2016年9月12日月曜日

★★回想の9/11 体当たり攻撃をしてでも旅客機を食い止める覚悟だった米空軍搭乗員



9/11では当時から空軍戦闘機が迎撃に向かったとの話は流布していました。今回は当時のパイロットからの回想が紹介されていますが、セレブの話題など中心のメディアでこんな記事が出るところがアメリカの懐の深さでしょうね。

Inside a Hero Fighter Pilot's Decision to Give His Life in Kamikaze Mission on 9/11: 'We Were Going to Do the Unthinkable'


BY NICOLE WEISENSEE EGAN

UPDATED 09/11/2016 AT 09:00 AM EDT ORIGINALLY PUBLISHED 09/09/2016 AT 04:50 PM EDT


米空軍中佐マーク・サセヴィルが世界貿易センターに飛行機が衝突したとの一報を聞いた2001年9月11日、中佐も他の数百万名同様に単なる事故だと思っていた。


.だが二機目がタワーに衝突したと聞き、中佐は第121戦闘機飛行隊の隊員とアンドリュース空軍基地(メリーランド)で直ちに行動に移った。


三機目がペンタゴンに突っ込むと93便がワシントンDCへ向かっているとの一報が入った。


「93便の行き先は誰も知らなかった」と中佐は本誌に語ってくれた。「そのためわれわれはとりあえず滞空待機を命じられた」


「旅客機が本来の目的地以外の場所へ突っ込んでいることはわかった」「ホワイトハウス、議会議事堂などに激突すれば大惨事になる。ペンタゴンは軍事目標として受け入れられても、その他は想定外だ」


中佐と同僚パイロット、ヘザー・「ラッキー」・ペニーがそれぞれ自機F-16に向かった。


「たったひとつの問題は機体が武装していなかったことだ。通常は武器を搭載して飛ぶことはない」と現在は少将に昇進しペンタゴンに勤務するサセヴィルは語る。


両機の唯一の武器は機体そのもので、サセヴィルとペニーは神風ミッションに出撃したのだった。


「機に向かう途中、ラッキーと短く言葉をかわし、これからする仕事のこと、必要となったら普段は考えもしないことをどう実施するかを話した」


旅客機撃墜の訓練を受けておらず、両名は自分で案を立てる必要があった。


Inside a Hero Fighter Pilot's Decision to Give His Life in Kamikaze Mission on 9/11: 'We Were Going to Do the Unthinkable'| September 11th, Real People Stories

当時のサセヴィル少佐  COURTESY: MARC SASSEVILLE


「旅客機をどうしたら迅速に撃墜できるかを考えだす必要があった」「二機一緒に飛び、こちらが旅客機の一部に激突し、彼女が残りの部分に当たるつもりだった」


「コックピットを狙うからな」と中佐。「では尾部を狙います」と彼女が答えた。「『狙う』といったのは激突する意味だった。なんといっても両機は武装していなかった」


空に上がるとまず93便を探し始めた。ペンタゴン上空を飛ぶと炎上がる建物から人命を救おうとする懸命の様子が目に入った。「信じられないほど混乱した光景だった」という。


「煙はコックピットまで入ってきた。いまだから話すが吐き気を感じた。匂いんの問題ではなく、国土が攻撃されたことで動転したのだ」 「ここまでの攻撃をやってのけたことに驚いた」


中佐はラッキーとDCあたりを旋回飛行しつつ、再度93便をどう撃墜するかに集中した。


「操縦席周りと尾部に体当りしても同機はすぐ墜落しなかっただろう」「そのため狙うなら主翼で飛行能力を奪うことだと考え、機体の主力近くに狙いを定めることとした。激突したら可能なら射出脱出し、すべてそこまでうまく行けばの話だった」


「主翼を狙わないかぎり機体の飛行性能をダメにできない。主翼が狙いだった。問題は同機がどこを飛んでいるのかわからないことだった」


心のなかでは自分が命を失う可能性と何百名もの罪のない乗客が93便におり、自分が任務に成功すればこの人達が死ぬことを秤にかけていた。


「士官学校での哲学講座どおりで一人の命を犠牲にすれば数百名を救える、また壊滅的な国家聞きを回避できると考えていた」


Inside a Hero Fighter Pilot's Decision to Give His Life in Kamikaze Mission on 9/11: 'We Were Going to Do the Unthinkable'| September 11th, Real People Stories

マーク・サセヴィル少将 NATIONAL GUARD BUREAU


同じ「道義上の計算」を93便の乗客を対象にあてはめれば中佐が任務に成功すれば機体は地上に激突し全員が命を奪われるのだった。


「機内が満席でないよう祈っていたが、どちらにせよ墜落すれば地上でも余分な犠牲者が増えるだろう」「ペンタゴン以外の国家の象徴が標的になるのは考えたくないことだった。実現すれば21世紀の行方が全く変わってしまう」


中佐は後に知るのだが93便の乗客も全く同じ結論を出し、自分たちの力で同機をシャンクスヴィル(ペンシルバニア)に墜落させたのだった。


「信じられない話だ。乗客たちこそ真の英雄だ。自分たちで状況を理解し、正しく把握した上で何をすべきか決断したのだ。話を聞いて涙が出て仕方がなかった。今でも同じです」「まさしく同じ計算を心の中で行い、倫理上の重荷を自ら背負ったのだから」


「そのことと関連して当時も今も変わらない事実はこの国が攻撃を受けたことだ。怒りが湧く。しかも攻撃はまだ終わていない」「事実にどう向き合うべきか。まず戦いは長い長いものとなっており今も続いている」


サセヴィルはペンタゴン勤務の今でも9/11の記憶は消せないという。「駐車場で毎日攻撃箇所が目に入りますから、どうしても記憶が鮮明に蘇ります。犠牲になった人たち、悲しみにくれる家族、建物内で無事だった人たちも多数います」「テロ攻撃でPTSDに苦しむ人も多い。ニューヨーク・シティでも同じでしょう」


現在のわれわれは15年前より「遥かに準備が整っており」同じ状況は再発しない。


「警戒に当たる機体は24時間7日間連続で待機し、武装もしていますので、本日同じことが起こっても対応は全く違う」


15周年記念日が今年は日曜日で、ササヴィル少将の予定は単純だという。「祈りを捧げてから犠牲者のために乾杯します」



0 件のコメント: