ともに戦闘半径400カイリクラスを目指し推力重量比、高機動操縦性能で制空戦闘機や迎撃機より劣っていた」 http://www.ausairpower.net/Analysis-JSF-Thud-2004.html

★★★米空軍次期戦闘機はもう戦闘機の形状となることはない---第六戦闘機の用語は駆逐

米空軍は次期戦闘機材の姿を未来から考えていますね。目的は航空優勢の確立であり、ドッグファイトは目的ではないと分析し、宇宙やサイバーも含めた多様なシステム構造の一貫として次期機材を捉えております。また、アジア太平洋での作戦をにらみ足の長い機体となると現在の戦闘機と相当形状が異なってくるとし、現状の姿の延長線上に次期機材を想定する勢力の生み出す結果と全く異なる結果を生み出そうとしています。改めて空軍の構成、運用がシステムで成り立っていることを痛感させられる内容です。 Air Force Prepares to Hash Out Future Fighter RequirementsBy: Valerie Insinna, August 28, 2016 (Photo Credit: Northrop Grumman)http://www.defensenews.com/articles/air-force-future-fighter-jet-penetrating-counter-air-next-generation-air-dominance
WASHINGTON — 一年をかけて将来の制空任務に必要な戦術や技術を検討した米空軍が次期戦闘機を実現する第一歩を踏もうとしている。2017年予定の代替策検討(AOA)に先立ち、空軍は予備作業を開始している。AOAはF-35に続く機体の要求条件、調達戦略に焦点をあてる。空軍は次期戦闘機をNGAD次世代航空優勢とかPCA侵攻制空用機材と呼んでいる。
だがアレクサス・グリンケウィッチ准将はAir Superiority 2030による戦力連携チーム(ECCT)を率い、NGADは従来の戦闘ジェット機と大きな違いが2つあると強調する。ひとつめが調達期間を比較的短くすることだ。
「2020年代末までに何らかの形が必要です」と准将はDefense News取材で発言している。「現実的な日程として2028年頃に中心的な技術分野で大幅な投資があれば侵攻制空性能で初期作戦能力が実現します
第二の相違点に関係するのがこのたびまとめられたAir Superiority 2030研究で将来の米空軍の航空優勢で決め手になるのは単一機種としての第六世代戦闘機のような機体ではなく、統合ネットワーク化された一連のシステムの集合だとする。この組み合わせの中に侵攻能…

★★★F-3事業に参画意欲を見せるボーイング、ロッキード・マーティン

Boeing, Lockheed Martin emerge as early rivals for Japan's fighter contest
Jon Grevatt, Bangkok - IHS Jane's Defence Weekly 19 July 2016 http://www.janes.com/article/62368/boeing-lockheed-martin-emerge-as-early-rivals-for-japan-s-fighter-contest Japan's Mitsubishi F-2 multirole fighter aircraft. Source: Japanese Air Self-Defense Force
航空自衛隊JASDFがめざすF-2多用途戦闘機の後継機種をめぐり、ボーイングとロッキード・マーティンがともに参画の意向を表明した。 IHS Jane’sが両社へ7月19日照会したところ、ともに日本での実績をもとに同事業参入を目指していることがわかった。事業規模は200億ドルといわれる。 防衛省は情報提供要求RfIを発出済みで、2018年4月までに「次期戦闘機」の決断を下すとみられる。 F-2は2000年代に三菱重工業MHIとロッキード・マーティンの共同事業で製造され、2027年ごろまでに全機退役する。 ボーイング広報によれば同社はF-2後継機の要求内容を検討中だという。「日本で当社の存在意義を大きくする方策は常に考えており、日本での安全保障ニーズに応えたい」 ロッキード・マーティン広報は「日本から各社に情報の要求が出ているが、当社もこれまでの日本との関係をさらに強化する今回の機会を活用したい」とし、「F-35事業とF-2でMHIと実績が成果を生んでいることは誇り」とする。 RfIは6月に出ており、各国の戦闘航空機メーカー宛に送付されている。RfIは7月はじめに締め切られており、米二社に加えユーロファイターSaabもプレゼンを8月末に行う見込みだ。 RfIは既存機種での検討の一助にするほか、各社の事業参加への意欲をさぐることのがねらいだ。MoDはF-2後継機を純国産あるいは共同開発ですすめるかの決断を下すが、後者の場合は既存機種を原型にするとみられる。■